日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

映画「復活の日」無料視聴|4月20日まで動画配信サイトGYAO!(ギャオ!)で見られます。

Posted morimori / 2020.04.13 Monday / 07:49


復活の日


「復活の日」は、小松左京の同名SF小説を原作に、深作欣二監督が映画化、1980年に公開されたSFスペクタクル。

アメリカ大陸縦断ロケや南極ロケを敢行、総製作費は25億円とも32億円ともいわれた。

復活の日
1982年の秋 人類は死滅した 南極大陸に863人の人間を残して


最近の新型コロナウイルス報道を見ていて、先日、昔、見たこの映画「復活の日」を思い出した。
原作が書かれたのは1964年(奇しくも東京オリンピックの年)、同作を原作に、(旧)角川春樹事務所とTBSの製作により、1980年6月に東宝系で公開されたSF映画。英題は“Virus”(ウイルス)

封切りの時、映画館で見ました。
その後、テレビでも放送され、当時、永久保存版にと、録画したビデオテープがまだ残してあったはす。(Bataだったかも?)
ジャニス・イアンの主題歌「ユー・アー・ラブ」も良いです。

おすすめします!

GYAOで期間限定公開

4月20日(月) 23:59まで、動画配信サイト「GYAO!(ギャオ!)」で見る事が出来ますので、是非ご覧頂きたいです。

復活の日(GYAO!)
再生時間:2時間36分16秒
配信期間:2020年4月7日(火)〜4月20日(月)23:59迄

公開当時は、SFでしかなかったが、今、あらためて見ると、医療崩壊や、イタリアでの感染爆発など、今の世界の状況と重なる部分もあり、身につまされる思いです。医療現場での土屋教授(緒形拳)の言葉も印象的。

(英)潜水艦からリモートで日本本土を偵察するシーン、40年前の映画に付、英語では「ドローン」ですが、日本語字幕は「偵察ヘリ」。今ならそのまま「ドローン」で通じるでしょうね。

感染者の出た(露)潜水艦が、クルーズ船と被る・・

一点疑問に思った事:この映画全体に言えることですが、マスクをしてないのは何故だろう?、呼吸器系から感染するものでは無いウイルスだったのかな?

いろいろツッコミどころもありますが、40年前の映画、CG無しで良く出来た映画だと思います。

(C)1980角川映画・東京放送
出演:草刈正雄 渡瀬恒彦 夏木勲 千葉真一 森田健作 永島敏行 ジョージ・ケネディ ステファニー・フォークナー オリヴィア・ハッセー
監督:深作欣二

あらすじ

1982年、東ドイツの研究所から猛毒ウィルスMM-88が盗まれた。ところが盗み出したスパイの乗った飛行機はアルプス山中で事故に遭い、ウィルスが蔓延した地球は、南極にわずかな人類を残して滅亡する。その生存者の一人、地震研究者吉住は、さらに大きな危険が近づいていることに気づく。

以下でも放送あります。
映画専門チャンネル「ムービープラス」
5月06日(水)6:00〜(164分)
5月11日(月)16:00〜(164分)
(ローカルな話題ですが・・「ムービープラス」は宮崎ケーブルテレビの標準契約でも見られます。)

是非、地上波TBS系列で放送して欲しいものです。


以下は Wikipadiaの「復活の日」より一部引用(あらすじは、ネタバレになるので映画をご覧になた後、読むと良いかも知れません。) 
 
続きを読む>>

NHKBSプレミアムで宮崎県関連番組が9月にかけ多く放送

Posted morimori / 2019.08.25 Sunday / 13:39


宮崎


NHK BSプレミアムで、9月にかけて宮崎に関連した番組が多く放送されるので番組情報です。
(NHK宮崎サイトより転載 + リンク・付記を追記)

いくつか見た記憶のある番組があるので、一部は宮崎県内では再放送かも知れません。


宮崎熱時間「雄大絶景!ユネスコエコパーク『祖母・傾・大崩』」

8月27日(火) 午前10:40〜11:10

2017年6月、宮崎県と大分県の6市町にまたがる「祖母・傾・大崩」地域が、ユネスコエコパークに登録された。九州最後の秘境と呼ばれる大崩山や、奇岩と清流で知られる見立渓谷など、貴重な自然が数多く残るこの地域。そこには、野生動物や希少植物の保護に長年取り組み、「自然と人間の共生」を図ってきた地元の人々の営みがある。世界に誇る雄大な自然を、ドローンなどを駆使した迫力ある映像でお伝えする。

中井精也のてつたび!「宮崎鹿児島 JR日南線」

8月27日(火) 午後4:30〜4:59

鹿児島県側の志布志湾と宮崎県側の日向灘に沿って走るJR日南線。沿線には、九州の代表的な観光スポット日南海岸が広がる魅力的な路線だ。ここを鉄道写真家・中井精也が、視聴者からの公募写真からヒントを得て、3つのテーマを決めて旅をする。「鬼の洗濯板」といわれる青島の奇岩や、伊勢えびの出荷でにぎわう漁港、黒毛和牛を育てる大地などを、地元の人たちの笑顔、列車とともに撮影する。

宮崎熱時間「みやざきのイチバンを探せ」

8月28日(水) 午前10:45〜11:10

宮崎県のイチバンを徹底的に探し出す特別企画!
  • 宮崎でイチバン甘いマンゴー。その驚きの糖度は何パーセントか!?
  • 宮崎で初めてサーフィンをしたのは誰だ?驚愕のVTRを発見!
  • 「サーフィン」と「加山雄三」
  • 宮崎の最高齢!意外な特技にビックリ仰天
  • 111歳!長寿の秘訣とは?
  • さまざまな分野のイチバンを総力取材!あなたの知らない宮崎の新たな魅力に迫る!


釣りびと万歳「"エサとり"をかわして イサキを攻略!〜照英 宮崎・日南へ」

8月28日(水) 午後4:15〜4:44

宮崎県日南市で俳優・照英さんが磯釣りに挑戦!40cmクラスのイサキをねらう。釣り好きで知られる照英さんも、本格的な磯釣りはほぼ初挑戦。はたして大物を釣り上げることができるか?脂がたっぷりのった旬のイサキの絶品料理も堪能!

新日本風土記「霧島連山」

8月29日(木) 午後11:45〜0:44

宮崎と鹿児島の県境に広がる霧島連山は日本書紀などの神話ゆかりの山々が連なる火山地帯。わき水や温泉を生み、火山灰の大地で育つさつまいもは芋焼酎文化を発展させてきた。2年前、連山の一つである新燃岳が噴火、追い打ちをかけるように、口蹄(てい)疫の被害にも見舞われた地域。口蹄(てい)疫で飼い牛全てを殺処分した農家は、再開に向けて立ち上がっている。霧島連山と共に生きる人々の躍動感に満ちた力強い暮らしを描く。

 新日本風土記サイト内関連ページ 

発見!体感!にっぽん水紀行「宮崎・高千穂峡から延岡へ」

8月30日(金) 午後2:32〜3:31

羽田美智子が天孫の降臨した日向の国の水と人の不思議な縁と絆を旅する
  • 神秘!絶景!高千穂峡の水はどこから?神話物語る源流の滝と井戸へ
  • 御神水で流しそうめん
  • 深夜に田の水守る祖父へ!孫が感涙の作文
  • 奇跡の清流!透明すぎて船が宙に浮く
  • 水郷のべおか水神への祈り
  • 鳥と花とトンボの楽園!湿原となった驚きの理由とは?
  • 伝統竹竿で天然絶品の鮎を釣る
  • 北川の絶滅危惧種を山で守る
  • 伏流水で育てるニシキゴイにびっくり


音で語らう 〜三浦文彰×辻井伸行〜

8月30日(金) 午後3:31〜4:30

世界の名だたる音楽家から高い評価を受けるバイオリニストの三浦文彰(26)と、国際的に活躍する人気ピアニストの辻井伸行(30)。宮崎で行われた二人のデュオリサイタルの舞台裏に密着。そこには言葉を交わさずとも音でお互いを感じ取り合う、驚くべき音楽の会話があった。クラシック界、若きスターの競演。彼らが取り組んだフランク作曲のバイオリン・ソナタの演奏をノーカットでお届けする。語りは女優の井上真央。
続きを読む>>

クイーンの軌跡を描いた映画「ボヘミアンラプソディ」

Posted morimori / 2019.01.10 Thursday / 23:58


【 追記 2/25 】
フィレディー演じた、ラミ・マレックさん 米アカデミー賞 主演男優賞!!
編集賞、録音賞、音響編集賞も受賞

【 追記 1/23 】
映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、第91回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の計5部門ノミネートを果たした。/

日本国内では、1月22日までの観客動員数は727万人、国内興収100億4000万円に達した。追記おわり


遅ればせながら、Queen(クイーン)の軌跡を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」(11月封切)を、イオンモール宮崎にあるセントラルシネマで見て来ました。

先日、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で、作品賞と主演男優賞を受賞したことも手伝ってか、11月から公開されているにも関わらず、館内は大盛況。リピーターも多いようです。

確かに良い映画でした。
クイーンメンバーの細かい動きを含め、そっくり! 完全になりきってます。
フレディーのデビュー当時、若かりし頃は、ミックジャガーっぽく見えましたが、どんどん似て来ました。映画に登場するパフォーマンス・シーンの大半は、クイーンのマスターテープ、もしくはカナダ出身の歌手マーク・マーテルの再録によるものとか・・。
ブライアンメイなどは、ギターワーク踏まえ、彼そのものって感じでした!

最後の21分は、もうだめ・・
感情移入 ウルウル涙ボロボロ・・ 

この映画は、家のテレビで見るものではないです。
最後のライブエイドのシーンは、大スクリーン、大音響で見てこそのものです。


報道では、興行収入100億円、2018年の国内トップが確実な情勢とか・・。

映画 ボヘミアンラプソディ フライヤー
映画 ボヘミアンラプソディ フライヤー


『ボヘミアン・ラプソディ』

2018年11月より全国ロードショー
原題:Bohemian Rhapsody
監督:ブライアン・シンガー 
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)、ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
出演:ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、ベン・ハーディ、グウィリム・リー、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ、アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox

監督のこと・・・
映画完成直前になって、監督のブライアン・シンガーは降板、最終的にデクスター・フレッチャーが完成したが、規定により、監督としてはシンガーのみがクレジットされているとか。
 
続きを読む>>

PAGE TOP