日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

映画「復活の日」無料視聴|4月20日まで動画配信サイトGYAO!(ギャオ!)で見られます。

Posted morimori / 2020.04.13 Monday / 07:49


復活の日


「復活の日」は、小松左京の同名SF小説を原作に、深作欣二監督が映画化、1980年に公開されたSFスペクタクル。

アメリカ大陸縦断ロケや南極ロケを敢行、総製作費は25億円とも32億円ともいわれた。

復活の日
1982年の秋 人類は死滅した 南極大陸に863人の人間を残して


最近の新型コロナウイルス報道を見ていて、先日、昔、見たこの映画「復活の日」を思い出した。
原作が書かれたのは1964年(奇しくも東京オリンピックの年)、同作を原作に、(旧)角川春樹事務所とTBSの製作により、1980年6月に東宝系で公開されたSF映画。英題は“Virus”(ウイルス)

封切りの時、映画館で見ました。
その後、テレビでも放送され、当時、永久保存版にと、録画したビデオテープがまだ残してあったはす。(Bataだったかも?)
ジャニス・イアンの主題歌「ユー・アー・ラブ」も良いです。

おすすめします!

GYAOで期間限定公開

4月20日(月) 23:59まで、動画配信サイト「GYAO!(ギャオ!)」で見る事が出来ますので、是非ご覧頂きたいです。

復活の日(GYAO!)
再生時間:2時間36分16秒
配信期間:2020年4月7日(火)〜4月20日(月)23:59迄

公開当時は、SFでしかなかったが、今、あらためて見ると、医療崩壊や、イタリアでの感染爆発など、今の世界の状況と重なる部分もあり、身につまされる思いです。医療現場での土屋教授(緒形拳)の言葉も印象的。

(英)潜水艦からリモートで日本本土を偵察するシーン、40年前の映画に付、英語では「ドローン」ですが、日本語字幕は「偵察ヘリ」。今ならそのまま「ドローン」で通じるでしょうね。

感染者の出た(露)潜水艦が、クルーズ船と被る・・

一点疑問に思った事:この映画全体に言えることですが、マスクをしてないのは何故だろう?、呼吸器系から感染するものでは無いウイルスだったのかな?

いろいろツッコミどころもありますが、40年前の映画、CG無しで良く出来た映画だと思います。

(C)1980角川映画・東京放送
出演:草刈正雄 渡瀬恒彦 夏木勲 千葉真一 森田健作 永島敏行 ジョージ・ケネディ ステファニー・フォークナー オリヴィア・ハッセー
監督:深作欣二

あらすじ

1982年、東ドイツの研究所から猛毒ウィルスMM-88が盗まれた。ところが盗み出したスパイの乗った飛行機はアルプス山中で事故に遭い、ウィルスが蔓延した地球は、南極にわずかな人類を残して滅亡する。その生存者の一人、地震研究者吉住は、さらに大きな危険が近づいていることに気づく。

以下でも放送あります。
映画専門チャンネル「ムービープラス」
5月06日(水)6:00〜(164分)
5月11日(月)16:00〜(164分)
(ローカルな話題ですが・・「ムービープラス」は宮崎ケーブルテレビの標準契約でも見られます。)

是非、地上波TBS系列で放送して欲しいものです。


以下は Wikipadiaの「復活の日」より一部引用(あらすじは、ネタバレになるので映画をご覧になた後、読むと良いかも知れません。) 
 
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP