日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

みな(しったか貝)の塩ゆで・食べ方

Posted morimori / 2016.11.07 Monday / 23:25


近所のスーパーの鮮魚コーナーに、北浦どれの「みな」が結構安いく出てたので、購入早速塩ゆでしていただいた。

磯の香りがたまりません。
みな(しったか貝) 

こちらでは「みな」と呼びますが、九州では全般的に「ニナ」?、他では「しったか貝」とも呼びますね。

今回の貝は、ほとんどは クボガイ属の「クマノコ貝」と思います。
 Wikipadia

写真左下側の大きい中央に穴がある貝は、別種で こちらでは、三角みなと呼ぶ、バテイラ(馬蹄螺)かと思います。

この種の貝は、市場に出回る際には、あまり一般的でない正式名ではなく、「みな」「にな」「しったか」などに代わるようです。

みな(しったか貝)の茹で方

軽く洗って、鍋で水から茹で、沸騰したら5分位です。
お湯に投入し茹でると、貝の中身が奥に引っみますので必ず水から茹でます。
アクが浮いたら適時、お玉でとります。
お酒を入れると柔らかくなるとか・・
私は何も入れません、そのまま単純に茹でます。

みな(しったか貝)の食べ方

竹串を、蓋(ふた)の隙間(図の位置)に差し、身を引き出しながら殻を回転させながら抜くと身が切れずに最後まで出てきます。

みな(しったか貝)の食べ方

蓋(ふた)が奥まで引っ込んでしまい、竹串では出てこない場合には、あらかじめ消毒したマチ針等で引き出すしかありません。(危ないので・・自己責任で)
 
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP