日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

水平線の花火と音楽FINAL(ファイナル) 超大物アーティストを妄想

Posted morimori / 2016.06.08 Wednesday / 20:52


suiheisen_h_top.jpg

泉谷しげるさんらが企画する口蹄疫のメモリアルイベント「水平線の花火と音楽」が、今年も10月16日、宮崎市サンマリーナ宮崎で開催されます。

水平線の花火と音楽6にて 

7回目となる今年で一区切り、「水平線の花火と音楽FINAL(ファイナル)」です。

→ この関連の記事、詳細は別のブログに記載

水平線の花火と音楽

水平線の花火と音楽6にて 

「水平線の花火と音楽」、私は初回より、毎年楽しんでおります。

先日の県庁での記者発表で、実行委員の日高元子代表は「超大物アーティストが出演予定。来場者を驚かせるためにも、発表は当日まで差し控えたい」と説明。

超大物アーティスト」気になっております。
そんなわけで、ここでは、このあたりについて、妄想みたいな話を書きます。

普通に考えれば、超大物アーティスト出演が決まっているのなら(予定)なら、最初から発表すれば、チケット売上的にも楽だと思います。

それなのに、「来場者を驚かせるためにも、発表は当日まで差し控えたい」
それには、どういう意図があるのか・・・。

アーティストの意向?都合? 

気になりますね。

そこで、考えてみた。
超大物アーティスト」を妄想する(^^;)

やはり、オファーを考えると、泉谷しげる氏と 過去・現在・交友の「超大物アーティスト」でしょう。
過去の出演アーティスト等を考えると、泉谷しげる氏と共に震災等のチャリティーコンサート活動などを行ったアーティストが濃厚かと妄想。

おそらく「超大物」というからには、それなりの歴史を持った、幅広い年齢層で、誰もが知ってるアーティストと妄想。

当日発表ということは、練習や、リハなしでも、例えばギター一本とかで歌えるソロシンガーではないでしょうか?。
バンドは人数、関係者が増える分、リークしやすいのでちょっと考えにくいかなあぁ〜。

「水平線の花火と音楽ファイナル」告知ポスター

今年のポスターは、アコースティックギターがメイン、さらに、いろいろ考え(妄想はさらに膨らむ)、導き出した結果・・一人の人物が浮上してきた。

外れるかも知れないので、これ以上妄想書くのは控えておきます。< オイ(^^;)
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP