日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

高千穂峡 貸しボート料金体系10月1日改定(4,100円 / 5,100円)

Posted morimori / 2022.06.30 Thursday / 07:42


暑中お見舞い申しあげます。
毎日暑いですね。

高千穂峡の写真で 一時 涼んでください。

高千穂峡 真名井の滝とボート(ボートより撮影)
高千穂峡 真名井の滝 御橋(ボートより撮影)


高千穂町観光協会は、高千穂峡貸しボート(定員大人3人)の料金体系を1艇当たりの価格へと見直し、曜日などに応じて二種類に変更することを29日までに決めたようで、宮崎日日新聞に掲載されておりました。
  宮崎日日新聞・プレみや(全文は読者・会員のみ)

新料金は1艇当たり4,000円(火、水、木曜日)と 5,000円(金〜月曜日と祝日、春休み、夏休み期間、GW、年末年始などの期間)。
別途、保険料として、1艇当たり100円が必要になる。

現行では1艇当たり3千円の基本料金に加え、乗船料として大人千円、小学生以下500円が必要で、観光客から「なぜ人数で料金が変わるのか」「分かりにくい」などの声が寄せられていたという。

との事。
GW(大型連休)期間なども5,000円なのかも知れませんね。

4千円/5千円かぁースッキリしたなぁ−と思ったら 同紙には別途保険料100円?
保険料の件でまたまたスッキリしない私でした(^^;)
保険料ってどんな保険なのでしょう?
保険料は任意ではなく、すべて加入しなければならないのであれば、料金に取り入れ 4,100円 5,100円と書いた方がスッキリしそうな気がします。
現金なら、端数切捨て4,000円、5,000円の方が良い気がしますが、ネット予約・キャッシュレス決済を前提にしているのでしょうね。

その保険は物損、例えばボートからスマホを落としてしまったなどにも効くのでしょうか? それとも傷害保険? そのあたりの詳細も知りたかった。

高千穂峡のボート(バリアフリー展望所より)


下記では保険料(一艇100円)込みの価格を記載しました。

現在と変更後の料金

現在の料金体系

1艇利用料金=基本料金(1艇)+乗船料金(3,000円)
基本料金1艇3,000円
乗船料金大人1名1,000円
小学生1名500円
未就学児1名500円

2022年10月1日〜(変更後の料金)

乗船日料金
金・土・日・月・祝・夏休み・年末年始期間など5,100円
火・水・木4,100円

※乗船定員:3名 (未就学児を含めた場合のみ4名まで)


変更前・変更後比較

金・土・日・月・祝・夏休み・年末年始期間など
乗船人員現在10/1〜
大人1人4,000円5,100円
大人2人5,000円
大人2人+小学生1人5,500円
大人2人+小学生1人+未就学児1人6,000円
大人1人+小学生1人4,500円
大人1人+小学生2人5,000円
大人1人+小学生2人+未就学児1人5,500円

火・水・木
乗船人員現在10/1〜
大人1人4,000円4,100円
大人2人5,000円
大人2人+小学生1人5,500円
大人2人+小学生1人+未就学児1人6,000円
大人1人+小学生1人4,500円
大人1人+小学生2人5,000円
大人1人+小学生2人+未就学児1人5,500円
続きを読む>>

景観的にも優れた ひなた宮崎県総合運動公園の津波避難施設「盛土高台」

Posted morimori / 2022.06.27 Monday / 21:18


【 追記 】気象庁は6月27日、関東甲信地方と東海地方、九州南部が梅雨明けしたとみられると発表した。

今回は「ひなた宮崎県総合運動公園」の津波避難施設「盛土高台」の写真を紹介します。

ひなた宮崎県総合運動公園 盛土高台(避難施設)
南側 盛土高台へのバリアフリースロープ登り口
(レッドカーペットのようです)


「ひなた宮崎県総合運動公園」は、年間約139万人が利用する「スポーツランドみやざき」の中心施設です。
近い将来「南海トラフ地震」など、最大クラスの地震による大津波が懸念されております。
この「盛土高台」は、運動公園内既存津波避難施設のみでは避難スペースが不足するため、公園利用者のさらなる安全を確保する目的で避難タワーなどと共に整備された施設の一つです。

ひなた宮崎県総合運動公園「盛り土高台」イメージ
ひなた宮崎県総合運動公園「盛り土高台」イメージ


盛土高台は「ひなた陸上競技場」前、中央の通路を挟んで南北に2つ、斜面を利用してどこからでも登れる構造となっています。
収容人数計約2万3000人。
避難する場合の安全性、整備の経済性などさまざまな観点から検討され事業費28億円で造られたものです。

先日その「盛土高台」の写真を撮りましたので紹介します。

ひなた宮崎県総合運動公園 盛り土高台(避難施設)
北側の盛土高台(中央進入路付近より)


ひなた塚古墳?」古墳を連想するのは私だけ?

ひなた宮崎県総合運動公園 盛土高台(避難施設)
北側の盛土高台(中央第二駐車場付近より)


下の写真は防災設備屋上からの撮影
気象条件も良く、施設が新しく、色ノリの良い超ワイドレンズで撮ったので発色が良すぎる・・まるでCGの「パース」を見ているようです(^^)

ひなた宮崎県総合運動公園 盛り土高台 防災設備(備蓄倉庫屋上)から
防災設備(備蓄倉庫屋上)から


緑の天然芝、通路の赤色っぽい舗装色、青い空、雲・・・。
通路の赤い舗装は、見た感じでは、陸上競技場の全天候性トラックに使われるものと同じ合成ゴム素材なのかも?知れない。

ひなた宮崎県総合運動公園 防災施設の一つ 防災四阿(あずまや)
防災施設の一つ 防災四阿(あずまや)


防災施設の説明板
防災施設の説明板

説明板にカギで開けると書いてありますが、カギはどこにあるのだろう?
鎖がかけてあって真鍮の南京錠で施錠されておりましたが、南京錠のキーはどこにあるのだろう? 開けられるのだろうか?
以前見たテニスコート近くの避難タワーでは、地震の際、揺れを感じて自動で開くキー保管庫があったと思うのですが・・
 
続きを読む>>

なばカツカレー「しいたけの館21」併設レストラン「元気・四季を食べる どんこ亭」にて

Posted morimori / 2022.06.23 Thursday / 07:28


諸塚村「どんこ亭」(画像:もろつかナビより)

この画像のみ「諸塚ナビサイト内「どんこ亭」ページ」より。

先日、諸塚村の情報発信基地「しいたけの館21」に併設されているレストラン「元気・四季を食べる どんこ亭」に寄った。
「元気・四季を食べる どんこ亭」では四季折々の山の幸を使った、諸塚ならではの味が楽しめます。

※「どんこ」・・・傘の巻き込みが強いしいたけを どんこ と言います。
漢字で書くと「冬子」・「冬據廖
1月〜3月ごろの寒さの中でゆっくりと育つことで、肉質が締まった肉厚のどんこに成長します。

なばカツカレー


なばカツカレー 諸塚村「どんこ亭」にて
なばカツカレー(諸塚村「どんこ亭」にて)

諸塚村と言えば・やっぱり「しいたけ」を使った料理だよなぁ・・という事で、なばカツカレー(+なばカツ増し)を食べました。

なばカツ増しは 「なばカツ」が一個追加されてます。

※「なば」・・・「キノコ」の意味の九州・中国・四国地方の方言。この辺りではほぼ「シイタケ」を指します。

なばカツカレー 諸塚村「どんこ亭」にて


ふっくらとした肉厚のあるシイタケで、外側の衣はカリっとした食感に作られていいます。カレーのルーで解けないようにしてあるのでしょう。
カレールーはジャガイモ・玉ねぎ・人参などを細かく刻んでありそれらの原型はほぼない。肉はひき肉なのだろう。
辛さはマイルド、お子様でも大丈夫。どこか懐かしい味。美味しい。

窓際を向いたところで食べた、今の時期、緑豊かで目にも優しい。

諸塚村「どんこ亭」にて

当日は、平日という事もあり、我々の他に常連と思しき方が女性2人組含め3組程でした。女性の方は首にIDカードを下げていたので近くの施設の職員なのかも知れません。常連さんなのでしょう。 
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP