日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

国文祭芸文祭みやざき2020 宮崎県・宮崎県内各市町村のプログラム一覧

Posted morimori / 2019.06.21 Friday / 23:23


 第35回国民文化祭(国文祭)、第20回全国障害者芸術・文化祭(芸文祭)が来年2020年10月、宮崎県で開催されます。

全国規模の文化の祭典で、美術、盲楽や伝統芸能、食など本県の多様な芸術文化の魅力を再発見、県内外への発信が期待されます。

「国文祭芸文祭みやざき2020」概要

第35回国民文化祭(国文祭)、第20回全国障害者芸術・文化祭(芸文祭)ロコ
第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭ロゴ


大会名:第35 回国民文化祭・みやざき2020 第20 回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会

キャッチフレーズ山の幸 海の幸 いざ神話の源流へ
(宮崎県では神代の昔から豊かな山と海を、そこから育まれるいのちをいただいてまいりました。また、そのことに対する感謝の心が様々な文化として芽吹き、これまで脈々と継承されてきております。
このような素晴らしい宮崎に是非来ていただき、宮崎の魅力を体感してください。)

基本方針(テーマ)
〔1〕「神話の源流みやざき」の探究
はじまりを知り、継承、熟成されたみやざきの宝を堪能する。
〔2〕すべての県民が参画し、若い世代が輝く
すべての県民が大会へ参画するとともに、一体となったもてなしを行い、次代の文化活動を担う若者が躍動し地域の元気を牽引する。
〔3〕新しい出会いから始まる文化の創造
歴史を紡いだ本県の多種多様な民俗芸能や伝統芸能、文化事業を再認識・継承・発展させるとともに、地域や世代、ジャンルを超えた全国的
な文化交流により新たな文化を創造する。
〔4〕共に生きる 共に感じる 文化で紡ぐ共生社会
障がいのある人もない人も互いに人格と個性を尊重し合う共生社会を実現するとともに、新しいボーダレスな芸術文化を創造する。
〔5〕「ひなた」に育まれた食と暮らし そして世界へ
日本のひなた宮崎県の豊かな自然が育んだ農山漁村文化と食文化を全国へ、世界へと羽ばたかせる。

会期:2020年10月17日〜12月6日の51日間。

開幕までの主な動き(予定)

2019年

7月:市町村巡回広報スタート
10月:1年前イベント(宮崎市・県庁本館、県庁前楠並木通り)、イメージソング発表
11月:1年前イベント(宮崎市・イオンモール宮崎)、にいがた大会閉会式・引継式(新潟県)

2020年

4月:大会旗市町村巡回スタート、大会ガイドブック・パンフレット発行
5、6月:県実行委第5回総会
7月:100日前イベント
8、9月:PRイベント
10〜12月:133プロクラム

第35回国民文化祭(国文祭)、第20回全国障害者芸術・文化祭(芸文祭) ポスター


 
続きを読む>>

宮崎神宮、7月1日付で(現)鵜戸神宮宮司の本部雅裕宮司が就任。

Posted morimori / 2019.06.20 Thursday / 07:56


宮崎神宮の杉田秀清宮司(82)の退任に伴い、新宮司に、鵜戸神宮(日南市)の本部雅裕宮司(68)が7月1日付で就任。県護国神社宮司も務める。

本部宮司は新富町出身。国学院大卒。春日神社(新富町)、新田神社(同)宮司な
どを経て2008年3月から現職。16年4月からは県神社庁長も務めている。

鵜戸神宮宮司には、宮崎神宮の黒岩昭彦権宮司が7月1日何で就任とのことです。
情報元:6/20付宮崎日日新聞


宮崎神宮大祭にて
本部宮司(平成30年宮崎神宮大祭 本宮祭にて)
続きを読む>>

延岡の神楽まつり関連Webページ3つ作成

Posted morimori / 2019.06.18 Tuesday / 23:35


昨年度撮影した神楽の写真を順次整理の上、ページ化しております。

まずは、延岡市内で開催された、神楽まつり関連から着手。
以下の3つを作成しました。

延岡春日神社 御鎮座1300年式年大祭 延岡神楽奉納

延岡春日神社 御鎮座1300年式年大祭 延岡神楽奉納

延岡市鎮座、春日神社において、平成31年9月20日(土)・21日(日)、御鎮座1300年式年大祭がとり行われました。
延岡春日神社は、養老2年(718)創建と伝えられており、平成31年、ご鎮座1300年を迎えました。
大祭初日の9月20日は、午後1時〜午後9時まで、境内に設えられた神庭で延岡市内各地の神楽保存会、50名の舞手が、9時間にわたり23番の神楽を奉納しました。
 延岡春日神社 御鎮座1300年式年大祭 延岡神楽奉納(全5ページ) 6/18公開
続きを読む>>

PAGE TOP