日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

「ISAワールドサーフィンゲームス」最終日@宮崎市木崎浜海岸

Posted morimori / 2019.09.15 Sunday / 23:11


宮崎県宮崎市木崎浜で行われていた、サーフィンの世界選手権「ISAワールドサーフィンゲームス」は、55カ国・地域から240人が出場、大会9日目の15日(日)は最終日、観戦してきました。

最終日の写真を少し掲載します。
逆光気味、撮影位置は、会場の一番左端。
(この位置は選手からは遠いけど、光線の具合(海の色乗り)選手の演技方向などを考え選んだ。)
結果的には、はるか遠方から600mm望遠レンズで撮ってさらにトリミングしているので、風によるしぶき、大気の揺らぎ、手ブレなども加わり、いまいちの画質です。雰囲気だけでもと・・


sfn_f01.jpg
ISAワールドサーフィンゲームスにて(12mm)


あちこちから大きな波、ホワイトウォーター入り乱れ押し寄せる、悪条件の中でも、そこは世界トップレベルランカー、華麗なライディングが披露されるたびに歓声が沸き起こっておりました。

この日は、期間中最多の約1万8千人が来場したとのことです。

MAN FINAL成績

1位 Italo Ferreira(BRA)17,77
2位 Kolohe Andino(USA)17,06
3位 Gabriel Medina(BRA)14,53
4位 村上舜(JPN)11,74

男子優勝はブラジル代表のイタロ・フェレイラ選手

この日行われた男子決勝で優勝したのはブラジル代表のイタロ・フェレイラ選手、豪快な「離れ業」、10点満点のライディングを見せるなど、完璧なライディング。難易度の高い技を次々と成功させ、見事、優勝を果たしました。

sfn_f04.jpg
イタロ・フェレイラ(ブラジル)
灯台は青島の灯台です。(600mm+トリミング)


sfn_f06.jpg
イタロ・フェレイラ(ブラジル)


sfn_f07.jpg
イタロ・フェレイラ(ブラジル)


実は、イタロ・フェレイラ選手、来日直前にパスポートを紛失、参加が危ぶまれていたようです。
宮崎空港に到着したのは、なんと自身がエントリーしているヒート開始の数分前、ボードなど荷物を受け取る暇もなく会場へ、ヒートは既にスタート半分を過ぎていた・・そこから前のヒートを終えたフィリッペ選手の板で出場。わずか3本だけのライディングで、ラウンド1を1位通過したのでした。

詳しくは以下の記事をご覧ください。
 奇跡のストーリー!パスポート紛失のイタロ・フェレイラ来日までの経緯(World Surf Travel)

あきらめなければ、運さえも引き寄せられるといった感じですね。
これ、ドラマになりそうなストーリーですよね。
昔、フジTV系で放送していた「アンビリバボー」とかでも取り上げられそう(^^;)

村上舜選手がアジア勢トップの4位、五輪出場に大きく近づく

日本勢では、敗者復活戦から村上舜選手が勝ち残り、決勝へ進出、アジア勢トップの4位(カッパーメダル)と健闘しました。
二年連続の4位、しかも今年はあの、レジェンド・キング ケーリー・スレーター(5位) より上なのですから、大きな自信となったのではないでしょうか。

sfn_f08.jpg
村上舜


sfn_f02.jpg
応援する日本選手たち


この大会は、東京オリンピックの代表選考に関わる大事な大会の1つで、村上舜選手は、五輪出場に大きく近づきました。

五輪は五十嵐カノアと村上舜?女子は松田詩野?

東京五輪出場の国・地域枠は最大2
出場要件は優先度の高い順に、
〔1〕プロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)で年間ランキング上位10人(各国3番手以下を除く)
〔2〕来年のWGで、既に〔1〕の要件を満たした選手を除く上位4人〔3〕今大会の大陸別最上位。

CT年間7位に付ける五十嵐カノアは〔1〕の出場が決定的で、来年大会で〔2〕の要件を満たす別の日本勢がいなければ、村上の五輪出場が確定する。

女子は、松田詩野が15位でアジア勢最上位となり、条件付きの東京五輪出場権を得ている。
来年のWGでの他の日本選手の結果次第で、出場の可否が決まる。


参考

2020年東京オリンピックの出場選考基準

以下はTHE SURF NEWS「サーフニュース」より一部引用
競技はメンズ、ウィメンズ共にショートボードのみで各20名、合計40名。
同じ国の選手はメンズ、ウィメンズ各2名が上限。(例外として3名まで)

まず、2019年及び2020年の『ISA World Surfing Games』参加が条件。

メンズ、ウィメンズ各1名はHost Country Place(開催国)として日本代表に確保されるため、「波乗りジャパン」は確実に男女1名ずつ参加出来る。
他国の選手は各19名の枠を争うことになる。

選考基準は優先順位の上位から
1.2019年のWSLワールドツアーのメンズトップ10とウィメンズトップ8。
2.2020年『ISA World Surfing Games』のメンズの上位4名とウィメンズの上位6名。
3.2019年『ISA World Surfing Games』、メンズの上位4名とウィメンズの上位4名(アフリカ・アジア・ヨーロッパ・オセアニアの男女トップ1名ずつ)
4.2019年『Pan American Games』のメンズ、ウィメンズ共にトップ。
5.開催国枠メンズ1名、ウィメンズ1名。

上記1〜4の選考で、日本人選手が男女各1名でも枠を獲得した場合、開催国枠は返上となり、2020年『ISA World Surfing Games』のランキングから他の国の選手が繰上げで選ばれる。つまり、日本代表は、最低で男女各1名、最大で男女各2名の出場となる。

 
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP