日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

宮崎県内 年末年始(正月) 道の駅・温泉・観光関連施設などの営業情報

Posted morimori / 2019.12.28 Saturday / 10:08


12/28付、宮崎日日新聞の各地域面に、年末年始の県内レジャー情報が掲載されておりました。

人の移動する時期に付き、お土産、食事等、需要がありそうな「道の駅」は、この時期、無休だろうと思っておりましたが、休みをとるところ、時間を短縮して営業するところもあるようですので、行かれる方は営業時間などをチェックの上、お出かけください。

おいしい新鮮な魚をリーズナブルに食べられる 港の駅「めいつ」(日南市南郷)は30日〜6日まで一週間お休みのようです。
ここは港に面したレンストランで新鮮な魚を食べたり、魚を購入出来るところなのですが、この時期は、漁が休みな為、準じて休みとなっているのでしょうね。
鵜戸神宮の初詣の際、少し足を延ばして・・と、目論んでた方もいらっしゃたのではないでしょうか・・。
鵜戸神宮では、15万人の参拝者が見込まれているそうです。

元旦、初日の出関連では、ETOランド連日の峰(延岡市)、馬ケ背茶屋(日向市)、サンメッセ日南(日南市)などが元旦に日の出に合わせ営業開始するようです。
鏡山(延岡市)では、先着順で鹿鍋の振る舞いもあるようです。

天気予報を見ると、(12/28朝の予報では)元旦は晴れです。

高千穂町 国見ヶ丘 ご来光
高千穂町 国見ヶ丘 ご来光


以下は宮崎日日新聞より引用 (市町村は追記)

県北部

  • 道の駅「北川はゆま」(延岡市)◆ 物産館は31日が午前8時半〜午後3時、1日は午前11時〜午後4時、2日は午前9時〜午後5時。3日から通常営業。レストランは1日の朝食バイキングが休み。31日は午前11時〜午後3時。1日は午前11時〜年後4時、2日は午前11時〜午後5時。3日から通常営業。
  • 道の駅「北浦」(延岡市)◆ 販売部門は31日、1日休み。2日は午前11時〜午後3時、3日は午前9時〜午
    後5時。4日から通常営業。レストランは30日が午前11時〜午後4時、4日から通常
  • 通の駅「北方よっちみろ屋」(延岡市)◆ 31日は午前8時〜午後3時、1〜3日は午前10時〜午後3時。1日は先着100人に紅白餅をプレゼント。4日から通常営業。
  • ETOランド連日の峰(延岡市)◆ 29、30日は休み、31日は通常営業。1日は午前6時半〜9時。午前7時15分ごろから初日の出観望会、同8時からお年玉抽選会。2日から通常営業。
  • 須美江家族旅行村(延岡市)◆ キャビンは通常営業。ビーチの森すみえは31日、1日休み。2日は午後2時からじゃんけん大会、同3時から餅まき大会がある。3日は午前11時、午後2時から缶釣り大会。須美江ファミリー水族館は31日休みで、1日は午前10時〜午後3時。ドッグランは31日、1日休
    み。
  • 祝子川温泉美人の湯(延岡市)◆ 31日〜3日休み。4日から通常営業。
  • ヘルストピア延岡(延岡市)◆ 31日は午前10時〜午後4時、1日は正午〜午後9時の入館受け付け。レストランは31日、1日休み。
  • きたうらら海市場(延岡市)◆ 直売所は30日まで通常営業 31日は午前9時〜午後6時。1日休み。2、3日は午前10時〜午後5時半。レストランは29日まで通常営業。30日は午前10時半〜午後1時。31日〜3日休み。
  • 日向サンバーク温泉「お丹出の湯」(日向市)◆ 30日は午前10時〜午後8時。31日休み。1日は午前6時〜午後5時。
  • 道の駅「日向」(日向市)◆ 31日、1日休み。
  • まちの駅「とみたか」物産館(日向市)◆ 31日、1日休み。30日は午前8時半〜午後5時半。
  • 馬ケ背茶屋(日向市)◆ 31日休み。1日は午前6時〜年後3時。
  • 海の駅「ほそしま」(日向市)◆ 31日〜3日休み。
  • 道の駅「とうごう」(日向市)◆ 31日〜2日休み。3日は午前9時〜午後4時。
  • かどがわ温泉「心の杜」(門川町)◆ 31日は午前10時〜午後5時。1日休み。
  • 石峠レイクランド(美郷町)◆ 31日は午後7時まで。
  • 南郷温泉「山霧」(美郷町)◆ 31日は午後5時まで。1日休み。
  • 高千穂峡貸しボート(高千穂町)◆ 通常営業(午前8時半〜午後5時)。
  • 道の駅「高千穂」(高千穂町)◆ 31日は午前8時〜午後4時。1日は正午〜午後5時。2、3日は午前8時〜午後5時。
  • 高千穂がまだせ市場・鬼八の蔵(高千穂町)◆ 31日は午前9時〜午後1時。1日は正午から午後2時。2、3、4日は午前10時〜午後2時。
  • 道の駅「青雲橋」(日之影町)◆ 31日は午前8時〜午後3時。1日は午前10時〜午後5時。
  • 日之影温泉駅(日之影町)◆ 31日休み。1日は午前6時〜午後6時。
  • 五ヶ瀬ハイランドスキー場(五ヶ瀬町)◆ 通常営業(午前8時〜午後4時半)。
  • 五ヶ瀬ウイナリー(五ヶ瀬町)◆ ワイン館は30日午前9時〜正午。31日、1日は休み。2日は午前9時〜正午。3日は通常営業(午前9時〜午後5時)。レストランは30日〜1日休み。2日は午前11時〜午後2時。3日は通常営業(午前11時〜午後3時)。


催し
  • 鏡山初日の出を見る会(延岡市)◆ 1日午前6〜9時、延岡市北川町の鏡山山頂。先着順で鹿鍋の振る舞いがある。「北川やっちみろ会」主催。参加無料。



児湯・西都

  • 西都ヤングボウル(西都市)◆ 30日まで通常常葉。1〜5日は午前10時〜午後10時。6日から通常営業。
  • 西米良温泉ゆた〜と(西米良村)◆ 31日は食堂を休み、入浴は午後6時まで。1日は休館。2日は午前7時から入浴でき、食堂は通常営業。
  • おがわ作小屋村(西米良村)◆ 28日はレストランのみ営業。29日〜2日休み。3日から通常営業。
  • 高鍋温泉めいりんの湯(高鍋町)◆ 30日まで通常営業。31日は午前10時〜午後5時、1日は正午〜午後7時。2日から通常営業(6日は休館)。午前10時〜午後9時。
  • 都農ワイナリー(都農町)◆ 30日は午後4時まで。31日、1日は休み。2日は午前10時〜午後4時。
  • 道の駅「つの」(都農町)◆ 無休。31日は午後5時まで(フードコートのラストオーダーは午後3時半)。
  • 新富町温泉健康センターサン・ルピナス(新富町)◆ 通常営業(午前10時〜午後10時)は30日まで。31日は午後6時、1〜3日は同8時まで。
  • 木城温泉館・湯らら(木城町)◆ 31日は午前10時〜午後5時、1〜3日は午前11時〜午後8時。
  • 木城えほんの郷(木城町)◆ 2日まで休館。
続きを読む>>

「ふっこう割」東日本の14都県で順次はじまる

Posted morimori / 2019.12.27 Friday / 23:55


「ふっこう割」東日本の14都県で順次スタート

台風19号などの被害を受けた地域の観光を支援しようと、国の補助金を活用して宿泊料金を割り引く「ふっこう割」が対象となる東日本の14都県で順次、はじまっているようです。

「ふっこう割」は、台風15号や19号の被害で観光客が落ち込んだ地域を支援しようと国が旅行代金や宿泊費の一部を補助するもので、1泊当たり最大5000円割り引かれます。

ふっこう割対象都道府県

岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県

各県の「ふっこう割」状況

岩手県

1月中旬に旅行会社などから、商品の申請を受け付ける見通し。
宿泊対象期間:1月中旬・下旬以降、3月中旬までの予定。
割引額:1万円以上が5千円、5千円から1万円未満で3千円、3千円から5千円未満で1千円を予定。

宮城県

12月27日からふっこう割商品が販売。
宿泊対象期間:1月5日から3月13日まで。日本人は1室2人以上が対象。
割引額:1万円以上が5千円、6千円から1万円未満で3千円、2千円から6千円未満で1千円、2千円未満は対象外となる。
【 追記 】
宮城県ふっこう割サイト
http://fukkouwari-miyagi.jp/

宮城県ふっこう割商品販売会社・宿泊事業者及び販売開始予定日
JTB(WEB販売)12月27日販売開始
るるぶトラベル 12月27日販売開始

福島県

早ければ年内から商品が販売される見通し。
宿泊対象期間:2月29日まで。
割引額:1人1泊につき6千円以上(旅行商品に組み込まれた宿泊代金の金額)で、一律で5000円を割り引く。
【 追記 】
福島県ふっこう割サイト
https://www.tif.ne.jp/fukkowari/

茨城県

ふっこう割対象商品が12月23日、Yahooトラベルから売り出された。
るるぶトラベルとdトラベル(docomo)で12月26日から販売開始の見通し。
対象期間:3月14日に泊まる分までを予定。
このほか、旅行会社の店頭販売や宿泊施設への直接予約についても、順次販売開始を予定している。旅行・宿泊代金が1万円以上で5千円、6千円以上1万円未満で3千円を割り引く。6千円未満は対象外。
【 追記 】
茨木県ふっこう割サイト
https://ibaraki-fukkou.jp/

栃木県

宿泊期間:1月10日から3月7日まで。
予約開始日:12月下旬を想定。
旅行・宿泊代金が1万円以上で5千円、6千円以上1万円未満で3千円を割り引く。6千円未満は対象外。
販売元は、ヤフートラベル、るるぶトラベル、dトラベル(docomo)など。国外はトリップドットコムグループとする。このほか、国内旅行会社は後日発表する。
【 追記 】
とちぎふっこう割サイト
https://www.tochigiji.or.jp/fukkou/

群馬県

宿泊対象期間:1月6日から3月15日までを想定。
12月26日から、商品が売り出されるよう最終の調整に入っている。
旅行・宿泊代金が1万円以上で5千円、6千円以上1万円未満で3千円を割り引き、6千円未満は対象外と、割引額は決定した。
【 追記 】
群馬県ふっこう割サイト
https://www.fukkouwari-gunma.jp/

埼玉県

1月上旬の商品販売開始を想定
宿泊対象期間:1月上旬から2月末までの見通し。
旅行・宿泊代金が1万円以上で5千円、6千円以上1万円未満で3千円を割り引き、6千円未満は対象外など、他県と同等の割引額にする考え。正式な発表は来年1月6日を予定している。

千葉県

宿泊対象期間は1月8日から2月29日。
年内から商品が各旅行会社やOTAから販売される見通し。
千葉県では、被害状況などで県内を2つの地域に分け、それぞれで割引対象額を設定。被害が大きかった地域(県全域のうち約78%のエリア)では5000円、それ以外は2000円とした。
5千円以上の宿泊旅行商品が対象(5000円未満は対象外)となり、商品の料金設定によっては、実質ゼロ円での購入もあり得え、お得な商品展開が行われる見通しだ。
【 追記 】
千葉県ふっこう割りサイト
https://www.knt-metro.co.jp/chiba-fukkouwari/

東京都

宿泊対象期間:12月24日から2月29日まで。
24日から各社で販売が始まった。計18社から順時売り出される。
1人1泊あたり(6000千円以上の宿泊及び宿泊を伴う旅行)で、5000円割り引く。
国内向けの対象地域は多摩地域と、島しょ地域となる。 訪日客は東京都内が対象となる。
【 追記 】
東京都への宿泊旅行で利用できる「東京都ふっこう割」のご案内(東京観光財団
https://www.tcvb.or.jp/jp/news/2019/1223_3472/

神奈川県

宿泊対象期間:12月下旬から20年2月末日
年内に商品発売の見通し。同県は、年末年始も宿泊対象期間としている。
被害が大きかった箱根町なども対象エリアとなっている。25日に詳細を発表。
旅行・宿泊代金が1万円以上で5千円、6千円以上1万円未満で3千円を割り引き、6千円未満は対象外。
【 追記 】
神奈川県ふっこう割サイト
https://www.fukkouwari-kanagawa.com/

新潟県

宿泊対象期間:1月8日から、3月14日まで
県としては商品を1月上旬から販売したいとした。
旅行・宿泊代金が1万円以上で5千円、6千円以上1万円未満で3千円を割り引き、6千円未満は対象外(調整中)。
【 追記 】
新潟県 ふっこう割 関連ページ
https://www.pref.niigata.lg.jp/site/kanko/1356903676748.html

山梨県

1月中旬に具体的な内容が発表される見通し。
旅行・宿泊代金が1万円以上で5千円、6千円以上1万円未満で3千円を割り引き、6千円未満は対象外(調整中)。
【 追記 】
山梨県 ふっこう割 関連ページ
https://www.pref.yamanashi.jp/kankou-k/fukkouwari2019.html

長野県

旅行・宿泊代金が1万円以上で5千円、6千円以上1万円未満で3千円を割り引くふっこう割商品が17日から順次発売を始めた。
23日時点で、エイチ・アイ・エス(HIS)と日本旅行と近畿日本ツーリスト、クラブツーリズム、JTB、じゃらん、読売旅行と、楽天トラベル、yahoo!トラベル、るるぶトラベルで売り出されている。店頭販売は日本旅行のみ。
宿泊対象期間は各旅行会社の販売開始日から、来年3月中旬まで。財源が無くなり次第、終了となる。12月28日から20年1月4日の年末年始は対象外。
【 追記 】
長野県ふっこう割ページ
https://www.fukkouwari-nagano.com/

静岡県

宿泊対象期間:2月から3月を想定
県下の伊豆の国市と、函南町で適用し、同時に販売を開始する見通し。
旅行・宿泊代金が1万円以上で5千円、6千円以上1万円未満で3千円を割り引き、6千円未満は対象外(調整中)。

以上、各県のふっこう割の状況は、情報元(旅行新聞社 記事)を引用の上、各自治体関連のふっこう割公式サイトのリンクを追記したものです。
 
続きを読む>>

国文祭・芸文祭みやざき2020 広報サポーター(ボランティア)募集中

Posted morimori / 2019.12.25 Wednesday / 06:52


来年(令和2年10月17日から12月6日までの51日間)宮崎県で、第35回国民文化祭・みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化祭国文祭・芸文祭みやざき2020(国文祭・芸文祭みやざき2020)が開催されます。

宮崎県では、気運醸成や周知のため、プレイベントの実施や様々な広報の展開を行っており、広報サポーター(ボランティア)を募集していたので当方も登録しました。

フォーカスプログラムには以下の4つがありますが、私が見ての感想などをレポートするのはおそらく、ほぼ「記紀・神話・神楽」になると思います。

「記紀・神話・神楽」
「国際音楽祭」
「若山牧水」
「宮崎の食文化」


チラシ


募集期間:令和元年11月25日(月曜日)から令和2年12月6日(日曜日)まで
応募資格:年齢制限はありません。
子どもからお年寄りまで、また、障がいのある方もない方も外国の方も応募可能です。
団体の応募も可能です。

活動内容:

イベントの様子や大会情報等の広報(SNSでシェア・拡散など)
広報グッズを活用した広報
イベント期間に合わせて家の前の道路をきれいにする、観光客に笑顔であいさつするなど、各自でできる活動

活動条件:
報酬はありません。
交通費の支給はありません。
登録いただいた方には、広報に役立つグッズをお配りします。


詳細参照元(公式サイト)

先日、国文祭・芸文祭みやざき2020宮崎県実行委異会事務局より、広報グッズを送付頂いたのでその感想を少し。
 
続きを読む>>

PAGE TOP