日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

西都市にある「稚児ヶ池」で古代のハス「大賀蓮(オオガハス)」が開花

Posted morimori / 2018.08.31 Friday / 23:49


「世界最古の花」

西都市にある「稚児ヶ池」で今年も古代ハス「大賀蓮(オオガハス)」が8月30日開花しました。

昨年は、6月より8月下旬にかけ、25個程の開花が確認されているようですが、今年は蕾が出来ず、これがおそらく今年最初で最後となるようです。

31日 朝8時頃
(200mmレンズだとこの位です。以降の写真はトリミング拡大)
西都市稚児ヶ池の大賀蓮 1
西都市にある「稚児ヶ池」の古代ハス「大賀蓮」



西都市稚児ヶ池の大賀蓮 2
西都市にある「稚児ヶ池」の古代ハス「大賀蓮」


1951年(昭和26年)千葉市内、落合遺跡の地下約6mの泥炭層(でいたんそう)から3粒のハスの実が発掘されました。
植物学者、大賀一郎博士は、発掘されたこの3粒の中より1粒の発芽育成に成功、翌年に開花、「大賀ハス(おおがハス)」と命名。

ハスの実の上方層で発掘された丸木舟を放射性炭素年代測定した所、約3000年前との結果が出ました。
従って、発掘された「大賀ハス」は2000年〜3000年前(弥生時代以前)と推測されております。

稚児ヶ池の大賀ハスは、千葉市から2010年に大賀ハスの根4本を譲り受けたものです。

「大賀蓮」について、詳しくはWikipadiaをご覧ください。

写真だけ見れば、「普通のハスじゃん!」と言われそうなのですが(^^;)
太古の地層から生まれたハスが、ここ、古の地西都原で花咲く!

ロマンですよロマン!

4日間で散ってしまうらしい。
朝に咲いて、昼過ぎ頃に閉じます。

朝早く行くつもりでしたが、寝過ごし、8時頃現着
ハスは開ききってました。 残念(--;)

しかも、このハスの花、陸から一番奥(5m程?)の所に咲いているので、70-200ズーム持参しましたが遠い・・しかもアングルは限定的。
 
続きを読む>>

PAGE TOP