日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

ジェットスター・ジャパンサイト内の宮崎県紹介ページの感想など

Posted morimori / 2017.09.24 Sunday / 20:35


青島
〜 青島 〜


LCC「ジェットスター」が12月21日より、成田−宮崎間に定期便運行を開始する旨の記事を書きました。

 【吉報】LCC ジェットスター・ジャパン 宮崎成田線12月21日就航

そのジェットスター・ジャパンサイト内に、宮崎県を紹介するページが公開されておりましたので、拝見。

ジェットスター・ジャパン 宮崎紹介ページ
〜 ジェットスター・ジャパン 宮崎紹介ページ 〜


構成や、文を読むと、なんとなく、これは海外の方が作ったページでは?という印象を私は受けました。

宮崎案内ページTOPの写真は、ユネスコ世界農業遺産を意識したのでしょう、日之影町の天翔大橋や周辺の棚田風景でした。

こういった写真のセレクトは、日本人の感覚とはまた一つ違った感じで新鮮でした。
日本人でしたら、おそらく宮崎の定番の、高千穂峡、日南海岸などのいわば「お約束」の写真になっていたことでしょう。

ただし、文については、残念ながら、間違い、微妙にニュアンス違うんだよなぁーといった部分も数多く見受けられたのは残念でした。

「暫定」公開なのだろうと思います。後に修正されることと察します。

そのジェットスター・ジャパンによる宮崎県紹介ページは以下です。

 ジャットスター・ジャパンサイト内、宮崎県案内ページ

ページ下部(後半)に、当方が気付いた主な点を列挙します。
 
続きを読む>>

肉牛日本一!の宮崎「宮崎牛」の定義・条件・基準など チラシのご紹介

Posted morimori / 2017.09.23 Saturday / 05:19


先日、宮城県で開催された「和牛のオリンピック」とも言われる「全国和牛能力共進会」で、宮崎県は肉牛の部で最高賞となる名誉賞(内閣総理大臣賞)を受賞しました。
宮崎県の名誉賞(内閣総理大臣賞)受賞は史上初3回連続となります。

詳しくは、先日書いた以下の関連記事をご覧ください。
 「肉牛日本一!宮崎牛」「第11回全国和牛能力共進会」で史上初3回連続の最高賞受賞

そんな「肉牛日本一」の宮崎県、 そこで育ったブランド牛「宮崎牛」ですが、この4月に「宮崎牛」の定義が追加されたようなのでお知らせです。

「宮崎牛」とは?

おぼろげには知ってても、詳しくは知らないし、4月に「県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの」を追加、改訂されたようです。この、新しい宮崎牛の定義に関するチラシをご紹介します。

2017年4月より、宮崎牛は血統にもこだわります。

県外の有名ブランド牛としても育てられている宮崎生まれの子牛。その品質は血統にこだわり、多くの人の手によって育まれ
てきました。その誇りの証として今回、宮崎牛と冠されるための条件を新たに追加することとなりました。
これまでは「宮崎生まれ・宮崎育ちの黒毛和種で、肉質等級が4等級以上のもの」としていましたが、その品質をより高く、安定的なものにするため、2017年4月より新たに「県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの」という条件を追加しました。
宮崎牛は、これからもさらなる"おいしさ"を目指し、進化してまいります。

2017年4月より、宮崎牛は血統にもこだわります

 
続きを読む>>

秋のお彼岸、彼岸花が咲きだしました。@日向景修園

Posted morimori / 2017.09.22 Friday / 06:43


彼岸花 宮崎県総合運動公園 日本庭園(日向景修園)にて
〜 宮崎県総合運動公園内 日本庭園(日向景修園)にて 〜


まるで体内時計を持っているかのよう

不思議ですよね。
気候に殆んど左右されずに、しっかり ほぼ全国で一斉にお彼岸の頃に咲いてる「彼岸花」
まるで「体内時計」でも持ってるかのようです。

実は地下にいる?のは初夏〜9月上旬の間だけ

彼岸花、咲いてる時は注目されますが、花が終えてからのことは、殆んど知られて無いのではないでしょうか?

彼岸花は花が終わると、細いスイセンみたいな葉が茎の周りから出て来て生い茂ります。
花が咲いてる時は茎だけなので、葉を見ても、目立ちませんし、それが彼岸花とわからないかと思います。
葉は、おい茂り、光合成を行い、栄養を球根に蓄え次の開花に備えます。
冬を越し、初夏の頃に葉は枯れてなくなり、そして、再び、9月上旬頃に出て来て、お彼岸頃に咲くってわけです。

彼岸花は花が終わると、1年近く地下でずーっと休眠している印象を受けますが、そうではなく、初夏に葉が枯れ、数か月の後には芽が来てきて咲いているのです。
 
続きを読む>>

PAGE TOP