日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

最新20記事リスト表示

油津港 第10岸壁 75m延伸整備事業に着手 - 彼岸花が咲き始めた

Posted morimori / 2023.09.18 Monday / 21:45


先日、都井岬へ向かう際、東九州道「日南東郷インターチェンジ」で降りてナビの案内するままに車を進めていたところ、たまたま偶然「日南市文化センター」前を通りました。
日南市文化センター / 丹下健三研究室 / 竣工1962年
日南市文化センター / 丹下健三研究室 / 竣工1962年

日南市文化センター DOCOMOMO Japan「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」

貴重な建造物ですので、写真を撮影、先日このブログでも紹介したところですが、掲示されていた「重要港湾 油津港 (祝)第10岸壁75m延伸整備決定!」の看板の写真、実は当方撮影提供したものでした。

「重要港湾 油津港 (祝)第10岸壁75m延伸整備決定!」
「重要港湾 油津港 (祝)第10岸壁75m延伸整備決定!」


油津港 と大型クルーズ船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)
油津港 と大型クルーズ船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)


発表・整備決定からその後、進んでいるのか、わかりませんでしたので 先日紹介した際にはこの件には触れませんでしたが、9月15日付、宮崎日日新聞「9月定例県議会代表質問の記事」の中で、県は9月14日、本年度の国立交通省の新規補助事業に採択された日南市油津港東地区国際物流ターミナル「第10岸壁」について、75単篆する事業に着手していることを明らかにした。と報道がありました。

 原口県土整備部長は工事の狙いについて「大型化する貨物船の同時接岸を可能促する」と説明。
県港湾課によると、現在は岸壁の設計などを進めており、本年度内の着工、2030年度までの完成を目指している。
 同港以外の重要港湾では、宮崎市・宮崎港でサイドスロープや防砂堤の整備、日向市・細島港では国直轄で岸壁の新設工事を進めている。
 原口県土整備部長は「港湾を取り巻く環境の変化を的確に捉えながら、より一層の機能強化に取り組む」と述べた。

との事でした。

油津港は地域の核となる製紙工場と大型クルーズ船との共用

油津港は地域の核となる製紙工場(王子製紙日南工場)等を支える港としての役割があり、木材チップの輸入や紙製品の輸出等、物流港としての機能を確保しながら、大型クルーズ船を受け入れる必要があり、2014年度(平成26年度)より16万トン級大型クルーズ船に対応した施設整備行った。

クアンタムオブザシーズなど16万トン級大型クルーズ船の着岸にあたっては、係留索を張るための係船柱をコンテナターミナル中央付近に設置が必要であったが荷役作業の障害となる課題があったため、大型クルーズ船入港時のみ設置可能な着脱式の係船柱を考案することで解決を図っている。

大型クルーズ船が接岸する埠頭は、9号岸壁が185m、10号岸壁が240m、総延長425m
16万トン級の大型クルーズ船の全長は約350m 近くあることから、両岸壁に跨がって接岸、防舷材は大型クルーズ船入港時のみ設置可能な着脱式防舷材を使用している。

油津港 世界最大クルーズ船受入環境整備の取組:一般社団法人 九州地方計画協会 より抜粋・付記

油津港 大型クルーズ船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)
油津港 大型クルーズ船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)
続きを読む>>

アシアナ航空 宮崎 - ソウル/仁川線の運航を 9月27日から再開

Posted morimori / 2023.09.02 Saturday / 12:34


宮崎ブーゲンビリア空港
宮崎ブーゲンビリア空港


アシアナ航空は 宮崎 - ソウル/仁川線の運航を 9月27日から再開します。

アシアナ航空は、2023年9月27日(水)から週3便(水・金・日)のスケジュールで、宮崎 - ソウル(仁川)線の定期便の運航を再開することを7月16日、発表しました。

アシアナ航空の ソウル - 宮崎 定期便運航は、2001年4月24日より週3便で運航(冬季は週4〜5便に増便)、その後、新型コロナの影響で2020年3月13日から運休しておりました。
冬季は宮崎でゴルフを楽しむ人の利用が増える為、週に5往復していました。

宮崎県によると、アシアナ航空は今年に入ってチャーター便を21往復運航、1月から3月の搭乗率が98.7%、3月から4月では89.2%といずれも高水準だったことが、定期便の再開につながったとみられるということ。
定期便運航は約3年6ヵ月ぶりの運行となります。

運航開始日 : 2023年9月27日 水曜日
機材:エアバス A321-200(C12 Y162)
所要時間:宮崎発、ソウル/仁川発ともに 1時間40分

運航スケジュール 2023年9月27日〜2023年10月28日)
路線便名運航曜日出発時間到着時間
宮崎 → ソウル/仁川OZ157水・金13:0014:40
19:1020:50
ソウル/仁川 → 宮崎OZ158水・金09:5011:30
16:2018:00


アシアナ航空にサイトよると、9/27初便限定価格チケットを販売中のようです。
ソウルまで、約1万円程度だろうと思います。

宮崎運航再開記念 9/27初便限定 片道スペシャル特価!
対象フライト 9/27 OZ157 宮崎発 片道限定 7,000円〜
※燃油サーチャージ、諸税別

アシアナ航空サイト内ページ

仁川インチョン国際空港は、大韓民国仁川広域市中区にある国際空港。韓国最大の空港であり、首都・ソウル特別市の西47 kmに位置している。
2001年3月29日に開港、大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空などが拠点としている。
続きを読む>>

福岡発旅客機「オリエンタルエアブリッジ67便」機内で煙 宮崎空港に緊急着陸

Posted morimori / 2023.07.01 Saturday / 19:12


ANAウイングス JA850A Bombardier DHC-8-402Q Dash 8
ANAウイングス JA850A Bombardier DHC-8-402Q Dash 8 (同型機)


【7/4追記】
7月1日、福岡から宮崎に向かう旅客機が機内で煙が広がったため宮崎空港に緊急着陸したオリエンタルエアブリッジ航空機(ORC)67便(モデル:ボンバルディア DHC-8-402Q Dash 8)のトラブル原因について、3日、国土交通省航空局は、右側の第2エンジンから漏れた油が、空調で使用する空気に混入し、油が気化した可能性が高いことを明らかにした。

着陸のあと、整備士が調べたところ、機体の右側のエンジンから潤滑油のオイルが漏れていたほか、エンジンと空調をつなぐダクトなどにもオイルが付着していることが確認されたとのこと。

火災の痕跡や機体の損壊などもなく、滑走路の逸脱もないことから、今回の緊急着陸は運輸安全委員会による調査対象となる「重大インシデント」に当たらないとしている。

航空局では直ちに運航の安全に影響を及ぼすような事態ではなかったとしながらも、引き続き原因を詳しく調べることにしている。

オリエンタルエアブリッジは「多大な心配とご迷惑をおかけして申し訳ありません。さらなる安全運航に努めます」とコメント。
7月1日 ORC67 便におけるイレギュラー事象について令和5年7月4日 

先日の宮崎日日新聞記事によるとこのような事が現場では起きていたようです。
午後1時29分に緊急着陸する前には「貨物室で火災があり、すでに消火済みです」とのアナウンスがあった。しかし、同社は2日、宮崎日日新聞の取材に「貨物室での火災ではなかった」と答えた。

着陸後、乗客は荷物も持たず前方と後方の出口2カ所から脱出。後方には階段がなく、約2メートルの高さからジャンプするしかなかった。消防士2人が受け止めたが、慌てて飛び降りて腕を赤く擦りむいた人もいたという。

 山田さんは「泣いている小さな子もいた。空港関係者からは、煙ではなく水蒸気だったという話も聞いたが、何が起こったのか全く分からない」と早急な原因究明を求める。


出口からから飛び降りる際、腕を赤く擦りむいた方もいらしたようで、一部で報じられた「けが人はいませんでした。」という記事には少し違和感を感じます。
 / 追記おわり


オリエンタルエアブリッジ航空機(ORC)67便 機内に煙発生、宮崎空港に緊急着陸

本日(7月1日) 福岡空港から宮崎空港に向かっていたオリエンタルエアブリッジ航空機(ORC)67便(モデル:ボンバルディア DHC-8-402Q Dash 8)において 13:10 熊本上空でコックピットに設置された機内の煙を感知するランプが点灯したため、13:13 パイロットが「緊急事態の宣言」を出し、13:29 宮崎空港に緊急着陸したようです。

宮崎空港にて(過去に撮影した同型機)
参考写真:宮崎空港にて(過去に撮影した同型機)

国土交通省によると、熊本県上空を飛行中に、パイロットから「操縦席から煙が出ている」と管制に通報があったという。
その後、全体に広がったということ。

宮崎空港に緊急着陸後は誘導路に停止し、乗客を脱出させる措置が取られた。
乗客35人と乗員4人にけがは無かったようです。
宮崎空港では消防車3台と救急車1台が出動したが、救急搬送などはなく消火活動もなかった。
この影響で宮崎空港は午後2時30分ごろまで滑走路が閉鎖された。
運航する長崎県の航空会社「オリエンタルエアブリッジ」は何らかの機材トラブルがあったとみて詳しい原因を調べています。



乗客は焦げ臭いがしたとか・・
怖かったでしょうね。
脱出の際、腕を擦り向く怪我をされた方もいらしたようですが、無事でなによりです。
原因調査と対策を行った上で運航再開して頂きたいです。
 
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP