日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

あれから一年「2019 ISAワールドサーフィンゲームス」(木崎浜)

Posted morimori / 2020.09.15 Tuesday / 23:38



2019 ISAワールドサーフィンゲームスにて
2019 ISAワールドサーフィンゲームスにて


昨年、9月7日〜15日、宮崎市木崎浜で、サーフィンの世界選手権大会「ISAワールドサーフィンゲームス」が開催されましたが、早いもので一年が経ちました。少し当時の写真などを。

この世界大会、もし、今年だったらコロナで確実に中止or延期になっていた事でしょう。
コロナが無ければ、今年開催される予定だったオリンピックに「サーフィン」が加わり、各国、選考予選を兼ねた重要な大会でもあったのですが、オリンピックが1年延期となり、各国選手選考の状況も変わっているのかも知れません。

当時、今年とおなじように、9月初旬に2つの台風が日本へ来襲、開催が危ぶまれておりましたが、なんとか開催出来ました。

県がまとめた経済効果は 約15億9000万円、PR効果は 約84億5000万円となった。
参考まで、プロ野球 宮崎春季キャンプの経済効果は124億4400万円ですが、期間を考えれば凄い数字だと思います。

写真をいくつか掲載

パレード・オブ・ネイションズ動画

大会初日、開会式前、55ヵ国の国々が参加した「パレード・オブ・ネイションズ」を撮ったものをYoutubeに掲載したもの。

ISAワールドサーフィンゲームス パレード・オブ・ネイションズ
パレード・オブ・ネイションズ動画(4K)


男子優勝はブラジル代表のイタロ・フェレイラ選手

台風の影響で、あちこちから大きな波、ホワイトウォーター入り乱れ押し寄せる、悪条件の中でも、そこは世界トップレベルランカー、華麗なライディングが披露されるたびに歓声が沸き起こっておりました。
この日行われた男子決勝で優勝したのはブラジル代表のイタロ・フェレイラ選手、豪快な「離れ業」、10点満点のライディングを見せるなど、完璧なライディング。難易度の高い技を次々と成功させ、見事、優勝を果たしました。


sfn_f04.jpg
イタロ・フェレイラ(ブラジル)
灯台は青島の灯台です。


sfn_f07.jpg
イタロ・フェレイラ(ブラジル)

続きを読む>>

PAGE TOP