日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

人が消えた宮崎ブーゲンビリア空港

Posted morimori / 2021.01.23 Saturday / 07:41


先日、知人へ宮崎の美味しいものをと・・贈り物 購入の為、宮崎ブーゲンビリア空港へ出かけました。(近いので良く買い物に行きます。)

まず、駐車場に着いて驚いた・・。
いつもは駐車場にずらーと並んでいる車がない。
これほど少ないとは・・

宮崎空港 駐車場
宮崎空港 駐車場
閑散とした宮崎空港駐車場


通る車も無い、人影が全く無い・・
「ゴーストタウン」という言葉が頭に浮かぶ程でした。

宮崎空港
拡大あり



送迎の車は皆無、タクシーは開店休業状態
宮崎空港
拡大あり
続きを読む>>

2020年餃子全国ランキング日本一は?|馬渡のもっちり餃子

Posted morimori / 2021.01.22 Friday / 06:40


【 3/17 追記 】
2021年度1月の餃子支出金額のランキングでは、宮崎市が全国1位で好スタート。

2021年都市別「きょうざ」支出ランキング(1月)

1位 宮崎市 487円
2位 大津市 301円
3位 宇都宮市 293円
4位 前橋市 282円
5位 京都市 279円

【 2/5 追記 】
2020年 年間ランキングの結果
餃子購入額
1位 浜松市 3,766円
2位 宇都宮市 3,693円
3位 宮崎市 3,670円 でした。
差は僅かだったようです。一位という冠は欲しかったですね。

餃子購入頻度では宮崎市が全国1位だったようです。
餃子を一番よく(頻繁に)買って食べているという意味では「宮崎市」が一位って事ですね(^^) / 追記おわり

宮崎市 2020年上半期 餃子購入頻度・支出金額で日本一

毎月 統計局から発表されている「家計調査」の「ぎょうざ」購入頻度・支出金額を、焼き餃子協会で2020年上半期データを独自に集計したところ、2020年上半期は宮崎市が購入頻度・支出金額で日本一となっていることがわかり、昨年話題になりました。

「二冠」獲得は史上初とか。

2020年1月〜6月の
平均支出金額ランキング
1位 宮崎市(1,917円)
2位 宇都宮市(1,886円)
3位 京都市(1,635円)
4位 浜松市(1,522円)
5位 大津市(1,479円)
 全国平均 1,083円

100世帯1月あたりの平均購入頻度
1位 宮崎市(472回)
2位 松江市(434回)
3位 大津市(423回)
4位 大分市(418回)
5位 堺市(418回)
 全国平均=351回

宮崎市では、年間日本一をめざしてキャンペーンなども

宮崎市では、年間一位を目指し、餃子を食べよう!と、昨年後半から結構、餃子を食べて日本一にしよう!みたいなPR、キャンペーンが行われておりました。

宮崎市観光協会サイトには、餃子のページもありました。

宮崎市観光協会 餃子

以下一部引用
宮崎市として初となる「餃子購入額」「餃子購入頻度」の全国1位となったのは、あくまで、6月までの上半期。
関係者悲願の年間1位奪取に向けてのラストスパートはこれからです。
今日の献立に迷ったら・・・お土産に迷ったら・・・ 是非是非、餃子を!!!
あなたの1パックが、年間1位へ、そして「餃子の街 宮崎市」への足掛かりとなります。

乗じて、頑張って餃子を食べた方も多くいらっしゃるかも知れませんが・・

ランキングに寄与するのは「家計調査」に選ばれた家庭だけ

このランキングは、国の「家計調査」のデーターを元にしておりますので、誰が購入してもランキングに寄与するってわけではありません。

「家計調査」とは、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯の方々を対象として,家計の収入・支出,貯蓄・負債などを毎月調査しているもので、この選定された方々が購入した餃子のみデーターに反映されるのです。

さらに「家計調査」には、種々のカテゴリーがあり、「ぎょうざ」のカテゴリーに入るのは、スーパー等で販売されている生餃子、焼餃子及び餃子テイクアウト専門店のテイクアウトを含むもののようです。
家庭で良く食べるであろう、冷凍餃子は「冷凍食品」のカテゴリになる為、ぎょうざには反映されないようです。
宮崎では著名な「ぎょうざの丸岡」はテイクアウト専門店なので「ぎょうざ」のカテゴリーになると思いますが、中華料理店等の持ち帰りは別のカテゴリー(外食系?)になるようで対象外のようです。
この辺りは、申告する側の判断もありそうですし、やや曖昧な感じも無きにしも非ずですが・・。

一定のキャンペーン効果は期待出来るかと

PR、キャンペーンを目に、耳にすれば、宮崎市の「家計調査」の対象となっている方も協力、いつもより餃子を食べる頻度が高くなる可能性あるでしょうし、一定の効果はあったのだろうと思います。
トップ3に入るようなところはどこも行っているのではないでしょうか、餃子で有名な宇都宮とかは、絶対負けてられないでしょうしね。

年間ランキング日本一は?

後半、月単位で宇都宮市か浜松市か?に抜かれたみたいな事を目にしましたが、はたして年間ランキング日本一はどこだったのだろう?
続きを読む>>

宮崎県 緊急事態宣言 外出等について|宮日情報誌「きゅんと」の記事に思う

Posted morimori / 2021.01.21 Thursday / 07:28


(宮崎県独自の)「緊急事態宣言」が2月7日まで延長になりました。
県民に対して、これまで同様、通勤や生活必需品の買い出しなどを除いた、原則、外出自粛や、イベントの中止や延期、会食は家族などふだん接する人に限ることなどを要請。
 昨日1月20日に行われた、県独自の緊急事態宣言延長の記者会見で表示された画像には、 × が細かく書かれていたので紹介します。

記者会見


「緊急事態宣言」下での外出等


  1. 日常生活の範囲内の外出
    通勤、通学、通園、通院、買い物、屋外での運動や散歩など
  2. 御家族など普段接する方との
    屋外での運動・散歩(ソーシャルディスタンスをとって)
    外出・会食(4人以下、2時間以内)

×
  1. 特に、午後8時以降の不要な外出
  2. 混雑した時間帯に買い物
  3. 普段行かない市町村との往来
  4. 時期変更可能な帰省や旅行
  5. イベント開催や参加
  6. 会食時に、マスクなしで会話
  7. 御家族や職場など普段接する人以外との会食
  8. 5人以上の新年会や懇談会の開催
  9. 飛沫感染のリスクがある行動(感染対策なしのカラオケ等)
  10. 体調が悪い中での出勤等



私が、気になるのは、普段行かない市町村との往来
「緊急事態宣言中」は、宮崎市(当方の場合)から出てはいけないって事なのだろう。
特に宮崎市は連日感染者が多い(昨日も42人 内、経路不明8人)ので、市外への移動は2月7日までは自粛するべきでしょうね。

参照元:宮崎県のサイト内新型コロナウイルス関連ページ

独自の緊急事態宣言の延長を決めた20日の対策本部会議の中で、県福祉保健部の渡辺善敬部長は「感染の起点はマスクをはずす会食にあり、ここでの感染を防ぐことが沈静化に向けたカギになる」と呼びかけたとのこと。
 
続きを読む>>

PAGE TOP