日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

高鍋町 染ヶ岡 「きゃべつ畑のひまわり」 撮影の経験則

Posted morimori / 2017.08.14 Monday / 22:41


今年は、12日・13日に開催された、高鍋町染ヶ岡の「きゃべつ畑のひまわり祭り」に行くことが出来なかったので、14日にひまわり見学に出かけました。

宮崎市を6時に出発、下道1時間弱で到着、7前頃から2時間程見て撮って来ました。

ひまわりは、満開ちょっと前といった感じでしょうか?
花は少し小ぶりに見えました、あと一週間もすれば、大きくなり大満開となるのかも知れません。
緑肥ですので、間もなくすきこまれるのでしょうが・・。

毎年、ひまわりの開花・状態 種々の状況で、どこからのアングルが良いか、悩みますが・・今年の一押しは 以下のアングルかなぁー

西側にある定番の花見台のところの農道を50m細北にいったところあたりです。
このあたりは、葉の虫食いが少ないので、良いです。
少し離れると結構虫に食われてますので、おそらく場所限定で害虫駆除しているのだろうと思います。

ここ染ヶ岡のひまわり撮影は、やはり1100万本という日本一のとてつもないスケール感を表現するのが一番かと思います。

普通に人の目線でカメラ構えて撮っても奥のスケール感が出ません。
3m位の位置にカメラを構えて撮ると、奥まで良い感じでとて撮れますのでオススメデス。

高鍋町染ヶ岡のひまわり 1



下の写真は、ハチが多く飛んでいたので、それを表現すべく撮った写真です。
ハチを撮る場合、数千分の一秒位で撮れるよう、ISO感度を調整します。
下記は ISO3200まで上げて歩留まりが良いよう絞り気味で撮りました。

高鍋町染ヶ岡のひまわり 2
続きを読む>>

お盆の入り ハスの花 湖水ヶ池(こみずがいけ)新富町

Posted morimori / 2017.08.13 Sunday / 23:35


8月13日は、お盆の入り、ということで、ハスの話題です。

新富町、国道10号線より数百メートル程東(海側)に入ったところに「湖水ヶ池」というところがあり、毎年、ハスの花が咲きます。

湖水ヶ池は、4000年前の縄文海退以降にできあがった海岸部の入り江が淡水化してできた池です。
夏は湖水ヶ池全体がハスの葉に覆われ、白色を中心に桃色も(まれに)交じり、結構大型な立派なハスの花が咲きます。

レンコンも収穫されるそうで、ここでとれたのレンコンは、細身で粘りがある糸引きレンコンとして人気の様です。

湖水ヶ池 (こみずが池)(新富町) 3

湖水ヶ池 (こみずが池)(新富町) 5

湖水ヶ池 (こみずが池)(新富町) 4
続きを読む>>

串間市 都井岬で蘇鉄(ソテツ)が大量に枯れる被害発生

Posted morimori / 2017.07.19 Wednesday / 23:00


都井岬の丘のかたへに蘇鉄見ゆ
ここは自生地の北限にて


都井岬の蘇鉄(ソテツ)
〜 都井岬の蘇鉄(ソテツ)自生地(過去に撮影した写真) 〜


昭和天皇が、皇后陛下と共に昭和54年(1979年)に都井岬を御行幸された最に詠まれた歌です。

都井岬の蘇鉄(ソテツ)は、昭和27年(1952年)には「都井岬のソテツ自生地」として国の天然記念物に指定されております。
自生する北限として学術的にも貴重なものです。

その都井岬で、今年の5月以降、約3500本植えられている「ソテツ」の1/3程で、葉が茶色に変色し枯れる被害が発生。
串間市は6月専門家に調査を依頼、カビの一種である糸状菌を確認、傷んだ葉のせん定と消毒作業を行っているようです。
特に、旧都井岬観光ホテル前広場は7月に入って、ほぼすべてのソテツに症状が広がっているとのことで、8月25日に開かれる都井岬火祭りまでに作業を終えたいとしています。
現在のところ、感染経路などは分かっておらず、せん定した葉を焼却処分し、当面経過を観察するようで、新芽が出てソテツが元の状態に回復するまでには数年かかるとみられているとのことです。

対処療法しか無いようで・・

以前は無かったのでしょうか・・
ソテツの葉が枯れているのは以前から見かけたりしましたが、要因は違うのでしょうかね。
続きを読む>>

PAGE TOP