日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

令和2年度「神話のふるさと県民大学」神楽公演「椎葉神楽(嶽之枝尾神楽)」を見学

Posted morimori / 2020.10.31 Saturday / 23:22


嶽之枝尾神楽(公演会場:宮崎県総合博物館 民家園)
嶽之枝尾神楽(公演会場:宮崎県総合博物館 民家園)


今日は、宮崎県の令和2年度「神話のふるさと県民大学」での神楽公演「椎葉神楽(嶽之枝尾たけのえだお神楽)」を宮崎県総合博物館の民家園で見学して来ました。
2020年度「ふるさと県民大学」 第1回神楽公演
椎葉(嶽之枝尾)神楽公演
場所:宮崎県総合博物館民家園、特別展示室(本館2階)
日時:10月31日(土)13時30分〜16時30分


このブログでは、神楽の写真は各番付一枚だけ掲載、下段にリンク記載した、WebPageの方に多くの写真を掲載しております。

今回は、チェックリストの提出(事前予約で送付された入場券に記載)、入場時の検温、限定席数、全員マスク着用など新型コロナウイルス感染拡大防止を行った上での開催となりました。

しいば神楽について

(当日頂いた資料より)
現在、村内二十六地区で継承されている。全地区の神楽が「舞」や飾り方等が異なっており、その特異性が注目され、平成三年に狡罵嫂棲抬瓩箸靴董国指定の伝統無形文化財の認定を受け、神楽保存会連合会を組織して村をあげて取り組んでいる。

嶽之枝尾たけのえだお神楽」は嶽之枝尾神社の例祭として毎年十二月の第一土、日曜日に奉納されている。
昔は平祭り (十六番) を神社で行い、三年に一度、民家を借りて注連しめの大祭(三十三番)を行っていたが、五十年前に神社の舞殿を改築して以来、毎年注連の大祭を行っている。
神楽は、内神屋うちこうや外神屋そとこうやを設け、舞は数少ない八調子で、太鼓が激しく、舞が静かなことが特徴である。特に「宿借やどかり」、「注連引鬼神しめひききじん」等、他に類例のない舞が多いことでも注目を受けている。
続きを読む>>

PAGE TOP