日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

宮崎神宮 参道の灯篭(とうろう)

Posted morimori / 2017.05.18 Thursday / 23:00


宮崎神宮 参道の灯篭 1
〜 宮崎神宮 参道 この時期は新緑が美しい 〜


「神武天皇二千六百年記念事業」で、灯籠50基を設置

宮崎神宮の表参道に、この4月、灯籠50基が新たに設置されました。

宮崎神宮 参道の灯篭 2
〜 宮崎神宮 参道の灯篭 〜


宮崎神宮は、神日本磐余彦天皇(カムヤマトヒワレヒコノスメラミコト)後の第一代天皇「神武天皇」を主御祭神として祀ります。
昨年は「神武天皇」の崩御2600年でした。
この灯篭は、「神武天皇二千六百年記念事業」で計画・準備をすすめてきたものです。

神門の閉門時間に留意

参道途中にある「神門」は夜間閉門となります。
開門時間:年間を通じ5:30
閉門時間:10月〜4月 17:30、5月〜9月 18:30

この時期だと、神門は18:30に閉まります。
灯篭自体は、神門の前ですので、神門が閉まっていても、灯篭自体は見ることが出来るのですが、写真的には・・やはり神門が空いて拝殿が見える状態が良いだろうと思いますし・・情報まで。
 
続きを読む>>

八幡クス(清武の大クス)の新緑 / 船引神社(宮崎市清武町鎮座)

Posted morimori / 2017.05.06 Saturday / 23:23


ちょうどこの時期、クスの木の新緑が美しい。
宮崎県最大のクスの木「八幡クス(清武の大クス)」がある、宮崎市清武町鎮座「船引神社」へ出かけた。

八幡クス(国指定天然記念物昭和26年6月9日指定)(清武の大クス)

船引神社を守るように、本殿背後に立つ八幡クス(清武の大クス)は、根廻り18m、目通り12,25m、高さ35m、枝張り東西33m、南北27mの宮崎県下最大のクス。
樹齢約900年と推定されるとか・・。
本幹は地上8m程まで空洞となり、その底部は5畳敷ほどの広さがある。

八幡クス(清武の大クス)新緑
〜 八幡クス(清武の大クス)新緑 〜



八幡クス(清武の大クス)
〜 八幡クス(清武の大クス)※ISO 25,600設定で撮影 〜
続きを読む>>

宮崎の神楽本の紹介「みやざきの神楽ガイド」その歴史と特色

Posted morimori / 2017.04.27 Thursday / 21:02


宮崎の神楽本の紹介です。

先日、地元の「鉱脈社」より「みやざきの神楽ガイド」/ みやざきの神楽魅力発信委員会編 が発売になりましたので、近くの書店で購入してきました。

 定価 \1,500円(税別)

宮崎の神楽を世界遺産へ

 〜宮崎の神楽ガイド決定版〜
神楽の歴史から、宮崎の神楽の特色 宮崎の神楽の舞台と演目、その周辺まで
的確な解説と豊富な写真・図版で案内。

kagura_book.jpg
写真撮る際、影があったようで、手前がシミみたいに見えちゃってます。ご勘弁を(^^;)

昨シーズン、村所神楽高鍋神楽(六社連合大神事)でお会いした、前田博仁先生が多くの項目で執筆されておりました。
ほとんどの写真は前田博仁先生が撮影されたものではないかと思います。
決して芸術的ではない学術的スナップ写真ですが(^^;)、あまり知られて無い県内の神楽の写真なども数多く掲載され、大変興味深く拝見しました。写真を見るだけでも十分楽しめます。

「神楽」は一度も見たことないけど、興味ある、って方でも読みやすいと思います。
むしろそういった方をターゲットにした本かと思います。

神楽鈴
〜 神楽鈴 平成28年度 村所神楽にて 〜


神楽見学のマナー 139P 「ストロボは控える」に同感

神楽見学のマナーの項目の、「カメラ・ビデオの撮影」についての項目で、ストロボ(フラッシュ・スピードライト撮影)について記載があったのでに引用します。
文:田尻 隆介さん(高千穂町文化財保存調査員、中央公民館長)
 三脚を使用しない撮影は、特に規制はないようであるが、神事芸能であり、ストロボ撮影は舞に支障をきたすこともあるので、控えるべきであろう。/引用おわり

夜神楽でのフラッシュの発光は、場の雰囲気を乱しますし、他の見学者にとっても迷惑な行為だと思います。
神楽好き・写真を撮る者として、近年、そんなことを感じており、自分への戒めの意味もこめ一部引用させていただきました。


七輪 村所神楽にて
〜 七輪 平成28年度 村所神楽にて 〜

   
続きを読む>>

PAGE TOP