日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

尾八重神楽("米良山の神楽"の一つ)が11月27日-28日奉納されました

Posted morimori / 2021.11.29 Monday / 21:24


西都市 尾八重神社で11月27日〜28日「尾八重神楽」が奉納されました。
本年は、湯之片で神楽を始めて以来900年の記念すべき年との事。
案内を頂いていたので、前日までは行く気満々、車に防寒具やホッカイロ、カメラを積み、久々の夜神楽見学を楽しみにしていたのですが、土曜日夕方までには終わらせる予定だった用事が終わらず断念しました。

今日、以前撮った尾八重神楽の写真ファイルを見ていたところ、動画がいくつかありましたので、Youtubeにさわりだけアップしました。 

宿神(しゅくじん)



宿神(しゅくじん)
湯之片神社に祀られている石清水正八幡大明神の舞で、湯之片神社を創設した壱岐家が氏神として京都の石清水八幡宮から勧請した神である。
壱岐家が代々受け継いで舞う仕来りとなつている。
「露払い」(二名の神職)、「供揃え」(地舞を舞った二人の祝子)を従えて祓い詞を唱えながら登場し、御神庭の中央、闢開(びゃっかい)の下に敷かれた華(はな)茣蓙の上で、鬼神舞をゆつたりと厳かに舞う。
舞い手は、神面に宝冠、千早袴を着用し、後腰に舞幣二本を十文字に差す。前半はめん棒を手に、後半は右手に扇、左手にめん棒を持って舞った。供揃えは、毛頭に肩から赤棒を斜めに掛け、右手に鈴、左手に矢二本を持つ。「オシキ」の所作がある。神楽唄三つが唱えられ舞い伏す。なお、この番付が終わるまでは、神楽嚇子をしてはいけない決まりになっている。

「令和二年三月 米良山の神楽 調査報告書」
(西米良村教育員会・西都市教育委員会・木城町教育員会)著より一部抜粋引用

フラッシュの使用は控えましょう。
この動画を見ていて感じましたが・・夜神楽(神事芸能)でのフラッシュ使用は、厳かな場の雰囲気を乱しますし、他の見学者にとっても迷惑な行為だと思います。使用は控えたいものです。
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP