日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

小林市の農場、新燃岳火山灰付着で200トン余りのホウレンソウを廃棄

Posted morimori / 2018.03.13 Tuesday / 23:16


【新燃岳関連情報追記】
New3月15日 11:00AM 気象庁は新燃岳について、噴火警戒レベル3を維持のまま、警戒範囲を「4キロ」から「概ね3キロ」に縮小。「御鉢」はレベル1へ引き下げると発表しました。/ 追記おわり


新燃岳の噴火に伴う火山灰の影響で、小林市特産のホウレンソウの一部が出荷できない状況のようで、地元のNHKニュースで、報道されていた。

その農場では、取引先の一部の加工会社は、ホウレンソウの一部に灰が付着していたことを理由に、先週から取り引きを中断、200トン余りのホウレンソウを出荷できず、廃棄することになりそうだということのこと。

洗えば食べられるものを 廃棄とは・・・

洗う


一部でもいいから、一般向けに直売出来ないものでしょうか?
冷凍加工用に作ったホウレンソウとのこと、契約規定等制約があり、急に販路を代えるのは、流通・取引的にも困難なのかも知れませんが・・・

例えば、小林市は、野尻町で18日に予定され、中止になったイベント(特産品販売まつり)などの代替イベント企画を考え、一般家庭なら洗えば十分使える野菜について産直販売を出来ないものでしょうかね。

18日中止になった特産品販売まつりの主催者は「来場者の安全を最優先に考え中止」としたようですが、イベント開催地から新燃岳まで20Kmも距離ありますし、開催地への影響はあまりないような気もしますが、新燃岳近くからの来場者のアクセスなどのことを考えてということなのでしょうか。

裏目に「20km離れている野尻でも安全じゃないのか?」という見方をされなれば良いのですが・・。

洗えって食べられるのであれば、こういった企画があれば、交通費かかろうとも私は買いに行きたい。

ホウレンソウは卵とベーコンと炒めるとうまい!

新燃岳は、爆発的噴火は少なくなりましたが、依然、小規模なガス抜きみたいな単発噴火を繰り返していて、宮崎市でも今朝、車に火山灰が付着しておりました。
夕方には火山灰は無かったので、昨夜の噴火で流れてきたのだろうと思います。

この状態は、しばらく続きそうで、長引くにつれ、さらなる農作物等への影響、観光面など経済への影響が気になります。
 
続きを読む>>

PAGE TOP