日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベルを1に引き下げ、登山道は規制継続

Posted morimori / 2019.01.18 Friday / 19:06


新燃岳の噴火警戒レベルが1 活火山であることに留意に引き下げられました。

以下は気象庁発表

霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベルを1へ引下げ

気象庁 報道発表日 平成31年1月18日

概要
 霧島山(新燃岳)では、新燃岳火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められません。

本文
 霧島山(新燃岳)では、平成30年6月28日以降、噴火は観測されていません。新燃岳火口直下を震源とする火山性地震は、平成30年11月中旬以降少ない状態で経過するなど、火山活動の低下した状態が続いていることから、本日(18日)11時00分に、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げました。

霧島山(新燃岳)は、活火山であることから、今後も火口内に影響する程度の噴出現象が突発的に発生する可能性がありますので、火口内や近傍では火山ガスや火山灰の噴出に注意してください。


 報道発表 
 解説資料(PDF)
 新燃岳の火山観測データー

以下は、2018年3月の噴火で新燃岳火口からあふれ流れ出た溶岩です。(鹿児島県側の県道1号沿い新湯展望台で昨年6月に撮影したもの。)

新燃岳の溶岩
新燃岳の溶岩(新湯展望台より撮影)

  
続きを読む>>

「足湯の駅えびの高原」「りんどう」2つの観光施設が4月から休業

Posted morimori / 2019.01.17 Thursday / 23:42


足湯の駅 えびの高原

宮交ショップアンドレストランが運営する「えびの高原」の観光施設「足湯の駅えびの高原」「りんどう」が、今年4月から休業するとのことです。

えびの高原マップ

新燃岳と硫黄山噴火の影響を受け収益が悪化、足湯の駅えびの高原の収入は、2013年からの5年間で4割近く落ち込んで赤字が続いていたようです。

NHK宮崎放送によると、" 宮交ショップアンドレストランは「えびの高原は宮崎交通を創業した岩切章太郎が開発した重要な観光地と考え、経営努力を続けてきたが、大変厳しい状況で苦渋の決断だ」と話しています。"とのことでした。

えびの高原 硫黄山
えびの高原 硫黄山


いつ突然噴火するやも知れない、1キロ規制で小林市からの県道1号も閉鎖された現状では、客足が遠のくのは致し方ないこと、規制が長期化すれば、何いずれどこかの時点で判断しなければならない時が来るとは思っていましたが・・実際その時が来たのかと思うと、なんだか寂しいです。

韓国岳へのメイン登山道が使えないのも大きいです。
池巡り探勝路も、周回出来ず、折り返しになってしまいますし・・・。

 最近の火山性地震の回数など(気象庁)
  

 
続きを読む>>

11/3 えびの高原硫黄山で火山性地震が一日106回(その後減少)

Posted morimori / 2018.11.04 Sunday / 07:30


【 追記 】
えびの高原 硫黄山周辺では、11月3日、火山性地震が一日で106回を記録しましたが、11/4は38回、11/5は29回、11/6は21回、11/7は12回 と減少しています。
えびの高原 硫黄山周辺火山性地震の推移
10/31 25回、11/1 24回、11/2 35回、11/3 106回、11/4 38回、11/5 29回、11/6 21回、11/7 12回※いずれも速報値

11月7日 ライブ配信カメラ(UMK)スクリーンショット
11/7朝現在、硫黄山の噴煙・手前の噴気、それ程高く上がってないようです。

/ 追記おわり 


えびの高原 硫黄山付近では、昨日11/3(土) 午前10時頃から「火山性地震」が増加、午後10時までに100回発生。火山性地震が一日で100回を超えたのは、硫黄山が250年ぶりに噴火した4月19日、前々日の4/17(104回)以来です。

地下のマグマや水蒸気の動きを示す「火山性微動」は、10月31日以降、観測されていない。

以下は今年4月19日、250年ぶりに噴火した硫黄山2018年4月 硫黄山噴火
硫黄山4月19日の噴火(気象庁カメラ映像)


2018年 10月19日、4月の噴火から半年ということで、宮崎日日新聞新聞に「硫黄山噴火半年」という記事があり
その中で、硫黄山の調査を続けている 九州大地震火山観測研究センター(長崎県島原市)の松島健准教授のお話が掲載されていたので、引用します。
山(硫黄山)は、8月から10月にかけて約2センチ隆起した。
地下の熱水だまりから地表へと続く割れ目の一部が詰まるなどして噴気が通りにくくなり、熱水だまりが膨張していることが要因の一つとして考えられる。
 
引き続き水蒸気噴火を起こす可能性はあるが、現在の状況では警戒範囲の1キロを超えて噴石が飛散するなど規制の範囲外にまで危険が及ぶことは考えづらい。仮にマグマ噴火に発展する場合は、火山性地震や火山ガスの増加などの予兆がある

気象庁は山から1Kmの範囲に影響を及ぼす「ごく小規模な噴火の可能性がある」と警戒を呼び掛けています。

えびの高原、霧島方面へ紅葉見学など、予定されている方は、気象庁のサイト えびのエコミュージアムセンターの情報などで、新燃岳含め、最新の活動状況をチェックしておいた方が良いです。

「噴火予知は道半ば」であることも認識しておくべきです。

  
続きを読む>>

PAGE TOP