日々ブログ MORIMORI @宮崎県

継続は力、写真など交え更新 By MORIMORI


FB / twitterのフォローよろしくお願いします。(^^;)

休止中の高千穂神楽(観光向けの神楽)7月1日より再開予定

Posted morimori / 2020.06.25 Thursday / 07:00


 高千穂町観光協会は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、3月5日より約4ヶ月間公演を休止していた、「高千穂神楽」を、7月1日に再開すると発表、6月25日の宮崎日日新聞に記事が掲載されておりました。

再開に当たっては、公演を担う町内15の神楽保存会や旅館組合などと協議を重ね、同協会が今月22日の理事会で決定したとのこと。

以下の感染対策を行うとの事です。

  • 1公演当たりの入場者数を最大100人程度に制限し、一人につき1畳以上のスぺーースを確保。
    (追記:高千穂町観光協会サイトによると、町内宿泊利用者優先との事)
  • 入場者にはマスク着用と手の消毒を求め、検温時に37.5度以上の熱があれば入場を断る。
  • 換気や空間除菌、室内消毒を行う。
  • 奉仕者(ほしゃ・神楽の舞い手)は客席に降りず観光客との接触を避ける。


以下は、ほぼ満席(300人)の時の状況、300人入るとかなり密状態です。今回の対策で最大100人程度に制限するとのことです。椅子席なら間を空ける処置がとれますが、現状、畳敷きのフリー座席なので、マーキングなど何かしら区分を設けるのかも知れません。

観客100人になるような時期が早く来ればよいのですが・・・

高千穂神楽(毎夜披露される観光神楽)
高千穂神楽 ほぼ満席(300人)の時の写真


高千穂神楽(毎夜披露・観光向けの神楽)

「高千穂神楽」は、毎夜、高千穂神社にある神楽殿で有料(大人1000円)で1時間程披露されている観光客向けの神楽のことです。
集落の夜神楽を、観光客にも楽しんでもらおうと、昭和47年10月1日、高千穂神社神楽保存館(神楽殿)にて、神楽の披露を始めました。
毎夜8時より開催されるこの「高千穂神楽」は、高千穂観光アイテムの一つとなり、GWやお盆休みなどは、2回公演を行う程です。

時間 :20:00〜21:00まで(1時間)
内容:
(1)手力雄たぢからおの舞
(2)鈿女うずめの舞
(3)戸取ととりの舞
(4)御神体ごしんたいの舞
※夜神楽三十三番より代表的な4番をピックアップ、時間も短縮されたダイジェスト版です。

拝観料:
1人 1,000円
※団体割引20名以上1人900円
※小学生まで無料

詳細は当サイト内WebPageをご覧ください。
  高千穂神楽
続きを読む>>

PAGE TOP