日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI

「みやざきシーサイド芸術花火2020」を荒平山森林公園駐車場から撮影

Posted morimori / 2020.11.28 Saturday / 23:46


「みやざきシーサイド芸術花火2020」(開催委員会主催)が宮崎市のみやざき臨海公園で開かれた。

(約4500人が来場、約1万3000発の花火が打ち上げられたようです。)

花火は大好きなので、宮崎の芸術花火の前身となる「水平線の花火と音楽」は全7回見に行きました。
その後、「みやざきシーサイド芸術花火のQUEEN花火」にも行きましたが、今年は、新型コロナ感染症の事もあるし(年だし、感染が怖い)、それに、今年はすべて椅子席で、花火のもう一つの楽しみ、芝席で飲んだり食べたりが出来ないので、今回はパスしました。

あきらめていたのですが、夕方になると、そわそわ、花火見たい衝動にかられまして・・(^^)
天気が良く空気もかなり澄んでいて双石山(ぼろいしやま)が綺麗に見える・・、もしかして宮崎市清武町の荒平山(あらひらやま)森林公園の駐車場から見えるかも?と、夕方に車を走らせました。

みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山より撮影)
みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山森林公園の駐車場より撮影)


荒平山森林公園の駐車場から花火までは約15Kmの距離、それでも大玉は直径500m位あるので肉眼で(親指位の大きさ)ちゃんと見えます。
ただ、遥か彼方であがっておりますので、芸術花火の最大の魅力である音楽花火の音楽はもちろん聞こえないし、花火の音も数十秒遅れて来る、しかもその音も複雑に重り、どこかで自衛隊が実弾演習でもしてるのかな?と思うような鈍くすんだ音。

位置的には、気象条件がそろえば、望遠レンズで写真を撮るには面白いロケーションですが、花火を見学するには面白くもなんともないところです。
やはり、みやざきシーサイド芸術花火見学は会場に限ります。
来年はコロナがおさまっていますように!


みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山より撮影)
みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山森林公園の駐車場より撮影)

実は上の写真、20秒程の露光中に不覚にも三脚を足で動かしてしまいました。多重露光っぽくなっています。

みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山より撮影)
みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山森林公園の駐車場より撮影)


みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山より撮影)
みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山森林公園の駐車場より撮影)


みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山より撮影)
みやざきシーサイド芸術花火2020(荒平山森林公園の駐車場より撮影)
続きを読む>>

宮崎市内で新型コロナウイルス感染症クラスター3件

Posted morimori / 2020.11.27 Friday / 15:52


【 追記 】27日 介護老人保健施設「ひむか苑」(宮崎市小松)関連(集団感染 計12人)
60代から90代の入所者の男女(11人)
30代の男性職員(1人)※26日発表分
※宮崎市は上記集団感染について(27日現在)「クラスター」とはしてはいない。
宮崎市内では上記を含み、27日は合計19人の感染者が確認された。
ここのところ、県内の感染者は3つのクラスターの影響もあり、宮崎市に集中している。
県内の感染者は2週間で103人となった。

週末には、宮崎市内で食のイベント(みやざきグルメストリート)や花火大会(みやざきシーサイド芸術花火2020)も開催されます。
日曜日には、テゲバジャーロ宮崎の最終戦もひなた宮崎県総合運動公園陸上競技場で開催されます。
計画されてらっしゃる方は、より一層の防疫手段を!

行かないのが最強の防疫手段なのでしょうけど・・
それでは経済が回らないし、ウィズコロナ、時には楽しみ、息抜きもしないと精神的な病に陥る。/追記おわり 


宮崎市内で発生したクラスター3件

最近(27日まで)宮崎市では新型コロナウイルス感染症で3件のクラスターが発生している。
  1. 電気設備会社「きんでん」の現場事務所(関連の感染者計14人)
    勤務の20〜50代男女(11人)
    従業員の友人の30代女性(2人)
    別会社の20代男性従業員(喫煙所で感染?)
  2. キャバクラ「OZ」(関連の感染者計24人)
    従業員の20〜40代男女(16人)
    40〜50代男性客(2人)
    従業員の家族や友人(5人)
    客と会食した40代女性(1人)
  3. 結婚式後の会食会場「」(関連の感染者計23人)
    20〜30代男性(5人)と福岡県の男性
    20代男性の母
    利用先の飲食店従業員(9人)
    飲食店の客(4人)
    従業員や客の接触者 (3人)


日常生活のあらゆる所で感染リスク(感染経路不明な方が増えている)

宮崎市は26日、新たに10代から70代までの男女9人の感染確認を発表。
このうち、20代から60代までの男女4人は、これまでに感染が確認された人との接触歴はないということです。
また、25日に発表された10人のうち3人についても、今のところ感染経路がわかっていないようです。
続きを読む>>

みやざきの神楽フォーラム|市役所前の花壇が綺麗!コバノセンナも

Posted morimori / 2020.11.22 Sunday / 21:45


今日は、「みやざきの神楽フォーラム」に出かけた。
期日:令和2年11月22日(日) 10時00分〜12時30分
会場:宮崎県企業局県電ホール

講演「みやざきの神楽を考える」

講演:國學院大學教授 小川直之氏

「みやざきの神楽フォーラム」にて

今日の小川氏のお話の中で、神楽が何故33番なのか不明との旨、お話があったと思いますが、
高千穂の夜神楽ミニ解説リーフレットには“33番は、観音様は33の仮身により人々を救うという天の思想によるものといわれます。”と書かれておりました。

一方、舞の数ではありませんが、「神楽三十三番 高千穂夜神楽の世界」の外注連の説明では"外注連の青幣三十三本は天の三十三天を表す"と言われていると書かれておりますし。このあたりも何か関係なるのかなぁ?と思ったり。

パネルディスカッション「神楽を伝える『こころ』


パネルディスカッション「神楽を伝える『こころ』

パネリストは、国指定 高千穂の夜神楽、椎葉神楽、米良神楽、高原の神舞(かんめより
甲斐晃一郎かいこういちろう氏 高千穂町 浅ヶ部神楽保存会会長
尾前秀久おまえひでひさ氏 椎葉村 椎葉村神楽保存連合会会長(尾前神社宮司)
漬砂武久はますなたけひさ氏 西都市 銀鏡神楽保存会会長
西川嘉宏にしかわよしひろ氏 高原町 祓川神楽保存会会長

それぞれの神楽を代表する方から、神楽と地域に対する熱い思いを聴けたのは、とても貴重な体験でした。
(途中、目頭が熱くなりました。)
次の世代へと継承されることを祈ります。

 2020年 みやざきの神楽フォーラム配布資料


浅ヶ部神楽 伊勢
浅ヶ部神楽 伊勢


銀鏡神楽 面様迎え〜銀鏡神社へ 
面様迎え〜銀鏡神社へ


祓川神楽 太刀(たち)
祓川神楽 太刀(たち)


尾前神楽は・・いずれ見学したいと思ってます。

当サイト内 神楽関連ページ
  宮崎県の神楽

令和2年度 夜神楽 インターネット配信情報

高原の神舞(祓川神楽) 12月12日(土)
 祓川神楽保存会(Youtubeへリンク)

銀鏡神楽 12月14日(月) 16時30分から15日(火)昼ごろまで
 NPO法人東米良創生会(Youtubeへリンク)
続きを読む>>

PAGE TOP