日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

愛用コンパクトデジカメ「リコーGR」故障、修理費用1万5,290円也

Posted morimori / 2019.10.17 Thursday / 23:44


バックに入れ持ち歩き、出先でのスナップ、テーブルフォトに使用したり、自宅で小物の撮影などに愛用していた、コンパクトデジカメ「リコーGR」が故障、修理した話題です。

異色?マニアック?なデジカメ リコーGR

「究極のスナップシューター」としての撮影に特化した道具「GR」

リコーGR
〜 リコーGR 〜


このデジカメ「リコーGR」、2013年に発売開始されたもので、型は古いですが、レンズは35mmフィルム換算、28mm相当の開放(f2.8)からシャープに映る単焦点、しかもコンデジでは贅沢な APS-C 大型 CMOS センサー(ローパスフィルタレス)搭載、高感度にも割りと強く、星のタイムラプス撮影なども出来、カスタマイズ機能も充実、しかし手振れ補正は無し、といった、一風変わったマニアックなコンデジでして・・「はまれば」一眼レフ同等の良い写りをします。

デジカメ リコーGR


故障:カタカタ音・レンズ収納せず〜面真っ暗

半年位前から、オートフォーカスの際、内部より(ギアが噛み合わないような)カタカタと機械音がしたり、電源を切ってもレンズが収納されなくなることがしばしばありました。
電池を抜いて再挿入すると復活するし、このデジカメの使用頻度は少ないので、だましだまし使っておりました(^^;)。

先々月頃、さらに状態は悪くなった。
電源を入れても画面上は、真っ暗のまま、但し、シャッターボタン半押しすると作動音はしてシャッターを押すと次から正常になる。時折カタカタカタといった機械音が内部から発生するようになった。
流石にここまで来ると何らかの対応をするしかない・・。

「リコーGR掘廚鯒磴ν住擦睫気い掘Αγ羝鼎魯螢好ー

現行型の「リコーGR掘廚鮨靴燭帽愼する予算(価格コムだと最安価格(税込)\97,100円 )も無いし、かといって、GRの中古品(\3万5000円位)は、こういったトラブルを抱えている可能性もあり、二の足。

ということで、修理に出して使うことにした。

リコーイメージング株式会社修理サービスセンターへ発送修理依頼

以前、SONYのカメラを修理した際には、宮崎市内のSONY代理店経由で修理を行ったが、リコーの場合、ネットで調べると、各県にそういった店はなさそうで、リコーイメージング株式会社修理サービスセンターへ元払いで発送するようになっている。
修理費用があまりに高いと考え直す必要もあるので、見積もり回答を見てからの修理開始という条件で発送、依頼した。
5日程の後、リコーイメージング株式会社より、修理の見積もりFAXが送られてきた。

今回の修理囲見積もり価格は
返送宅配料込み 1万5,290円(10%税込)
とのこと。
レンズAFユニットとかそっくり交換すると3万円を超えるかも知れない?と、思っていたので、内心ほっとし、修理を依頼した。

チュウケイキバン交換・約一週間で修理完了

約一週間後、修理完了品がクロネコの宅急便で届いた。

修理内容
部品(中継基盤)交換。各部点検。
料金: 工料10,900円・部品代3,000円

症状(何かが引っ掛かったようなカタカタ音)からすると、メカ的な故障なのかな?と思っていたのですが、中継基盤(3,000円)の不良とは・・
基盤ってそうそう電気的に壊れるものでは無いと思うんですけどねぇ。
こういった修理は、技術料(工賃)が高いのがネック。時間あたりの単価いくらなのだろう?

使ってみると、なんとなくフォーカス合焦が早く、迷いが少なくなった印象。(プラセボ効果かも知れない)

余談:今まで、このカメラで使用していた SDHCカードは、CLASS10対応のカードでしたが、スピードの速いSDXCカード(今まで一眼カメラで使っていた、おさがり品 UHSクラス3 リード95MB/S/ライト60MB/S 128G)を使ってみたところ、撮影してすぐプレビューする場合のレスポンスがかなり改善、サクサク快適になった。ライト時間は重要ですね。
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP