日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

"宮崎空港(宮崎ブーゲンビリア空港)がラブホと言われてもし仕方ない"と話題に・・

Posted morimori / 2019.04.30 Tuesday / 08:50


昨年も話題になっておりましたが、同様に昨日、以下のリツイートが話題になっておりました。

宮崎空港がラブホ空港って言われてるけど、これはラブホって言われても仕方がないでしょ pic.twitter.com/ijnKH6LwzS


tweet(Yahoo!japanリアルタイム検索画面より)

そこに添付された写真は、宮崎ブーゲンビリア空港の展望デッキ「エアプレインパーク」で空港ビルの「宮崎ブーゲンビリア空港」のロゴ(LEDサイン)を撮影したものでした。

以下は以前、当方が撮影したそのサインの写真です。

宮崎ブーゲンビリア空港

LEDサインの 色、書体、そして遠目に見た時のブーゲンビリアの*花(正確にはほうが「ハートマーク」に見えることなどから「ラブホ」を連想したのでしょうかね(^^;)

宮崎ブーゲンビリア空港

宮崎ブーゲンビリア空港

未だ宮崎空港が、"宮崎ブーゲンビリア空港"という呼称にになっている事を知らない人も多いし、こういったツイートで拡散、知っていただければよいのでは?と・・

一歩進んで、何故にブーゲンビリアなのか?など、命名の由縁に興味を抱いてくれれば、逆に喜ばしいことかも知れませんが・・多くは単にビジュアルに反応している一過性のリツートでしょうから期待薄かも知れません(^^)。

 宮崎空港の愛称が決定しました!(宮崎空港振興協議会)

上記より一部引用
ブーゲンビリアは、宮崎交通の創始者で、宮崎空港ビル株式会社の初代社長でもあり、宮崎観光の父と言われた、故 岩切章太郎氏が普及に努めた花で、宮崎空港のシンボル的存在となっています。
また、ブーゲンビリアは熱帯に生息する花で、宮崎の温暖な気候、人々の温和な心、温かいおもてなしの精神を表しているものといえるのではないかとの考えから、この愛称が選定されました。

関連リンク(外部)
 宮崎の味と花101より ブーゲンビリア
 日本銀行宮崎支店 いっちゃがナビより 宮崎空港のブーゲンビリア物語

以下の白い部分がブーゲンビリアの「花」です。

ブーゲンビリアの花(白い部分)

*ブーゲンビリアで一見、花に見えるのは実は花では無く、ほうで、実際の花は紫色(色は種々ある)の苞に隠れた中央にある白い5mm程度のもので、ほとんど目立ちません。
 
続きを読む>>

県道小林えびの高原牧園線(県道1号)硫黄山付近の新ルート6月にも着手

Posted morimori / 2019.04.24 Wednesday / 07:30


【 2019年8月5日 追記 】
宮崎県が新たな道路(約500叩棒鞍を進めている県道小林えびの高原牧園線(県道1号)の工事予定地内に、地中の火山ガス濃度が立ち入り禁止規制値を上回る箇所があることが県の調査で分かった。
整備区間の一部で掘削を計画していた県は掘削をしないで済む工法の
検討を開始。新ルートの着工や完成時期は未定という。
(情報元:8/5 宮崎日日新聞)



霧島連山・硫黄山の噴火活動の影響で、一部が通行止めとなっている県道小林えびの高原牧園線(県道1号)について、宮崎県は今年2月、通行再開に向け、県道付近の噴気孔周辺を避ける道路を新たに作るため検討に入っている旨、発表しておりました。

詳細は以前書いた関連ブログ記事をご覧ください。
 宮崎県はえびの高原硫黄山付近を通る、県道1号に迂回新ルート検討中(2019.02.20)

その後、2019年04月18日 えびの高原(硫黄山)周辺の噴火警戒レベルは1〈活火山であることに留意〉に引き下げられました。
関連ページ
 えびの高原 硫黄山周辺の噴火警戒レベル1へ引き下げ

えびの高原 新ルート 6月にも現地測量など整備事業に着手

4月23日、宮崎県は6月にも現地測量など整備事業に着手する旨、4/24付、宮崎日日新聞一面トップに掲載されておりました。

ガス発生地帯を通る南側のルート

以前当方は、3つのルートを予想してみましたが、今回発表された道路は、一番南側のルートでした。

下の図は、以前作成したものに、今回発表された新たに整備する県道1号部分を追記したものです。

県道小林えびの高原 県道1号 新ルート

二つのカーブの頂点を約500m直線で結び、県道沿いの噴気孔から半径100mに設定された立ち入り規制区域の外側を通るルートです。

ただし、以下の地図(えびの市 硫黄山周辺の規制図(PDF)より一部抜粋)を見ていただければわかりますが、火山ガスに伴う立ち入り規制に一部入るところです。

硫黄山周辺の規制図(抜粋)に追記

素人の私が考えるに、これから先の硫黄山周辺の噴火活動、今回噴出した噴気孔の位置、火山ガス滞留などを考えると、将来的に一番安心なのは、不動池横の駐車場付近から一帯をショートカットする一番北側のルートが安心なのでは? と思っていただけに、意外な発表でした。

えびの高原 県道1号新ルート予定場所

NHK宮崎のニュースでは
"宮崎県では、県内有数の観光地のえびの高原と小林市の生駒高原などを結ぶ県道1号線の通行止めは観光への影響が大きいとして、複数のう回ルートを検討した結果、整備する長さが短い今回のルートに決めたということです。"と報道されておりました。

県道小林えびの高原 県道1号 新ルート
県道小林えびの高原 県道1号 新ルート(拡大あり)

 
  
続きを読む>>

萩の茶屋(小林市野尻町)のツツジと八重桜そしてフジの回廊

Posted morimori / 2019.04.20 Saturday / 18:55


萩の茶屋のツツジも見頃となっております。

萩の茶屋は1000本の八重桜と3万本のツツジが咲きます。

ツツジの中を縫うように遊歩道がありますので、歩くことをオススメします。
東側の小高い山(丘?)に登ると、以下のように上から見下ろすことも出来ます。

萩の茶屋のクルメツツジ

視界が良ければ、桜島、霧島連山 高千穂峰なども見えます。
頂上付近にツリーのブランコが一つありました。

萩の茶屋のクルメツツジと八重桜
 
続きを読む>>

PAGE TOP