日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介

【当サイト内検索・画像検索含む】

FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

最新20記事リスト表示

今年も「クジャクサボテン」の花が咲いた

Posted morimori / 2019.05.30 Thursday / 23:43


クジャクサボテン
クジャクサボテンの花


今年もクジャクサボテンがに花が咲いた。
鮮やかな赤い花
今年は9つの花を付けた。
数日で萎れてしまうのが残念なところですが、いっぺんに全輪が咲くわけでもなく、一つ咲いては、翌日もう一つ咲いて・・といった感じで順に咲いてゆくので、ある程度の期間楽しめます。

クジャクサボテン
クジャクサボテンの花
続きを読む>>

「宮崎花旅365」(宮崎市)が国の「ガーデンツーリズム」に選定されました。

Posted morimori / 2019.05.29 Wednesday / 07:59


フローランテ宮崎 チューリップセンセーション
フローランテ宮崎にて


国土交通省の「ガーデンツーリズム」制度をご存じでしょうか・・

以下は、平成31年4月11日 国土交通省の報道発表資料より一部引用


「ガーデンツーリズム」登録制度を創設
〜 魅力のある庭園や公園をつなぎ、地域の活性化を図ります 〜


平成31年4月11日


 国土交通省は、各地の庭園間の連携や、多様な庭園の魅力の再発見を促すため、本年度よりガーデンツーリズム登録制度を創設し、登録された各地のガーデンツーリズムの取組を国内外へPRしていきます。

 本日より各地の計画を募集し、5月に第1回の登録を公表します。

ガーデンツーリズムの推進について

 日本には、日本庭園や花の公園など、地域ならではの特徴を持つ多様な庭園が存在し、観光客に人気を博していますが、その魅力を十分に伝え切れていない「隠れた庭園・花の名園」も数多くあります。

 国土交通省は、地域の活性化と庭園文化の普及を図るため、各地域の複数の庭園の連携により、魅力的な体験や交流を創出する取組をガーデンツーリズムとして、その計画を登録し、支援する制度を創設します。

 本日より各地のガーデンツーリズム計画の募集を開始します。第1回の登録は、有識者による審査を経て、本年5月に公表します。/ 引用終わり


国交省は、施設のバリアフリー化や看板の多言語化などの経費を半額補助。
英国の庭園見学ガイド「イエローブック」を参考に冊子を発行、各ルート共通のホームページを作成、国内外の園芸博覧会で共同PRするほか、有識者を紹介して各地の取り組みを支援するとのこと。

ガーデンツーリズム ロゴ
ガーデンツーリズムロゴ


「宮崎花旅365」(宮崎市)が「ガーデンツーリズム」に選ばれました。

国土交通省は5月28日、「ガーデンツーリズム(庭園観光)」の支援制度の対象第1弾として、6地域を選定。
宮崎県からは、宮崎花旅365(宮崎市)が選定されました。

 登録計画 宮崎花旅365(宮崎県宮崎市)PDF(国交省)より引用

ストーリー・将来のビジョン
「大地に絵を描く」から「大地の物語を紡ぐ」へ

どこまでも澄み渡る空と青い海、豊かな緑と365日咲き誇る花々。そんな宮崎の大地をこよなく愛した観光宮崎の父、岩切章太郎。「自然の美・人工の美・人情の美」に象徴される氏のガーデンづくりは、人々の心に深く刻み込まれ宮崎の風土となりました。
岩切氏が蒔いた幾つものガーデンという種は、その志を受け継いだ人々により大切に育てられて美しく花開き、宮崎の肥沃な大地に新たな種を落としました。
そして、その種は新たな時代のガーデンとなり、今も広がり続けています。
そんな宮崎の花の物語を紡ぐ旅「宮崎花旅365」

「阿波岐原森林公園」パークウェイ
パークウエイ(阿波岐原森林公園)


以下は宮崎市サイトより一部引用

宮崎花旅365について
 かつて観光宮崎の父と言われる岩切章太郎氏が「大地に絵を描く」という理念の下行われたガーデンづくりを受け継ぎ、宮崎の多彩なガーデンを舞台に、公民連携の下、食・神話・アクティビティなどの地域資源と連携して宮崎の魅力を紹介する計画です。詳細は以下の計画書をご覧ください。

 宮崎花旅365計画書 表紙12頁
(PDF 45.8MB)pdf


 宮崎花旅365計画書 13頁(PDF 13.1MB)pdf

上記PDFより一部抜粋

1-1 表紙
1-2 取組の将来像(ビジョン)
1-3 位置図
1-4 計画のテーマ
1-5 構成庭園一覧表
  • 1 宮崎ブーゲンビリア空港
  • 2 橘公園
  • 3 県立平和台公園
  • 4 パークウエイ(阿波岐原森林公園)
  • 5 市民の森
  • 6 フローランテ宮崎
  • 7 英国式庭園
  • 8 THE LIVING GARDEN(シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート)
  • 9 道の駅フェニックス
  • 10 宮交ボタニックガーデン青島
  • 11 こどものくに

1-6 その他の取組
  • 一里山シバザクラ
  • オープンガーデンサン・フラワー宮崎
  • 青島ビーチパーク

1-7 実施する事業と実施体制
1-8 具体的な事業一覧表


実施する事業と実施体制

(1)これまでの取組
「花ボラネットみやざき」は、宮崎の花が最も美しい春を「みやざきフラワーマンス」と称し、民間団体、企業、市民自らが草花の植栽を行う活動の促進と、この取組を県全体に波及させ、市民が誇れる花いっぱいの宮崎を全国にアピールするため、平成25 年に設立された団体です。
「みやざきフラワーマンス」は、阿波岐原地区、青島地区、橘(中心市街地)地区で実施している、「一ツ葉春の神話めぐり」、「青島まるごとフラワーフェスタ」、「まちんなかフラワーパーク」の3事業を、一体的に広報するなどして効果を高めると共に、宮崎の玄関口である宮崎空港、宮崎駅、宮崎港を「花のエントランス」として、草花飾りやイベント告知看板を設置し、県内外へ広くPR する取組です。
・平成22 年度〜 「春の一ツ葉神話と花めぐり」(阿波岐原地区)
・平成18 年度〜 「青島まるごとフラワーフェスタ」(青島地区)
・平成17 年度〜 「まちんなかフラワーパーク」(橘(中心市街地地区))

(2)今後の取組
春の「みやざきフラワーマンス」の3つの事業と、秋の「オータムフラワーフェス」を、公民連携により、一層効果的に実施するとともに、食、歴史、スポーツ、アクティビティなど、他の地域資源との連携や地場産業の取り込みを促進し、オール宮崎による花と緑の宮崎づくりを推進します。

(1)「みやざきフラワーマンス」
・春の期間中に各地区で実施されているイベントや、食・アクティビティとの連携を促進し、クーポン付「花のパスポート」の利用者の増加を図ります。
 崕佞琉譽塚嫂析辰伐屬瓩阿蝓
・神話や歴史のスポットを紹介しながら「阿波岐原」を巡る、「ガイド付きサイクリングツアー」参加者の
増加や、花飾りポイントとなる「花飾りスタンド設置箇所」の増加を図ります。
◆崟津腓泙襪瓦肇侫薀錙璽侫Д好拭廚凌∈魯ぅ戰鵐隼臆端圓篝瀉峅媾蠅料加を図ります。
「まちんなかフラワーパーク」の市民ボランティアの増加や花装飾の魅力アップを図ります。

(2)「オータムフラワーフェス」
・参加施設の増加や地場産業との連携を図り、イベントの内容の充実と実施拡大を図ります。
・これまで行政主体の取組から、公民連携により事業の拡充を図ります。

(3)目指す展開
・県内施設への拡大・交通事業者との連携・経済効果の検証、・収益還元できる仕組の検討
・持続可能な体制づくりと人材育成


花のパスポート
以前いただいた「花のパスポート」
続きを読む>>

宮崎ブーゲンビリア空港、知られざる?もう一つのステンドグラス

Posted morimori / 2019.05.27 Monday / 20:57


 先日、宮崎ブーゲンビリア空港に設置された、藤城清治さん作のステンドグラスの話題を書きましたが、このステンドグラスの半対面にも随分前からステンドグラスがあるのをご存じでしょうか?

宮崎ブーゲンビリア空港 右側(南側)のステンドグラス
右側(南側)のステンドグラス


昨年6月に書いた、ブログ記事で、このステンドグラスについて、当方も少しふれました。以下一部引用。
ところで、前々から感じてたのですが、このステンドグラス設置予定の対面、南側、玄関の方には、既にステンドグラスっぽく色付されたガラスです。これは何かをイメージして作られたものなのでしょうかね?


昔から、なんだろ? 
もしかしてステンドグラス? 
ならば何が描かれているのだろう?
と・・
空港で見る度思っておりました。

宮崎ブーゲンビリア空港 ステンドグラス「花・トロピカル」
ステンドグラス「花・トロピカル」


宮崎空港南側のステンドグラス

以下が南側のステンドグラスの写真です。何が描かれているか分かりますか?
私は現地では、まったくわかりませんでした。

ステンドグラス「花・トロピカル」
宮崎ブーゲンビリア空港 ステンドグラス「花・トロピカル」


今回、あらためて、このステンドグラスに興味を抱き、写真を撮り、帰宅後、拡大して見てみたところ、ポインセチアなど花が描かれていることがわかりましたが・・その他は不明。

ステンドグラス 花・トロピカル 1995年

インターネットに何か情報があるのでは?と考え、インターネット検索したところ、このステンドグラスの作者である「高見俊雄氏」のWebサイトを発見しました。

以下は今回参照した、ステンドグラス作家 高見俊雄氏のWebサイト記事の引用などを交えた感想などです。

ステンドグラスへの想い9(宮崎空港)(2004年記載)
http://www.toshiotakami.jp/mandara/archives/000059.html
http://www.toshiotakami.jp/mandara/archives/000060.html

以下のことが分かりました。

ステンドグラス
花・トロピカル
1995年
宮崎空港ビル アトリウム
W23000xH3500


上記、高見俊雄氏によれば、宮崎空港側からは、

"宮崎市は、花がいっぱい咲いてる街がコンセプトです! 空港の敷地の中にも
たくさんの花が咲いていますので、この花をテーマにデザインお願いします!"


とのことで花をテーマにデザインされたようです。

"「見る人達が参加できる作品」と言うことだけでした。
よし、花だけはモノトーンで表現しよう…そして花の色は見る人達に入れて貰おう。
やっと納得いく絵が出来上がる!"

 中略

"後日談だけど、当時の社長から最後まで云われたのは
「少しだけでも花に色を付けれないだろうか?」でした…!"


確かに、遠い位置にあるので、花がモノトーンだと、何が描いてあるのか、さっぱりわかりません。
「花」をテーマにするなら、私も色を付けた方が良かったのでは?と思いました。

左側には、ハイビスカス・カトレア
右側には、ブーゲンビレア・ポインセチアが描かれているようです。

拡大して見ると、ハイビスカスは特徴があるのでそう見えますが、他の花は、そうなかなぁーといった印象。

左側にはハイビスカス・カトレア
左側にはハイビスカス・カトレア


右側には、ブーゲンビレア・ポインセチア
右側には、ブーゲンビレア・ポインセチア


制作から約四半世紀が経ち、カトレア、ハイビスカス、ポインセチアは、今となっては、宮崎において印象薄い花となってしまった感もあります。

ポインセチアは昔、フェニックスドライブイン(道の駅フェニックス)の斜面などに群生があり多く咲いていたのですが・・最近は元気がないのか、殆んど話題になりません。
都井岬にかけ、日南海岸沿いに咲いていたハイビスカスも数が少なくなったような気がします。
カトレアは・・(私は)殆んど印象ありません。
  
続きを読む>>

宮崎市市民の森 ハナショウブ ライトアップ写真など・・

Posted morimori / 2019.05.25 Saturday / 23:50


宮崎市市民の森 ハナショウブ 1
宮崎市市民の森 ハナショウブ


宮崎市阿波岐原町の「市民の森」にはハナショウブ園があります。
4300平方mのハナショウブ園には約160種7万株ものハナショウブが植栽され、約20万本の花が咲き乱れる。
毎年、毎年5月下旬から6月上旬にかけて「はなしょうぶまつり」が開催され、多くの市民でにぎわいます。
ちなみに・・ハナショウブは「宮崎市の花」です。

ハナショウブは、現在見頃

5月25日より6月2日まで「第42回はなしょうぶまつり」が開催されております。

5月25日見学しましたので写真を掲載。

昼間1時間程見学、夜に再訪、恒例となった、はなしょうぶ園のライトアップ及びキャンドルの点灯「はなしょうぶライトアップ・キャンドルナイト」を見学
しました。

宮崎市市民の森 ハナショウブ 2
宮崎市市民の森 ハナショウブ

 
天候も良く、夕刻、日がかげる頃、再訪、快適な気温、暗くなるまで、撮りにいらしてた方とお話したり、近くにいたネコを撮ったり・・(このネコの写真は次回記載)。

「はなしょうぶライトアップ・キャンドルナイト」

はなしょうぶ園を中心に、約1,000個のキャンドルを配置し、日没とともに点灯していきます。

19:00からは「JAZZ UNDERTHE TREE」のジャズ演奏なども聴き、のんびり楽しみました。ビールがあれば最高だったなぁ(^^)

宮崎市市民の森 ハナショウブ ライトアップ 1
「はなしょうぶライトアップ・キャンドルナイト」

 
続きを読む>>

宮崎市内街中でホタル見学(宮崎市本郷北方山崎川) 比較明合成写真

Posted morimori / 2019.05.21 Tuesday / 23:33


ホタルを見に行った。

場所は、宮崎市本郷北方を流れる「山崎川」(GoogleMap

市中心部からだと、220号を南下、源藤交差点を過ぎ、山椒茶屋の少し手前のところから降りて行ったところです。

この付近の「山崎川」は「川」というよりは、農業用水路といったイメージの川です。

普段、何度も通ったことのある所ですが、ホタルを見るのはじめてなので、暗くなる前に行き、歩いて川の周辺にある「山崎自然散歩道」を一周、下見をしました。

周りには建物や自販機などがあり、向うには国道220号の南バイパス、川と並行して横には道路(学園木花台本郷北方線)があり、通勤帰りと思しき車が行き来、頻繁に灯りに照らされたりする場所。

今までのホタル見学のイメージからすると、ここにホタル?と思うような場所でして、見るまでは半信半疑でした。

加えて、数日前の大雨で川はかなり増水したのでしょう、水辺の草は土手のかなり高いところまで倒れておりました。
ホタル流されなかったかなぁ?と心配していたのですが・・・

暗くなって来ると、一匹、一匹と飛び出しました。自分の近くまで飛んで来る・・感動!

山崎川の蛍(ホタル)
宮崎市山崎川のホタル〔多重露光合成(比較明合成 5秒×10枚)〕(橋の上より撮影)


上の写真、右上上空にある−−−−の軌跡は、宮崎空港に着陸する旅客機です。

以下は上の写真の蛍の部分拡大

山崎川の蛍(ホタル)部分拡大
宮崎市山崎川のホタル 〔多重露光合成(比較明合成 5秒×10枚)〕


私は、ホタルは、長時間露光で撮る主義なのですが、横を車が頻繁に行き交い、明かりが水路にも頻繁に入るこのロケーションで、長時間露光はリスキーと考え、やむなく「多重露光合成」(比較明合成)を前提に撮影、アプリで「作成」したものです。
50mmF1.4レンス開放でシャッタースピード5秒の写真を10枚重ね、長時間露光に似せた写真です。
比較明合成(コンポジット)については後半にも書いております。

既にここ山崎川のホタルのピークは過ぎているようで、今日(20時頃・約30分程)見た感じでは、延べ数十匹といった感じだったろうと思います。とはいえ、こんな街中で蛍を見る事が出来たのは大きな収穫、十分満足。
常日頃、ホタル生育に適した環境作り、保護活動をされてらっしゃる「本郷まちづくり推進委員会」や地域の方々に感謝。

本郷まちづくり推進委員会facebookによると、今年は600匹以上の乱舞が見られたとか。
来年はピークの頃に是非見てみたいものです。

関連リンク(外部リンク)
 本郷まちづくり推進委員会facebook
 美しい宮崎づくりfacebook
 「宮崎市ホタル保存会」によるホタル保存地区(PDF)
 
続きを読む>>

宮崎空港に藤城清治さん作、日向神話のステンドグラス

Posted morimori / 2019.05.15 Wednesday / 21:16


宮崎ブーゲンビリア空港に、ステンドグラス「神の光 生命いのちの国 愛と花〜宮崎と日本の神秘の美しさを世界へ」

以前 このブログでも紹介しましたが、世界的影絵作家の影絵作家、藤城清治氏(95)が、日向神話の世界をデザインした幅21m、高さ3mのステンドグラス『神の光 生命の国 愛と花〜宮崎と日本の神秘の美しさを世界へ〜』 が、宮崎ブーゲンビリア空港に設置され、本日15日より公開されました。

このステンドグラスは、宮崎空港ビルが、およそ6000万円をかけてオアシス広場天井近くの北側ガラス面に設置したもの。

44枚で構成されるステンドグラスには、天孫降臨、天の岩戸開き、海幸山幸などが描かれ、「天照大御神あまてらすおおみかみ」をはじめ、日向神話に登場する「日向三代」、「神楽」、「みそぎ池」、などが、日本を代表するステンドグラス工芸家の臼井定一さんにより、約1万4000ピースものガラスを使って、色鮮やかに描かれています。

宮崎空港 藤城清治さん作、日向神話のステンドグラス
宮崎空港 宮崎空港 藤城清治さん作、日向神話のステンドグラス

出発の際、3F搭乗口に向かう際に、ステンドグラスの存在に気付くと思いますが、宮崎に到着した際には位置的に気付かれないかも知れませんね。

宮崎空港 藤城清治さん作、日向神話のステンドグラス
宮崎空港 藤城清治さん作 日向神話のステンドグラス


藤城清治さん作、日向神話のステンドグラス
宮崎空港 藤城清治さん作 日向神話のステンドグラス



5月16日付 宮崎日日新聞 全面広告より引用

ごあいさつ
宮崎空港ビル株式会社
代表取締役会長
長霾殼 YasuhiroNagahama

 風薫る5月、宮崎ブーゲンビリア空港では、今まさにブーゲンビリアが色あざやかに咲き誇っております。愛称となりましたブーゲンビリアは、創業者の岩切章太郎初代社長が、晩年「宮崎のこれからの花にしたい」と願われていた花でありますが、お陰さまで県民の皆様にも植えていただいて、ブーゲンの輪が広がってきたことを大変嬉しく思っております。

 さて、この度、当社の創立55周年記念事業の一環として、また、現在のターミナルビル建設より30年目に当たることから制作を進めてまいりました「神話のステンドグラス」が完成し、昨日お披露目をさせていただくことができました。

 このステンドグラスは、鮮明な色彩が南国の雰囲気にマッチし、これまで宮崎空港でも手荷物検査場やトイレなどで数多く取り入れておりますことから、今回の事業を計画するに当たり、日向神話をテーマにしたステンドグラスを設置することにいたしました。影絵作家の巨匠であられます藤城清治先生に神話の原画を描いていただき,日本を代表するステンドグラス工芸家の臼井定一先生に世界でも余り類似を見ない作品として制作していただきました。

 現在、県立美術館で「藤城清治 愛 生きる メルヘン展」が開催されておりますが、実は6年前にも先生の個展が開かれ、そのときに見た「天の岩屋戸と八百万神」という件品に大変感銘を受けました。今も空港ビルの特別室に飾らせていただいております。そのようなご縁がございましたので、神話だったらぜひ藤城先生に描いていただきたいとお願いをしたとごろ、大変著名な方であり、そして当時は93歳というご高齢でありましたので、引き受けていただけるかどうか分かりませんでしたが、とにかく一度お願いをしようとお願いしたところ、有難いことに私共の申し出を快くお引き受けいただき、大変驚きました。
藤城先生によりますと、今回の作品は全身全霊をかけて制作した集大成ともいえる絵だと言われております。

 その藤城先生からの推薦もありまして、ステンドグラス工芸家として著名な、現在も広島の世界平和記念聖堂の修復にも取り組んでおられます臼井定一先生に制作していただき.ました。長年のご経験と卓越した技術を駆使して、さいたま市にある「バロック」という工房で、素晴らしいステンドグラスに仕上げていただきました。出来上がった作品は、神話の真髄を描いた大パノラマで日向神話の神々が揃ってお客様をお出迎えするというスケールの大きさにただただ感動し、感激いたしました。

 実際に見てみますと、昼は太陽の光を受けて輝き、夜は照明を受けてまた違った輝きがあり、宮崎空港を訪れた皆様は、神秘的な神話の物語を観ることができます。そして、ご覧になった皆様には、これから県内各地の神話伝説ゆかりの場所を訪問していただくきっかけになりますよう、また、ここから新しい人生のスタートをきっていかれるお客様には、八百万神のご加護がふりそそぎ、良いご緑に恵まれまずようにと願っております。

 時あたかも、この5月1日には新天皇が即位され、私たちの国は「令和」という新たな時代を迎えました‥来年は、「東京オリンピック・パラリンピック」が開催され、本県では「山の幸 海の幸 いぎ神話の源流へ」と題して国民文化祭や障害者芸術文化祭も計画されています。そのようなタイングでこの日向神話のステンドグラスが完成したことに、何か不思議な巡り合わせを感じております。

 今後、空港ターミナルビルがどのように発展していくかはわかりませんが、このステンドグラスは、これから何世紀も色褪せることなく、いつまでも光り輝くものと確信しております。創業者の思いを受け継いで歩んできた宮崎ブーゲンビリア空港から、世界に向けて宮崎と日本の神秘の美しさを発信し、将来にわたって「神話のくに宮崎」「南国リゾート宮崎」の貴重な宝として、末永く受け継がれていくことを心から祈念しております。

 当社はこれからも「まだまだ、ニコニコ、一歩ずつ」を合い言葉に、地域の皆様にも親しんでいただける空港を目指してまいりますので、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

令和元年5月16日
続きを読む>>

「岳人」に高千穂峰のミヤマキリシマ(鹿ヶ原のミヤマキリシマも)

Posted morimori / 2019.05.15 Wednesday / 07:33


「岳人」
「岳人」2019年6月号表紙


本日発売 登山ハイキングの雑誌「岳人」(ネイチュアエンタープライズ発行)の特集は、「花と出会う山」、霧島高千穂峰のミヤマキリシマも掲載されております。

"鹿ヶ原"のミヤマキリシマの写真は当方撮影です。

ミヤマキリシマと高千穂峰ページ

※著作権などの観点より文字が読めない程度のサイズにしてあります。(拡大写真はありません。)
「岳人」2019年6月号より
「額人」2019年6月号より


観光系雑誌とかだと、彩度をバリバリ上げて、これ鮮やかすぎでしょ、加工しすぎ、まるで絵・・・と思うような写真を結構目にしますが、そこは、流石、山岳系雑誌、忠実な色合いでした。

 
続きを読む>>

御朱印をめぐり参拝客のマナー違反 職員や巫女に暴言・恫喝、転売

Posted morimori / 2019.05.13 Monday / 07:38


浅草神社(東京都台東区)は、公式フェイスブックに今年の「三社祭特別御朱印」の配布を見送り、今年は「通常御朱印」となる旨発表。

理由は参拝客のマナー違反。
職員や巫女に暴言・恫喝、御朱印や参拝証明書の転売など看過できないというもの。

以下は、浅草神社公式facebookより一部引用

中には、対応に当たっている神社職員や巫女に対し、
暴言・恫喝また暴力に近い行為に及ばれる方、
1人の職員を取り囲み罵声を浴びせられる方々、
説明をしている最中に大声を出し遮られる方、
遠方よりお越し頂いている事を理由に特殊な対応を求められる方、
整理券をひったくるように受け取られる方、
神社をサービス業と捉えられ、受付時間の変更を提案される方、
こっちはお客さんだぞ」と仰る方、、、(こちらは二度と来社されないでください)
ましてや、神社が税金で維持管理されていると思っている方、
そして、神社に対し、全ての方に合わせた対応・改善を現場やSNS等で求められる方、
含め、その時その時の対応を批判される方々が何人もいらっしゃいました。
祈りと感謝を捧げる信仰の場である神社に対し、個人の価値観による利便性を求められる風潮となり、大変残念に思います。

更には、受けられた特別御朱印や参拝証明書はネットオークションやフリマアプリにて転売すらされています。
このような行為は、当社と致しましても断じて看過することはできません。
この行為により、当日御朱印を受けられなかった方がいると思うと悲しくて仕方ありません。
御朱印を受けられる方の中でごく一部の方と思いますが、御朱印の本来の意義を今一度ご理解頂きたく存じます。

引用おわり。

当日居たわけではないので、詳しいことはわかりませんが・・
いずれも許される行為ではありませんが・・
想定外の参拝者の数で滞り、神社に対してのいら立ちなどもあったのではないでしょうか。
「限定御朱印」で再び過熱、同様の事が懸念されるので通常の「御朱印」に切り替えたのでしょう。

御朱印転売問題

御朱印帳


「御朱印」転売の問題は、令和元年の御朱印をめぐり、明治神宮などでも問題になってました。
フリマ(メルカリとか)、オークション(ヤフオクなど)で売る方も売る方ですが、買う方も買う方、「御朱印」を買ってどんな意味あるのでしょうかね? 単なるコレクションなのでしょうか? 御朱印は参ってこその証、転売購入品は単なるコピー品に等しいと思うんですけどね。
   
続きを読む>>

宮崎市などで震度5弱の地震/宮交ボタニックガーデン青島の大温室のガラス落下、割れる

Posted morimori / 2019.05.10 Friday / 23:56


2019年5月10日午前8時48分ごろ、日向灘を震源とするマグニチュード6.3の地震が発生。
この地震で宮崎市と都城市で震度5弱を観測しました。

宮崎県内各地の震度
震度5弱:宮崎市、都城市
震度4:日南市、小林市、西都市三股町、高原町、国富町綾町、高鍋町、新富町、川南町、美郷町、高千穂町、椎葉村
震度3:延岡市、日向市、串間市えびの市、木城町、都農町門川町、五ヶ瀬町

※下記に掲載した図は、いずれも下段リンク記載した気象庁報道発表資料より抽出したものです。

各地の震度

震度分布

図中、震度5強の色が付いたヶ所は、おそらく都城市高崎町東霧島あたりでは?と思います。

当地は震度5弱だったのですが、棚の上にあったもの(不安定な軽い落ちやすいもの)が一個落下した位でした。

緊急地震速報

震源に近いからか、緊急地震速報が鳴った時は既に揺れ出しておりました・・。
この地震の少し前に一度、震度3の地震があったので心構えというか気がはっていたのでそれ程慌てずに済みました。

詳細は以下をご覧下さい。
 令和元年5月10日08時48分頃の日向灘の地震について(気象庁)
 報道発表資料

被害は殆んど無し

幸いこの地震による、けが人や家屋への大きな被害などの情報は入っていないようです。

宮崎県 危機管理局のまとめによる発表では。
主な被害状況(令和元年5月10日18時00分時点)
(1)人的被害:なし
(2)住家被害:なし
(3)非住家被害:なし
(4)その他:えびの市で約150戸が停電しましたが、現在復旧しています
とのこと。

一方、NHK宮崎の夜のニュースでは、以下が報道されておりました。

【配水管が破裂】
宮崎市の吉村町にある原見橋では、橋の下に取り付けられている直径10センチの配水管が破裂し、下の川に向かって水が勢いよくあふれ出しました。
宮崎市水道局によりますと修理のため、付近の20世帯ほどが一時、断水しましたが、午後3時までにすべて解消されたということです。

【屋上のレンガ塀 一部が落下】
震度5弱の地震があった都城市山之口町の飲食店では、屋上のレンガ塀の一部が崩れて、およそ3メートル下の路上に落下しました。
当時、歩行者などはおらず、けが人はいませんでした。
店のオーナーは「まさかこんなことになるとは思っていなかった。今回壊れなかった部分も危ないので、すぐにフェンスに代えようと思います」と話していました。

【温室のガラス割れる】
宮崎県内の代表的な観光地、宮崎市青島にある青島亜熱帯植物園によりますと、地震の影響で園内にある温室のガラスのうち1枚が割れたということです。

二件は、老朽化したもの揺れで外れたりしたものだろうと思いますが、青島亜熱帯植物園の「温室のガラス割れ」に関しては後半に記載します。 

交通機関への影響

JR
地震発生直後から午前11時半ごろまで日豊本線の高鍋〜日向住吉間と山之口〜霧島神宮間、吉都線の都城〜高崎新田の間で徐行運転。
日豊本線の特急列車と普通列車で上下合わせて23本が運休、27本に最大で79分の遅れ。

高速道路
東九州自動車道と宮崎自動車道の一部区間で安全確認のため50Kの速度規制、午前11時20分に解除。

空の便は通常通り運航。  
続きを読む>>

境内からの絶景 日南市 乱杭野 霧島神社 例祭にて

Posted morimori / 2019.05.05 Sunday / 23:41


例年、5月5日子供の日に、日南市 乱杭野らんぐいの 霧島神社で例祭があり、神楽が奉納されています。

乱杭野 霧島神社は平安時代初期の819年(弘仁10年)年に創立。
日南地方では、子供の神様として崇敬され、大正年間、悪性の感冒が流行した後から参詣者が増え、現在でも例祭には、気候のよい時期でもあり、近郊から子供を連れた登山参拝者が多い。とのことです。

新聞記事などで見て、前々から神楽含め一度見てみたいと思っていたのですが、かなかな都合がつかず、今回(乱杭野 霧島神社参拝も)はじめてでした。

乱杭野 霧島神社は、標高約500mのところにあり、飫肥の街から山道をグングン登ってゆきます。

日南市 乱杭野 霧島神社
乱杭野 霧島神社


境内からの眺めは素晴らしい! 日南の街を一望 太平洋まで見渡せます。

日南市 乱杭野 霧島神社
境内にて・・こいのぼりと絶景


日南市 乱杭野 霧島神社
境内にて・・こいのぼりと絶景


こいのぼりを見て頂ければわかりますが、海から来た風が斜面を登り上昇気流を生むようで、ここはハンググライダー/パラグライダーのテイクオフポイントでもあるようです。

この日は快晴でしたが、この時期はどうしても、黄砂とか、霞がかってしまいます。
空気の澄んだ時期に再訪したいものです。
続きを読む>>

GW えびの高原規制最前線?でミヤマキリシマを見つけた

Posted morimori / 2019.05.04 Saturday / 23:59


GW(大型連休)真っ只中、令和元年5月4日、えびの高原は大盛況だった。
えびのエコミュージアムセンターの2つの駐車場は満車、前の臨時駐車場、つつじヶ丘横の旧えびの高原ホテル跡地を使った臨時駐車場も稼働、いつにない観光客でした。

レベル1(活火山であることに留意)に下がったことによる安心感も手伝っているのでしょう。

個人的に、ストック写真撮影目的もあり、現在歩いて行ける最前線まで行ってみました。


令和元年5月4日 えびの高原にて 通行止め地点


ミヤマキリシマの開花発見

丁度この近くでピンクの花を数輪発見、ミヤマキリシマです。
この日、えびの高原周辺を歩きましたが、咲いているのは、ここの数輪だけでした。

ミヤマキリシマ 令和元年5月4日 えびの高原にて


えびの高原のミヤマキリシマの名所、つつじヶ丘も廻ってみたが、まだ早い時期ですし、開花は皆無、火山ガスによるものなのか、周りの葦の成長による日照不足の影響なのか、つぼみのついいていない枯れた株が目立つ地帯があるのが気になりました。

枯れたミヤマキリシマ株

霧島のミヤマキリシマ開花時期(例年の開花時期・目安)

高千穂河原 古宮址 5月15日頃〜5月末頃
高千穂峰 登り始め付近 5月15日頃〜5月末頃
御鉢 西壁面・御鉢火口壁 5月20日頃〜5月末頃
高千穂峰山頂 5月22日頃〜5月末頃
中岳 中腹(つつじコース)5月中旬〜5月末頃
大浪池 西回り 6月初旬頃
韓国岳 登山口〜三合目  5月下旬〜6月初旬
韓国岳四合目〜山頂 6月8日頃〜6月中旬

えびの高原周辺 硫黄山周辺 5月20日頃〜5月下旬頃(硫黄山周辺は現在入山禁止)
えびの高原つつじヶ丘 6月初旬〜6月10日頃

中岳山頂(現在入山禁止) 5月22日頃〜5月末頃
新燃岳 山頂(現在入山禁止)5月22日頃〜6月初旬
獅子戸岳 山頂 5月下旬〜6月初旬頃
大幡山 山頂 5月下旬〜6月初旬頃
 
続きを読む>>

えびの高原のノカイドウ、ツルキジムシロ、ハルリンドウ

Posted morimori / 2019.05.04 Saturday / 23:58


ノカイドウ

ノカイドウは、全体的に満開で、咲きはじめの頃の見頃の時期を過ぎた感じでした。
若干ピンクの残った枝のものを撮影。

えびの高原のノカイドウ
えびの高原のノカイドウ


えびの高原のノカイドウ
えびの高原のノカイドウ


ノカイドウの時期に、しばらく来ておりませんでしたが、一時から比べると、全体的に花が少なくなった印象を受けました。

えびの高原のノカイドウ
えびの高原のノカイドウ

 
続きを読む>>

えびの市 末永田の神祭り (田の神さあまつり)

Posted morimori / 2019.05.04 Saturday / 23:43


えびの市 末永 田の神さあ
えびの市 末永 田の神さあ(過去に撮影したもの)


宮崎県えびの市内には、約150体の田の神「田の神さあ」が残されておりますが、中でも、この末永地区の田の神さあは、えびの市の田の神さあでも一番有名、代表的な田の神さあです。

イラスト化されたり、ポスターや人形、高速道路の案内板などにも使われていたりして、えびの市の「田の神さあ」のシンボル的存在でもあります。

末永地区では、毎年5月4日に「末永田の神祭り」が開催されております。
かねて見たいと思っていたのですが、機会に恵まれず、ようやく今年見る事が出来ました。

年に一度、祠を出た田の神さあは、お化粧直し、軽トラックに乗せて三味線や太鼓の音もにぎやかに、地区内を巡ります。

えびの市 末永 田の神祭り

えびの市 末永 田の神祭り


えびの市 末永 田の神祭り
続きを読む>>

5月1日、西都市〜西米良村間の国道219号全面通行止め

Posted morimori / 2019.05.02 Thursday / 19:08


【 追記 】
国道219号(西都―西米良間)、8月9日約3か月ぶりに全面通行再開しました。

【 追記 】
国道219号(西都―西米良間)は信号機による片側交互通行可
時間規制は解除となりました
国道219号西都市瓢箪渕郵便局付近(西都ー西米良間)では、災害復旧工事のため、時間規制を行っておりましたが、5月17日午後6時から解放となりました。
/ 追記おわり


5月1日未明、国道219号沿い、西都市尾八重でのり面が崩れ、現場付近の500mの区間で全面通行止めとなっております。

規制前に乗用車が岩にぶつかる事故がありましたが、乗っていた方にけがはなかったということです。

場所は、ひむか神話街道の椎葉方面へ向かう分岐の近く「東陵トンネル」から300m程西米良寄りのところのようです。

宮崎県道路情報 地図
宮崎県道路情報より通行止め付近の地図 2019/5/2


以下の付近だと思います。
 GoogleMap

5/2付 宮崎日日新聞によると、全面通行止めヶ所では、落石が続いており、西都土木事務所は「早急の普旧は難しい」とのこと。

迂回路

西都市方面から西米良村
通常1時間(46Km)が、木城町美郷町 県道22号・国道388号経由 2時間30分(109Km)。
※木城町などの山間部は道路が狭く、すれ違い出来ないところも多いです。

宮崎市方面から西米良村
通常1時間32分(約76km)が、高速道路(宮崎自動車道〜九州自動車道)人吉経由だと、2時間22分(約161Km)高速料金は、通常2,910円です。

※時間距離は、いずれもGoogleMapによる計測(概ね・目安です。) 

小林市須木から西米良村へ通じる国道265は長期通行止が続いており、使えません。
(仮に使えたとしても、この国道265号は以前走ったことがありますが、道幅も狭く、普通車でもすれ違い出来ないところが多い道でまさしく「酷道」でしたので、おすすめしません。)

「カリコボーズの山菜まつり」は予定通り実施

5月3日に「おがわ作小屋村」で開催予定の「第20回 カリコボーズの山菜まつり」は予定通り実施予定とのことです。

第20回 カリコボーズの山菜まつり
開催日時 2019年5月3日(金・祝)9:00〜14:00
開催会場 おがわ作小屋村

スケジュール予定
09:00 開場
09:30 販売開始
11:00 民話語り
11:50 小川神楽
14:00 イベント終了

 詳細はディスカバー宮崎で

参考イメージ

おがわ作小屋村(秋・紅葉の時期の撮影)
おがわ作小屋村(秋・紅葉の時期の撮影)


小川神楽 かんすい(米良神社夜神楽)
小川神楽にて 「かんすい」(米良神社夜神楽

 
続きを読む>>

宮崎神宮「践祚改元(せんそかいげん)奉告祭」にて

Posted morimori / 2019.05.01 Wednesday / 19:26


践祚改元せんそかいげん奉告祭

初代天皇「神武天皇」を祀る宮崎市の「宮崎神宮」では、本日、10時より、天皇陛下の即位を祝う践祚改元せんそかいげん奉告祭があり、参拝しました。

初代神武天皇が即位され、2679年目、126代天皇です。

祝詞が奏上されたあと、華やかな衣装を身にまとった巫女が「悠久の舞」を奉納。その後、戸敷市長など参列者が神前に玉串を捧げ、天皇陛下の即位を祝いました。

雨が降らなければ、「悠久の舞」は、前に設けられた舞台で披露されたものと思われますが、社殿の中で行われ、良く見えなかったのが残念でした。

参拝者は2万5000人

雨にも関わらず、予想以上の参拝者でした。
(追記:翌日の宮崎日日新聞によると、この日の参拝者は2万5000人とのことでした。)

御朱印に並ぶ長蛇の列は、2時間以上?待ちとか聞いたような気がします。
予想を越え「御朱印帳」も売り切れになったとか・・。

式典は殆んど撮りませんでしたが、参道や祓所のところなどで少しだけ写真を撮りましたので、ご紹介。
あいにくの雨でしたが、雨でしっとり木々が潤い、緑が大変美しかった。

「恵の雨」「雨降って 地 固まる。」

宮崎神宮「践祚改元(せんそかいげん)奉告祭」にて

宮崎神宮「践祚改元(せんそかいげん)奉告祭」にて
続きを読む>>

令和元年 宮崎神宮では「践祚改元(せんそかいげん)奉告祭」

Posted morimori / 2019.05.01 Wednesday / 06:07


【 追記 】次の記事も併せてご覧ください。
 宮崎神宮「践祚改元(せんそかいげん)奉告祭」にて

宮崎神宮 1

令和の御代のはじまりのブログは「宮崎神宮」の写真から。
(今回の写真は4Kサイズ(3840pix)に拡大します。)

宮崎神宮に祀られる、神日本磐余彦かむやまといわれひこ天皇(神武天皇)は、日向をご出発の後に大和橿原の地において初代の天皇の御位に即かれました。

宮崎神宮 践祚改元奉告祭

宮崎神宮では、践祚改元せんそかいげん奉告祭が行われます。

践祚せんそ」とは
 皇位を践む(ふむ)という意味で、天皇が皇位につかれることです。
改元かいげん」とは
 元号が改まることで、これまでに247の元号があります。

日時:令和元年5月1日(水・祝) 10:00〜11:00

奉祝記帳
期間…2019年5月1日(水祝)〜5月30日(木)
時間…9:00〜17:00
5月1日(水祝)宮崎神宮 神門内テント
5月2日(木休)〜5月30日(木)宮崎神宮 参拝者休憩所前

奉祝特別御朱印授与
授与期間…2019年5月1日(水祝)〜5月30日(木)
授与時間…8:00〜17:00
授与場所…宮崎神宮 神符守札授与所
初穂料……300円

記念品授与
お参りいただいた方には記念品を授与いたします(数量限定)

奉祝参拝餅授与
授与日程…2019年5月1日(水祝)のみ
販売価格…1箱 500円(数量限定)
※毎月朔日の参拝餅が特別に奉祝紅白饅頭となります

キッチンカー来場
開催日時…2019年5月1日(水祝)〜5月2日(木休)10:00〜17:00
開催場所…宮崎神宮 東神苑 藤棚付近
開催内容…ソフトクリームやクレープなど14台のキッチンカーが来ます

詳しくは  宮崎神宮サイトをご覧ください。
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
PAGE TOP