日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力なり、写真など交え日々更新目標 By MORIMORI

【撮影記】高千穂峡ライトアップ(灯篭無しバージョン)

Posted morimori / 2018.11.10 Saturday / 23:55


日之影町で、日之影町神楽まつりを見学後、高千穂峡のライトアップ見学に来ました。

高千穂峡 ライトアップ
高千穂峡ライトアップ(灯籠無し期間)


もう少し明るい内に来たかったのですが・・暮れるのが速く

神楽見学を終え、すぐ出発したのですが、高千穂峡に到着した頃には、辺りは真っ暗(--;)
この暗さでは、HDR処理をしても水面や空が写りません。
晴天・無風状態で、こういった撮影には良い気象条件だっただけに残念。

夏期間(今年は7月14日〜9月17日でした)だと、「神都高千穂 神あかり」と称して、遊歩道に竹灯籠などを設置しているのですが、現在は期間外、真名井の滝とその対岸などの一部をLED照明でライトアップしているだけです。
 
続きを読む>>

【撮影記】高千穂の雲海出ず。国見ヶ丘にて紅葉と日の出

Posted morimori / 2018.11.10 Saturday / 23:37


今回、二日連続「高千穂の雲海」見学に挑戦・・その一回目報告です。

椎葉村を後に、五ヶ瀬町経由で、高千穂の雲海見学の名所「国見ヶ丘」を目指した。
途中、椎葉村の紅葉の名所「仲塔(なかとう)渓谷」を通過、丁度紅葉している頃だろうが、夜があけておらず何も見えない・・残念。

椎葉から五ヶ瀬町へ抜ける国道265号では、一部狭い区間があるので、暗い内の移動は心配でしたが、結果的には早朝という事もあり、対向車は1台だけ、前照灯の明かりで対向車が来るのを日中より事前に察知出来るので、精神的にも随分楽でした。

五ヶ瀬町、鞍岡を通過すると頃には、夜も明けてきて、右手の「祇園山」が紅葉で染まっているのが見えた。
車を停めて、じっくり写真を撮りたいのは山々ですが、日の出に間に合わなくなるので通過、今日は冷え込んでいて、外気温は4℃。
五ヶ瀬町ではところどころ、霧が出ているを確認、高千穂町でも出ていると良いのだが・・・。

高千穂町まで来た。
空を見上げると、残念ながら「青空」、この青空では、国見ヶ丘に登っても雲海は望めないことは明白ですが、青空な分、綺麗な日の出は見られると思ったので車を走らせた。

なんとか、日の出前には、国見ヶ丘駐車場に到着、メインの駐車場はほぼ満車状態、駐車スペースを探す車で駐車場入口が滞り、道路では、渋滞が発生し始めていた。
当方は、駐車場を横切り、さらの坂を50m程登ったところにある、中畑神社遥拝宮の前にある広場へと車を進めた。

国見ヶ丘周辺概略マップ

一応、駐車場という案内板は出ているもののこここは殆んど知られてないので、広場に車は無し。

ここから、山門をくぐり、石段を歩いて、1分程のところにある展望東屋へと向かった。 おそらくこの東屋あたりが国見ヶ丘の最高点(551m)では無いかと。

ここは、国見ヶ丘が見学者で大混雑しているときでも、殆んど人は訪れず、ゆっくりのんびりできる私のお気に入りスポット。

今日は、雲海は無し、カメラを準備していると、東のの稜線から日が昇って来た。
大分からの、カメラ女子、いい写真は撮れただろうか?

高千穂 国見ヶ丘にて 日の出


高千穂 国見ヶ丘 にて
 
続きを読む>>

【撮影記】椎葉平家まつり「鶴富姫法楽祭」鶴富屋敷

Posted morimori / 2018.11.09 Friday / 23:58


11月9日(金)・10日(土)・11日(日)の三日間、椎葉村で「椎葉平家まつり」が開催された。
何度も行った事があるが、今年は、土・日は他の見学予定があるので、初日の夜に行われる「鶴富姫法楽祭」だけ撮影に行くことにした。

この日撮影した写真は、 WebPageに掲載しておりますのでご覧ください。
このブログでは撮影裏話などを中心に。

鶴富姫は、18時頃に鶴富屋敷を出発するので、少し前に行き、今日の撮影場所を検討。
今回は、12-24mmの超ワイドズームレンズを使用して、鶴富屋敷の前を通過するところを撮影することにした。
鶴富屋敷の縁側にスタッフが一名いるのがネックだが、しかたないかと・・。

撮影場所  GoogleMap

椎葉平家まつり2018 「鶴富姫法楽祭」 1

甲冑をまとった源氏方の侍二名が、鶴富姫を迎えに来た。

椎葉平家まつり2018 「鶴富姫法楽祭」 2

鶴富姫が、屋敷から出て来た。
ほんとは、もう少し暮れる前の空だと良い感じになるのですが・・・残念。

椎葉平家まつり2018 「鶴富姫法楽祭」 3
続きを読む>>

PAGE TOP