日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介

【当サイト内検索・画像検索含む】

FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

最新20記事リスト表示

油津港 第10岸壁 75m延伸整備事業に着手 - 彼岸花が咲き始めた

Posted morimori / 2023.09.18 Monday / 21:45


先日、都井岬へ向かう際、東九州道「日南東郷インターチェンジ」で降りてナビの案内するままに車を進めていたところ、たまたま偶然「日南市文化センター」前を通りました。
日南市文化センター / 丹下健三研究室 / 竣工1962年
日南市文化センター / 丹下健三研究室 / 竣工1962年

日南市文化センター DOCOMOMO Japan「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」

貴重な建造物ですので、写真を撮影、先日このブログでも紹介したところですが、掲示されていた「重要港湾 油津港 (祝)第10岸壁75m延伸整備決定!」の看板の写真、実は当方撮影提供したものでした。

「重要港湾 油津港 (祝)第10岸壁75m延伸整備決定!」
「重要港湾 油津港 (祝)第10岸壁75m延伸整備決定!」


油津港 と大型クルーズ船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)
油津港 と大型クルーズ船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)


発表・整備決定からその後、進んでいるのか、わかりませんでしたので 先日紹介した際にはこの件には触れませんでしたが、9月15日付、宮崎日日新聞「9月定例県議会代表質問の記事」の中で、県は9月14日、本年度の国立交通省の新規補助事業に採択された日南市油津港東地区国際物流ターミナル「第10岸壁」について、75単篆する事業に着手していることを明らかにした。と報道がありました。

 原口県土整備部長は工事の狙いについて「大型化する貨物船の同時接岸を可能促する」と説明。
県港湾課によると、現在は岸壁の設計などを進めており、本年度内の着工、2030年度までの完成を目指している。
 同港以外の重要港湾では、宮崎市・宮崎港でサイドスロープや防砂堤の整備、日向市・細島港では国直轄で岸壁の新設工事を進めている。
 原口県土整備部長は「港湾を取り巻く環境の変化を的確に捉えながら、より一層の機能強化に取り組む」と述べた。

との事でした。

油津港は地域の核となる製紙工場と大型クルーズ船との共用

油津港は地域の核となる製紙工場(王子製紙日南工場)等を支える港としての役割があり、木材チップの輸入や紙製品の輸出等、物流港としての機能を確保しながら、大型クルーズ船を受け入れる必要があり、2014年度(平成26年度)より16万トン級大型クルーズ船に対応した施設整備行った。

クアンタムオブザシーズなど16万トン級大型クルーズ船の着岸にあたっては、係留索を張るための係船柱をコンテナターミナル中央付近に設置が必要であったが荷役作業の障害となる課題があったため、大型クルーズ船入港時のみ設置可能な着脱式の係船柱を考案することで解決を図っている。

大型クルーズ船が接岸する埠頭は、9号岸壁が185m、10号岸壁が240m、総延長425m
16万トン級の大型クルーズ船の全長は約350m 近くあることから、両岸壁に跨がって接岸、防舷材は大型クルーズ船入港時のみ設置可能な着脱式防舷材を使用している。

油津港 世界最大クルーズ船受入環境整備の取組:一般社団法人 九州地方計画協会 より抜粋・付記

油津港 大型クルーズ船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)
油津港 大型クルーズ船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)
続きを読む>>

観光列車「SL人吉」ラストシーズン|肥薩線を走るSL人吉人の想い出

Posted morimori / 2023.04.09 Sunday / 06:44


JR公式ページへリンク

観光列車「SL人吉」は、現在、春から秋の週末を中心に熊本〜鳥栖間を走行していますが、蒸気機関車 58654号機は1922年製、製造から100年を経過する現役最古の蒸気機関車。
老朽化、部品調達、技術者の確保が難しくなっていることを理由に、2024年(令和6年)3月23日をもって運行を終了するようです。
ラストシーズンの運行開始にあたり、昨日(8日)、熊本駅で出発式が行われたようです。

私は鉄道写真には殆んど興味はありませんが、SLは好きですね。
SL以外には、話題性のある観光列車については、たまに撮りに行ったりします。

2009年(平成21年)4月25日 球磨川沿いの肥薩線を「SL人吉」として運行開始した当時、見学&撮影にに行った思い出が・・。

観光列車 SL人吉(肥薩線)
観光列車 SL人吉(肥薩線)

それからしばらく経ち、いつだったか、宮崎から熊本へ球磨川沿いの国道219号を車で走っていた際、川の向こう岸を並走するSL人吉に偶然遭遇、助手席の妻にコンデジを渡し撮影してもらった思い出があります。(以下がその時の写真)

観光列車 SL人吉 肥薩線 球磨川沿いにて
観光列車 SL人吉 肥薩線 球磨川沿いにて
(対岸の国道を車で走行中、助手席より撮影)


SL人吉が駅に停車している間に先回り、途中に鉄橋があったので車を近くに駐車、撮影開始しました。
しばらく待機しているとやがで姿は見えど、遠くから蒸気の出る シュ、シュ、シュ・・・と、ドラフト音を響かせ近付いてくる、そして ♪ 汽笛の音! 黒い物体が来ました。 
黒煙たなびかせ、力強くよく走り去って行く、あまりの迫力、存在感に感動、自然に涙が出て来た記憶があります。
鉄道ファンの方の気持ちがわかる気がしました。

観光列車 SL人吉 「球磨川第一橋梁」(鎌瀬駅 - 瀬戸石駅間)
観光列車 SL人吉 「球磨川第一橋梁」(鎌瀬駅 - 瀬戸石駅間)
続きを読む>>

高速乗り放題「九州まんきつドライブパス」

Posted morimori / 2022.07.06 Wednesday / 21:29


今年も、NEXCO西日本が管理する九州地方の高速道路が定額料金で乗り放題となるお得なプラン「九州まんきつドライブパス」が発売されます。

「九州まんきつドライブパス」


実施期間:
2022年7月8日(金)〜2022年11月30日(水)
※8月10日(水)〜8月16日(火)はご利用いただけません。
※新型コロナウイルス感染状況等によっては、申込受付を一時停止する場合があります。

対象の自動車:
ETC利用の軽自動車等(二輪車を含む)・普通車

ウェブサイトでの事前申込制
高速道路のご利用前までにインターネットから申し込む。
※申し込みにはETCカード番号が必要です。

パスは利用開始前までに申し込む必要があります。また、期間中の申し込み回数は、ETCカード1枚につき2回までです。

乗り放題プランは、旅行の行き先や期間に合わせて次から選べます
  • 西部九州:連続最大2日間、軽4700円・普5900円
  • 北部九州:連続最大2日間、軽4500円・普5600円
  • 南部九州:連続最大2日間、軽5000円・普6300円
  • 九州全域:連続最大3日間、軽6300円・普7900円/連続最大4日間、軽7100円・普8900円


詳しくは公式サイトをご覧ください。
続きを読む>>

ワンコインパスなど宮崎交通「企画乗車券」の料金改定10月より

Posted morimori / 2021.09.26 Sunday / 07:06


小林市 野尻町 萩の茶屋の彼岸花
萩の茶屋の彼岸花(小林市野尻町)過去の撮影



2021年10月1日(金)より、宮崎交通の一般路線バスに使用出来る「企画乗車券」の料金改定があります。

料金改定により、ワンコインパスは、ワンコインではなくなったので 「ホリデーパス」へ名称変更となったようです。

  1. 1日乗り放題乗車券
    (すべての曜日 全線 乗り放題)
    〔改定後〕大人 2,000円 学生 1,800円 こども 1,000円
    〔現 行〕大人 1,800円 学生 1,500円 こども 1,000円

  2. ホリデーパス ※ワンコインパス名称変更
    (土日祝限定 エリア内 乗り放題(宮崎・都城・延岡) )
    〔改定後〕大人 700円 こども 350円
    〔現 行〕大人 500円 こども 250円

  3. VISIT MIYAZAKI BUS PASS
    すべての曜日 全線 乗り放題 訪日外国人向け
    〔改定後〕2,000円
    〔現 行〕1,500円

高鍋フリーパスは販売中止

1日乗り放題乗車券
1日乗り放題乗車券
続きを読む>>

高千穂 日之影道路が全線開通(九州中央道)

Posted morimori / 2021.08.22 Sunday / 07:19


昨日(8月21日)、高千穂 日之影道路(5.1Km)が全線開通しました。

高千穂 日之影道路の雲海橋〜日之影深角IC間(2.8Km)は2018年11月に開通しておりましたが、このほど日之影深角IC〜平底交差点の2.3Km区間が完成し、全線開通となったもの。総事業費約268億円。

延岡市と高千穂町間の所要時間は約2分短縮され、救急搬送環境の改善や災害発生時の支援ルート確保、観光振興などが期待されている。

高千穂日之影道路は「九州中央自動車道」の一部を形成、国道218号のくねくね道、急坂道の回避、災害発生時の緊急輸送や観光振興、救急医療、環境の向上など地域活性化を支援する道路です。

日之影深角ICの位置は国道218号から少しそれる感じでして、ほぼトンネル区間、さほど時間も短縮出来ないので、私は国道の沿線風景を楽しみつつ、そのまま国道218号を走ってたりしてましたが、今回、平底交差点からスムーズに入れるようになったので、利用したいと思っております。
ほとんどトンネル区間で、景観は望めませんが・・。

場所のイメージがわかないと思いますので、概略図

高千穂日之影道路 概略図
続きを読む>>

ソラシドエア「神都高千穂 タヂカラオ号」が就航

Posted morimori / 2021.07.22 Thursday / 07:10


ソラシドエアが取り組む地域振興・機体活用プロジェクト「空恋〜空で街と恋をする〜」の第31弾として、宮崎県高千穂町による「神都しんと高千穂 タヂカラオ号」(JA810Xを使用)が7月17日より、運航開始したようです。
約1年半にわたり同社の全就航路線を飛び回り、神話の里・高千穂をPRする予定です。

高千穂町町制施行100周年記念事業の一環として、同町が昨年度に計画していたようですが、新型コロナウイルス感染拡大で旅客が激減したことを受け見合わせていたようです。
今回、東京五輪の開幕に合わせて実施したもの。


ソラシドエア「神都高千穂 タヂカラオ号」が就航
神都高千穂 タヂカラオ号(ソラシドエア プレスリリースより)


「神都高千穂 タヂカラオ号」の機体には、 機体の一部に高千穂神楽の手力雄(たぢからお)の舞のラッピングが施されています。

ステッカー部は機体の一部で、デザイン的にも周りに描かれた彫り物(えりもの)や雲で神楽の面が目立たず、遠目にはインパクトに欠けますが、高千穂や神楽の好きな私としては、一枚写真におさえておきたい機体です。

面様(おもてさま)の色が違うような?
プレスリリース等の説明では「手力雄の舞」との事でしたが、高千穂神楽の番付「手力雄の舞」の手力雄は白っぽい面です。描かれたタヂカラオは、「手力雄の舞」には違い何のですが、赤い面なので、神楽の番付で言えば「戸取りの舞」だろうと思います。

同じ手力雄の舞でも「手力雄」で用いる神面は白面であるのに対して「戸取」で用いる神面は赤面。これは戸取りという神楽の性格上、渾身の力をこめられるため面(おもて)が紅潮した状態を表しています。

「鈴」を持っておりますが、鈴を持つ番付は「手力雄の舞」なので面の色と手にする物(採り物と呼ぶ)の整合性が無い。
持つなら「鬼神棒」でしょう。・・・そんな事はだれも気にしない、どうでもいい神楽好きのウンチクでした(笑)

「神都高千穂 タヂカラオ号」の機体
神都高千穂 タヂカラオ号(ソラシドエア プレスリリースより)


全国を飛ぶみたいなので、偶然めぐり合う機会が少ないでしょうね。
ちなみに「JA810X」のフライト履歴を調べると、7月17日、羽田-宮崎 往復以降は、宮崎には飛来しておりません。(追記:7月22日往復したようです。)

いずれ、青空の下撮りたいなー
 
続きを読む>>

DE10形(DE10 1209+1756)重連「ななつ星 in 九州」南宮崎駅にて

Posted morimori / 2021.07.16 Friday / 23:26


今回は、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の話題です。
コロナの影響で、しばらく休止しておりましたが、先日久々運行されました。

今回は、普段使用している専用塗装が施された DF200-7000(DF200形ディーゼル機関車)が検査により使用出来ない事により、滅多に見られないDE10形重連の「ななつ星 in 九州」が運行するとの事。

私は、鉄道写真には興味無く(^^;)普段は全く撮影しないのですが、普段とはちょい違う「ななつ星 in 九州」という事もあり出かけたのでした。

DE10形(DE10 1209+1756)「ななつ星 in 九州」南宮崎駅にて
DE10形(DE10 1209+1756)「ななつ星 in 九州」南宮崎駅にて


実は、今回はじめて「エンド不揃い」という言葉も知りました(^^)
折り返し往復するので、二台の機関車は背中併せで一方方向を向いてないのでしょうかね?(想像)

ちなみに本来はDE10 1209+1207だったようですが、DE10 1207不具合により DE10 1756となったようです。

DE10形(DE10 1209+1756)重連「ななつ星 in 九州」南宮崎駅にて
DE10形(DE10 1209+1756)重連「ななつ星 in 九州」南宮崎駅にて


〔4K〕DE10形 DE10 1209+1756 重連 ななつ星 in 九州 2021.07.15 南宮崎駅発車シーン

南宮崎駅を発車する際の動画も撮りました。
調べると、DE10のディーゼルエンジンはV12気筒 61,070 cc ターボチャージャー+インタークーラーを装着 1,350psとか。
ターボのかん高い音やメカニカルノイズに感動するのは私だけかなぁ(^^;)


続きを読む>>

千載一遇「観光特急 海幸山幸」と海幸山幸ゆかりの青島で並走

Posted morimori / 2020.12.27 Sunday / 07:54


先日、宮崎市青島の「こどものくに」近くを走っていたところ、突然横に「観光特急 海幸山幸」が現われてビックリ、こどものくに駅まで少しだけ並走を楽しみました。


海幸山幸ゆかりの「青島」で偶然遭遇とは、まさに「千載一遇」。

もう少し自車のスピードを落として車両全体を入れるべきだったと後悔・・・

予め車載カメラで撮るぞーという時は、一眼カメラをフロントに設置して撮るのですが、今回は、映像&位置(GPS)記録目的の旧型の安いドライブレコーダーの映像なので、画質悪いです。
しかも天気は曇り・・
映像的にはボツ動画ですが、滅多にない事なので記念にアップした次第。

「海幸山幸」の車体は、廃線となったTR高千穂鉄道の TR401・TR402がベースとなっている。

高千穂鉄道時は「トロッコ神楽号」として活躍した車両でした。
TR-401は黄色に塗装されて「手力男(たぢからお)」の愛称
TR-402は緑色に塗装されて「天鈿女(あまのうずめ)」の愛称がつけられ「トロッコ神楽号」として2003年3月から運転を開始したが、2005年9月の台風14号による災害(鉄橋が何本も流される大きな被害)で、高千穂鉄道全線が不通となり、2008年12月に廃線となった。
廃線後2両ともJR九州に売却、改造の上キハ125形に編入され、特急「海幸山幸」として2009年(平成21年)10月から運転されている。

山幸 キハ125-401
海幸 キハ125-402

余談ですが・・
旧TR高千穂鉄道の車両庫横の展示部屋に50cm程の大きな「手力雄」と「天鈿女」の面が展示してありました。
トロッコ神楽号のフロントについていたものなのかもしれませんね。

「手力雄」と「天鈿女」「手力雄」と「天鈿女」


高千穂と青島 縁を感じるなぁー

「海幸山幸」車体外装の飫肥杉は、若干黒くなって渋みを増した感じにも見えました。

後半に「海幸山幸」がデビューした日に撮影した写真を二枚掲載します。
続きを読む>>

(写真追加)JR九州の新観光列車「36ぷらす3」が、試運転で宮崎に

Posted morimori / 2020.10.03 Saturday / 16:34


※朝、情報アップした後、写真を追加して文を更新しました。

今月、運行開始予定のJR九州の新しい観光列車「36ぷらす3」(さんじゅうろく ぷらす さん)が、昨日 10月2日(金) 午後4時ごろ、試運転で乗客役の社員およそ100人を乗せて、宮崎駅に到着、今日は、宮崎空港駅を出発、宮崎駅、延岡駅に停車後、大分へと向かいました。

今回掲載した写真は、本日、宮崎空港駅で撮影したものです。
到着時刻(11:15予定)前から、10人位のカメラを持った方がホームにいらしてました。

ホームに入って来た「36ぷらす3」は、黒メタリック色、加えて完成ホヤホヤなので、まるで鏡のように反射しておりました。

JR九州36+3(36ぷらす3)宮崎空港駅にて
JR九州36+3(36ぷらす3)宮崎空港駅にて


「36ぷらす3」は787系を改造したJR九州の新たな観光列車で、6両編成、車内は畳や障子など和のテイストが取り入れられ、豪華な空間が広がっています。(下部にリンク掲載パンフレット参照)

曜日ごとに5つのルートが設定されていて、5日間かけて九州を1周します。このうち、宮崎県内では、毎週金曜と土曜に走ることになっています。
運行開始日は2020年10月15日(木)
定員は、およそ100人、1周目のルートは、既に満席だということです。

JR九州36+3(36ぷらす3)宮崎空港駅にて

JR九州36+3(36ぷらす3)宮崎空港駅にて
続きを読む>>

宮崎カーフェリー 新しいフェリーの船名を募集中

Posted morimori / 2020.10.01 Thursday / 23:57


【 追記 】
宮崎カーフェリーは、新しいフェリーの船名を募集しておりましたが、これに対し、全国から5240通の応募があり、選考の結果・・・
1隻目が「フェリーたかちほ
2隻目が「フェリーろっこう」に決まったようです。
フェリーたかちほ フェリーろっこう


宮崎カーフェリーは、「船舶の大型化」「客室の個室化」「省エネの達成」を基本テーマとして、新しいフェリー2隻の造船を行います。
1隻目の就航は2022年5月、2隻目は11月の就航(宮崎〜神戸航路)を予定。

造船は、内海ないかい船株式会社(広島県尾道市)

2隻の建造費は、最大で180億円程。
県が40億円、宮崎市が5億円をそれぞれ貸し付ける。
協調融資には宮崎銀行、日本政策投資銀行、宮崎太陽銀行、宮崎県信用農業協同組合連合会が参加、123.5億円を融資予定。

新船は客室の個室化を高めるとともに、トラックの積載台数を増やす。救援物資の搬入、給電・水供給の設備を搭載するなどで、大規模災害時にも活用できるようにする。

宮崎カーフェリー新しいフェリー
公式サイトより


新しいフェリー諸元
 カッコ内は現在のもの
全長・全幅:約194m x 27.6m(170m×27m)
総トン数:約14,200トン(11.931トン)
航海速力:23ノット(25ノット)
トラック積載台数:163台(130台)
乗用車積載台数:81台(85台)
旅客定員:576名(690名)

宮崎カーフェリー 船名を募集中

宮崎カーフェリー株式会社では、二隻の新造船について、多くのお客様に親しみを持っていただけるよう、船名を募集しています。

主催者要求事項
覚えやすく、親しみやすい名称
一隻目は宮崎らしさ、二隻目は神戸らしさが感じられる名称

応募期間
10月1日(木)から11月15日(日)17時15分まで

追記(4,000件を超える応募があったとのことです。)

結果発表
2020年12月頃に発表予定

応募方法
インターネットで、応募用紙の郵送、回収箱への投函
応募は一人1件まで、応募1件につき、船名は最大2点まで
(1点目は宮崎らしさ、2点目は神戸らしさが感じられる名称。どちらか1点でも構いません)

賞品
最優秀賞(2名) 往復ペア特等乗船券(乗用車付き)+副賞(旅行券5万円分相当)
優秀賞(3名) 往復ペア1等乗船券+副賞(宮崎牛2万円分相当)
特別賞(5名) 往復ペア1等乗船券
参加賞(50名) オリジナルトートバッグ

※乗船券は2年間有効(現行船、新造船のいずれにも乗船いただけます)

詳細・応募方法

 宮崎カーフェリーサイト内ページを参照してくだい。

一隻目(宮崎)「おなまえ」傾向と対策?少し検討

現行のカーフェリー名は、「こうべエキスプレス」「みやざきエキスプレス」。

過去の宮崎県(日向細島港含)発着のカーフェリー名を調べると

みやざき、さいとばる、さるびあ、えびの、高千穂丸、美々津丸、はいびすかす、ぶーげんびりあ、はまゆう、るぴなす、せんとぽーりあ、フェリーひむか、フェニックス エキスプレス、パシフィックエキスプレス などがありました。

植物・花の名前がメインですね、宮崎航路に限らず、船舶名で、ひながら名が多いのは、遠くからでもわかりやすいからか、柔らかく感じるからなのでしょうか?

一隻目は宮崎らしさをPRする名前という事で、日向神話で考えると、「うみさちやまさち」 が思い浮かびますが、既に、観光列車海幸山幸があるし、混乱を招きそうなのでダメだろうなぁー

現在の宮崎のPR・イメージとしては"ひなた"も絡めたい感じもしますが、過去に「フェリーひむか」があったし・・これは「ひなた」と別のワードを組み合わせる必要があるでしょうね。

現在使われている、船名はおそらく選外になのではないでしょうか?
たとえば「あおしま」「おおよど」などはこれに該当します。
あおしま+何か別のワードを加えれば良いのかもしれません。

現在、日本に存在する船名を調べる手段を考えてるに・・
船舶は必ず無線を使っているので、総務省電波利用ホームページにある海上移動業務用無線局名録の
海上移動業務において使用される番号順の局の識別信号の表
あたりをテキスト検索してみるのも一つの手なのかも知れない。

ただ、昔の(例えば戦艦とかの名前)は無いと思われますが・・。

2隻目(神戸)を考えるのは難しいですね。応募規定では、どちらか1点でも構わないようです。


関連情報追記
宮崎カーフェリーは、新型コロナウイルスの影響で利用客が大幅に落ち込んでいることから、今年度は、最大6億円から7億円の赤字になる見通しを明らかにしました。

宮崎カーフェリーによりますとことし4月から8月の売り上げは、17億2000万円余りで去年の同じ時期より6億4000万円余り減少しました。

新型コロナの感染拡大で4月と5月の利用客が前の年の10%以下にとどまったことなどが影響しているということです。

この結果、昨年度の1億9000万円余りの黒字から今年度は一転、最大で6億円から7億円の大幅な赤字になる見通しだということです。 (11/27 NHK宮崎ニュースより)

  
続きを読む>>

宮崎県防災救急航空隊のヘリコプター「あおぞら」JA99MZ(ベル412EP

Posted morimori / 2019.10.07 Monday / 07:35


昨日、サシバの渡りを見学していると、宮崎県防災救急航空隊のヘリコプター「あおぞら」(機体はベル412EP)が、霧島の方から現われ、金御岳の周りを一周して戻って行った。
前回来た時も見かけたので、おそらく訓練を行っているのだろう。
サシバが途絶え、暇してたので、すかざずヘリの撮影に勤しむ(笑)

宮崎県防災救急航空隊のヘリコプター「あおぞら」JA99MZ
宮崎県防災救急航空隊のヘリコプター「あおぞら」JA99MZ


宮崎県防災救急航空隊のヘリコプター「あおぞら」JA99MZ
宮崎県防災救急航空隊のヘリコプター「あおぞら」JA99MZ

 
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
PAGE TOP