日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

金御岳でサシバの渡り見学(今シーズン2回目)

Posted morimori / 2019.10.06 Sunday / 23:58


昨日(10/7)、金御岳(都城市)では、3,753羽のサシバの渡りが確認されたという。
今日も、期待できるのでは?と、金御岳へサシバの渡りの見学に出かけた。

サシバの渡り見学は今シーズン二回目、前回見学した際(ブログ記事参照)は、2,156羽の渡りでしたが、飛ぶ位置が総じて遠く、欲求不満気味でした。

今日は数こそ、1,797羽(参照元)でしたが、真上に鷹柱が出来たり、割と近くを飛ぶサシバも居て、満足満喫。

金御岳のサシバは、見学場所の東側を飛ぶことが多く、総じて逆光気味、写真を撮っても映えない。
まれに真上・西側を低く飛ぶサシバが出ることがあり、最近はこれを狙っている。

以下は今回のベストショット。
北から来た一羽が、山頂の西側寄りを飛んできたので撮影、サシバの瞳に映る光(太陽)を捉えられたのはラッキーでした。

サシバの渡り(宮崎県都城市 金御岳)
サシバの渡り(宮崎県都城市 金御岳)
SONY α7R II / FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS
ISO800 F8.0 1/4000 600mm 等倍トリミング


サシバの館前は、この時期、見学者でに賑やかしい。のんびり見学したい私は、専ら山頂の東屋やその付近で見学しております。
今日は、山頂東屋の後ろにあるハングライダー滑走場所の横で見学しました。

サシバの渡りの見学は、サシバを見ることもさることながら、いらした方との会話も楽しみの一つ。
今日は、先にいらしてた、「大砲構えた」地元のカメラマンの方や、日本野鳥の会・九州沖縄ブロック大会で延岡からいらした方などと、いろいろお話、おかげ様で、渡りが途絶えた合間も楽しむことができました。

サシバの渡り見学(宮崎県都城市 金御岳山頂東屋)
金御岳(かねみだけ)山頂東屋



サシバの渡り見学者(宮崎県都城市 金御岳山頂東屋)
サシバの渡り見学者 金御岳(かねみだけ)山頂東屋




サシバの渡り(宮崎県都城市 金御岳)
サシバの渡り 金御岳(かねみだけ)
空気抵抗を減らす為、足は一直線



サシバの渡り(宮崎県都城市 金御岳)
サシバの渡り 金御岳(かねみだけ)
続きを読む>>

宮崎県都城市金御岳(かねみだけ)でサシバの渡りを見学

Posted morimori / 2019.10.04 Friday / 23:17


金御岳かねみだけ(日本屈指のサシバの渡り見学場所)

秋になり、サシバ(タカ科)の秋の渡りのシーズン到来、今年も都城市の金御岳でサシバの渡りが見学出来ます。
金御岳ではシーズンを通して約2万羽弱のサシバを観測し、日本でも有数のサシバ観測点として知られています。

サシバ(宮崎県都城市金御岳にて)
サシバ(金御岳にて)過去に撮影したもの


サシバ(タカ科)は3月中頃から、数羽から数十羽の群れで夏鳥としてやって来て、本州、四国、九州に渡来し、標高1000m以下の山地の林で繁殖した後、冬を過ごすために中国南部、東南アジアやニューギニアへ9月20頃から10月30日にかけて大規模な群れをつくって南下するそうです。
金御岳にサシバが毎年来るのは、金御岳周辺には豊かな餌(サシバは小鳥、ネズミ、ヘビ、トカゲ、カエル、イナゴ、バッタなどを食べている)と大空の気流に乗れる上昇気流があるからだそうです。

今年も見学してきました。野鳥の会・有志の方が立ちあげている金御岳サシバ渡り情報によると、この日のサシバの渡りは、2,156羽、これまでの累計 5,063羽とのこと。

金御岳のサシバ
金御岳のサシバ


2,156羽と言っても、はるか彼方のものもカウントしますので、私のような一般見学者が見ると、感覚的には今日は500羽くらい渡ったかなーといった感じです。

この日は総じて遠く、あまり近くを飛びませんでしたが、10:32頃、見学していた金御岳の頂上付近で鷹柱を見られたのはラッキーでした。
レンズ(距離リミッター設定スイッチ)、カメラのAF設定(動体追従にしてなかった)を誤り、サシバのアップの写真を撮り損ねたのが実に悔やまれる・・(--;)

サシバの降りまで見学

概ね、サシバの渡りは昼頃までには終わりますので、午後には多くの方(ウォッチャー)は帰ります。
私もそうでしたが、多くのサシバが付近の森から朝、飛び立つ訳だから、夕方に空から森に降りて来るはずだよなーと思い、この日は、どんな感じでサシバが降り立つのか興味があり夕方まで見学することにしました。

飛び立つ時のように、螺旋を描きながら降り立って来るのかな?と思っていたところ、どこからともなくほぼ垂直に降りて来るんですね。
ハヤブサが獲物を獲る時みたいな感じで、スーっと降りてきます。
群れを成す感じでもなく、バラバラに落ちて来ます。
そんな感じで降りて来るので、良く注意して見ないと気づかないと思います。
降りるとしばらくの間、杉の木のピークで休憩。

夕方、降り立ったサシバが3本の杉のピークに停まっていました、その左には飛んでいるサシバ、これだけの範囲に四羽とは、密度濃いですね。
明日は、南へ向けて飛び立つのでしょうか?

金御岳のサシバ
金御岳のサシバ


サシバの多く降り立った場所
サシバの多く降り立った場所


昨年の金御岳で確認されたサシバの渡りは2万羽超えでした、これから一週間程は多くの渡りが見られるものと思われます。
以前は10月10日頃が渡りのピークでしたが、今年はどうでしょうね?

サシバの見学場所・駐車場

金御岳サシバ見学概略マップ
見学場所 駐車場、駐車スペース(緑色)の位置など

サシバの一般的な見学場所は、サシバの館前にある駐車場のある広場です。
「サシバの館」前は、車も近くに置けるし、トイレもあるし、自販機、食堂(リーズン中など営業)などもありますし、それに今どこで飛んでいるか、サシバウォッチャーの皆さまの情報も立ちどころに得られて良いです。
午前中、駐車場が満車になることが多いです。サシバの館付近の駐車場が満車の場合には、サシバ林道側へ300m程のところにある駐車スペースを利用します。

金御岳への詳しいアクセスなどは、以下をご覧ください。
金御岳のサシバの渡り
続きを読む>>

宮崎市内街中でホタル見学(宮崎市本郷北方山崎川) 比較明合成写真

Posted morimori / 2019.05.21 Tuesday / 23:33


ホタルを見に行った。

場所は、宮崎市本郷北方を流れる「山崎川」(GoogleMap

市中心部からだと、220号を南下、源藤交差点を過ぎ、山椒茶屋の少し手前のところから降りて行ったところです。

この付近の「山崎川」は「川」というよりは、農業用水路といったイメージの川です。

普段、何度も通ったことのある所ですが、ホタルを見るのはじめてなので、暗くなる前に行き、歩いて川の周辺にある「山崎自然散歩道」を一周、下見をしました。

周りには建物や自販機などがあり、向うには国道220号の南バイパス、川と並行して横には道路(学園木花台本郷北方線)があり、通勤帰りと思しき車が行き来、頻繁に灯りに照らされたりする場所。

今までのホタル見学のイメージからすると、ここにホタル?と思うような場所でして、見るまでは半信半疑でした。

加えて、数日前の大雨で川はかなり増水したのでしょう、水辺の草は土手のかなり高いところまで倒れておりました。
ホタル流されなかったかなぁ?と心配していたのですが・・・

暗くなって来ると、一匹、一匹と飛び出しました。自分の近くまで飛んで来る・・感動!

山崎川の蛍(ホタル)
宮崎市山崎川のホタル〔多重露光合成(比較明合成 5秒×10枚)〕(橋の上より撮影)


上の写真、右上上空にある−−−−の軌跡は、宮崎空港に着陸する旅客機です。

以下は上の写真の蛍の部分拡大

山崎川の蛍(ホタル)部分拡大
宮崎市山崎川のホタル 〔多重露光合成(比較明合成 5秒×10枚)〕


私は、ホタルは、長時間露光で撮る主義なのですが、横を車が頻繁に行き交い、明かりが水路にも頻繁に入るこのロケーションで、長時間露光はリスキーと考え、やむなく「多重露光合成」(比較明合成)を前提に撮影、アプリで「作成」したものです。
50mmF1.4レンス開放でシャッタースピード5秒の写真を10枚重ね、長時間露光に似せた写真です。
比較明合成(コンポジット)については後半にも書いております。

既にここ山崎川のホタルのピークは過ぎているようで、今日(20時頃・約30分程)見た感じでは、延べ数十匹といった感じだったろうと思います。とはいえ、こんな街中で蛍を見る事が出来たのは大きな収穫、十分満足。
常日頃、ホタル生育に適した環境作り、保護活動をされてらっしゃる「本郷まちづくり推進委員会」や地域の方々に感謝。

本郷まちづくり推進委員会facebookによると、今年は600匹以上の乱舞が見られたとか。
来年はピークの頃に是非見てみたいものです。

関連リンク(外部リンク)
 本郷まちづくり推進委員会facebook
 美しい宮崎づくりfacebook
 「宮崎市ホタル保存会」によるホタル保存地区(PDF)
 
続きを読む>>

PAGE TOP