日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

今回の、新燃岳噴火 火山灰に新たに供給されたマグマ

Posted morimori / 2017.10.17 Tuesday / 23:08


今日も、新燃岳関連の記事です。

新たに供給されたマグマ / 産業技術総合研究所発表

産業技術総合研究所 地質調査総合センターは、新燃岳噴火の火山灰を解析、新たなマグマが含まれていることを発表しました。

 霧島山新燃岳2017年噴火 産総研・地質調査総合センターによる調査結果

2017年10月11日霧島山新燃岳噴出物に含まれる粒子のうち、ガラス光沢のある暗色粒子の一部は、新たに供給されたマグマだと考えられる。

2011年のマグマ噴火、それ以上の噴火も視野に入れ、今後の火山活動を注視する必要がありそうです。



気象庁 火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報 第22号
 要点

火山名 霧島山(新燃岳) 火山の状況に関する解説情報 第22号
平成29年10月17日16時00分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台

より、新燃岳の現在の状況 要点ピックアップ

  • 10月14日15時05分から継続していた新燃岳の連続噴火は、本日(17日)00時30分頃に停止、その後、噴火は観測されていない。
  • 火山性地震は、昨日(16日)に324回と多かったが、本日は15時までに22回にとどまっている。
  • 火山性微動は、11日17時16分から16日18時55分頃まで継続、その後も時々発生。
  • 地殻変動観測では、新燃岳の明瞭な山体膨張を示す傾斜変動は認められない。
  • えびの岳付近(硫黄山の南西3km付近)の地震は、15日以降、観測されていない。
    (この付近は、2011年の新燃岳の噴火でマグマを供給したと推定される領域)

以上 現在の状況部分より抜粋。
以上を見る限りでは、収束の方向に向かっているように見えますが、活発な火山活動は続いているのは変わりません。

噴火が止まった」は、今は一時的に止まっているだけ、まだ火山性微動がありますし、再び噴火する可能性があると、考えておくべきでしょうね。

 火山に関する発表状況(気象庁)

登山出来た頃の新燃岳(獅子戸岳中腹より撮影)
〜 登山出来た頃の新燃岳(獅子戸岳中腹より2005年撮影)〜
続きを読む>>

「死都日本」 石黒耀 10年以上前のブログ記事再掲

Posted morimori / 2017.10.16 Monday / 23:32


オススメの本「死都日本」 石黒耀

霧島連山(画像加工)

下記は、10年以上前、2005/06/24 (金)に書いたブログ記事の再掲です。
「死都日本」はフィクションではありますが、ここのところ「新燃岳」「硫黄山」と霧島の火山が活発に活動しており、おりしも小説同様、選挙も重なっております。
読書の秋、意外に知らない火山、良く出来たストーリー、特に、宮崎・鹿児島にお住まいの方は読んでおきたい一冊です。

作者の 石黒耀(いしぐろあきら)氏は、宮崎医科大学に在学しておりました、宮崎在住した経験のある作者ならではの描写、馴染み深い土地名や、姓も出てきます。

それでは、2005/06/24 (金)に書いたブログ記事より転載



死都日本(にっぽん)」石黒耀(講談社)を読んだ。

出版年 : 2002.9 
ページ数等 :520P
ISBN : 4-06-211366-X

霧島連山 夕景


 発売されて数年、今更ながらという感もありますが、タイトルと大まかなストーリーだけは知っていたものの、読む機会がなかった訳ですが、先日来霧島山へ登り、火山を眺めていて、霧島の大噴火を扱ったこの小説が読みたくなり、先日、宮崎市の図書館で借りて来ました。

この本は未だに大人気のようで、予約してやっと借りれた次第、良かったので、その後、文庫本を購入しました。

 プロローグは、ローマ帝国ヘルクラネウムの悲劇、西暦79年火山の噴火から始まる。
この数ページのプロローグだけを読んだだけでもこの本に引き付けられてしまう描写は流石だ。

 日本列島全体で1万年に一度程度しか起きないはずの巨大噴火が、現実に霧島火山帯一帯で起きてしまう。

御鉢


霧島山は単に加久藤カルデラの一遍、一部の火山にしか過ぎない。

加久藤カルデラ
〜 [加久藤カルデラ]写真をクリックすると1600pixに拡大  〜


主人公らが、霧島から田野〜大戸野を超え、220号線〜鵜戸〜日南へと火砕流を逃れながら逃げ延びて来るというストーリーは場所、地名を良く知っているところという事もあり、手に汗握る大迫力。(このルートあたりです。
 精密にシミュレートした自然災害をテーマとした近未来長編小説は実にリアリティーあふれるものとなっている。

御鉢


プロローグ
|第1章 蠢動 |第2章 K作戦 |第3章 水蒸気爆発
|第4章 噴火 |第5章 恐怖の大王 |第6章 黄泉
|第7章 彷徨 |第8章 脱出 |第9章 ラハール |第10章 真理 |第11章 神の手
エピローグ

このストーリーは「古事記(日向神話)」と「ヨハネの黙示録」を重ねている事も更に興味深いものとなっております。

ベイエフエムの石黒耀氏のインタビュー記事で興味深いコメントがあります。
例えば、イザナミが火の神様を産んだときに死んでしまって黄泉の国に行くというエピソードも、火山の噴火でイザナミが山の母体と考えたら、噴火したことによって母体である山が無くなってしまう=死という解釈であったり、その黄泉の国に迎えに行ったイザナキが逃げてイザナミが追っかけて来た時というのが火砕流だったりとか、そのように考えていくと、つじつまが合うんですね。改めて古事記を読み直してみたりしているんですが、やはり日本の大昔にも、この小説に描かれているほどの災害があったんですね?

小説での登場人物の名前も興味深い。
黒木、岩切、日高、等、宮崎ではポピュラーな姓、随所に出て来る宮崎の“お国ことば”を含め、石黒耀氏はかなり宮崎を熟知しているな〜と思ってネットの百科事典ウィキペディアで石黒耀氏について少し調べてみると・・ なるほど、なるほど、宮崎で過ごされた時代があったのですね。どうりて詳しい訳だ。
 石黒耀(いしぐろあきら 1954年 - )は、作家・内科医。ペンネームは黒曜石からとったものである。 小・中・高と広島県で育つ。宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)卒。現在は大阪府で内科勤務医をしている。
少年時代より火山に魅了され、霧島噴火を扱った処女作『死都日本』でメフィスト賞を受賞した。
続きを読む>>

新燃岳の警戒区域 2Km→3km 霧島の登山道ほぼ入山不可 韓国岳・大浪池も

Posted morimori / 2017.10.15 Sunday / 23:31


気象庁は10/15 19:00、、噴火警戒レベル3(入山規制)を維持したまま、大きな噴石や火砕流に警戒が必要な範囲を火口の半径おおむね2Kmから、おおおむね3Kmに拡大。
13日、1日1400トンだった火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は15日に1万1千トンに急増。火山性微動も続いており、今後さらに噴火活動が活発になる可能性があるという。

新燃岳 気象庁韓国岳設置カメラより

10月15日の朝から、えびの高原の えびのエコミュージアムセンター駐車場において、高濃度の二酸化硫黄ガスを検出した。
駐車場付近で簡易測定で7.4ppm
(アイススケート場付近で同8ppmを検出。後日の宮崎日日新聞記事)
(池巡り探勝路を歩いて来た登山者の中には喉の痛みを感じる人も、後日のNHK宮崎ニュース)
新燃岳から発生した火山ガスが、風に乗って流れてきているようです。
えびの高原一帯は窪地ですので、ガスも滞留しやすいのかも知れません。

「えびのエコミュージアムセンター」は、午前11時前に臨時休館、駐車場も閉鎖したようです。

宮崎県サイトより引用

二酸化硫黄ガスの特徴
二酸化硫黄ガスは、5ppm程で強い刺激臭がして、10〜20ppmの濃度で、目がちかちかしたり、咳き込みなどの症状が出ます。
二酸化硫黄ガスを含む火山ガスは、水にとけやすい特徴があります。刺激臭を感じた場合は、ハンカチやタオルを水に湿らせ、鼻や口に当ててください。
400〜500ppmで生命に危険があると言われていますが、ぜんそくや心臓病等の持病のある高感受性の方は、低濃度でも発作を起こし、死に至る可能性がありますので特に注意してください

(参考:「火山ガス災害」平林順一氏)


新燃岳の警戒範囲が3kmに広がったことによる新たな道路交通規制
鹿児島 県道104号線(霧島公園小林線)の一部(新湯三叉路〜高千穂河原)
新たな登山道規制
宮崎県境登山口〜大浪池〜韓国岳
高千穂河原ビジターセンター〜中岳探勝路

2017/10/15 規制図  道路・登山道の規制図(鹿児島県サイト内PDF)

新湯温泉 霧島新燃荘 国民宿舎みやま荘の宿泊客及び従業員は、警戒域拡大当日の内に全員避難したとのこと。

【追記】15日、1万1000トンを観測した新燃岳の火山ガス放出量は、16日は500トンにまで減少。
えびの高原の二酸化硫黄ガスも 16日午前11時の計測では1.4ppmと濃度は低下、しかし風向きによっては急に火山ガスの濃度が高まることも考えられるとして、えびのエコミュージアムセンターは、16日も休館。センターの前にある駐車場は開放の処置がとられました。
16日午後2時に、県道1号線、小林えびの高原牧園線の小林市南西方の料金所跡からえびの市原田の展望所までの約8キロの区間において、積灰によるスリップの恐れがある為、通行止めにしました。(延長)
続きを読む>>

PAGE TOP