日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

都井岬で今年も野生馬に「春駒」誕生

Posted morimori / 2017.04.14 Friday / 06:14


都井岬 国の天然記念物指定「岬馬」

4月12日のNHKのローカルニュースで、都井岬に生息している野生の馬「岬馬」にことし初めて子馬(春駒)が誕生したことが報道されておりました。

都井岬では、毎年3月から5月にかけて出産の時期を迎えますが、今年は、4月9日に初めての子馬が誕生しているのを岬馬の保護や監視にあたっている団体のメンバーが確認したとの事。
都井岬の岬馬は、今回生まれた子馬を含め、102頭とか・・

毎年、15頭前後が生まれる割には、全体の数は減ってきている印象を受けましたのでネット検索で調べてみました。

下段に記載した文献を参照すると・・

"毎年生まれる可愛い子馬は、満1歳を迎えるまでに全体の 3〜4割が亡くなる、大変厳しい世界である。"と記載されておりました。

参照元リンク(外部サイト)
都井岬の野生馬のことが詳しく書かれております。
 都馬の生態〜都井岬の野生馬たち〜(PDF)(串間市主任文化財専門員 秋田優)

最低限の保護しかしていない野生馬」なので、自然の中で生き延びるのは厳しいのでしょうね。

がんばって 生きてほしいものです。

宮崎日日新聞にも、春駒誕生の記事がありましたが、今年も「春駒」誕生しました。だけではなく、こういった厳しい側面も是非、報道していただきたいです。

今回掲載した3枚の写真は、いずれも過去に撮影したものです。

 
続きを読む>>

都城市「金御岳」で10/10、7544羽のサシバの渡り

Posted morimori / 2016.10.14 Friday / 10:38


都城市の「金御岳(かねみだけ)」は「サシバ(タカ科)の渡り」を観察できる全国でも有数の場所です。
サシバ
〜 サシバ"の渡り 〜

金御岳はシーズンを通して約2万羽弱のサシバを観測し、日本でも有数のサシバ観測点として知られています。
金御岳にサシバが毎年来るのは、金御岳周辺には豊かな餌(サシバは小鳥、ネズミ、ヘビ、トカゲ、カエル、イナゴ、バッタなどを食べている)と、大空の気流に乗れる上昇気流があるからだそうです。

例年10月10日頃を中心とするころが渡りのピークとなります。

今年も、10月10日は、7,544羽ものサシバをカウントしたようです。
続きを読む>>

セミ 真っ盛り・・光ファイバケーブル断線を思い出した。

Posted morimori / 2016.07.27 Wednesday / 18:02


只今、セミ真っ盛り、この時期は、ワシワシワシと鳴く、クマゼミが多いですね。

宮崎ブーゲンビリア空港の送迎展望デッキでの写真


クマゼミ 宮崎ブーゲンビリア空港にて 

何でこんなワイヤーにしがみついているのだろう・・。

クマゼミ 宮崎ブーゲンビリア空港にて
〜 クマゼミ 宮崎ブーゲンビリア空港にて 〜


光ファイバ断線!クマゼミ被害を経験

昨年、我が家の通信回線(光ファイバ)がセミの被害にあい、外の引込み線(光ファイバケーブル)をセミ対作品に交換してもらったことを思い出しました。

なんでも、クマゼミは引き込みの光ファイバ(電柱から家屋までの部分は「ドロップ光ファイバ」と呼ぶらしい)を木と勘違いし、産卵管を線に突き刺すらしく、傷口から雨・風による浸食で光が減衰、最終的に遮断に至ったというものでした。

パソコンは通信不能、おまけに固定電話は光電話なので固定電話も使えず、さらに台風通過後でNTTが忙しく、なかなか修理にも来てもらえず、修理を終えたのは五日後位だったかと、私にとってはライフライン?が途絶え、不便を強いられました。

このあたりでは、クマセミによる光ファイバケーブル断線被害が多いようです。

光ファイバケーブルメーカーもセミ対作品を改良してきているようなので、最近設置したものは大丈夫なのかも知れません。

宮崎ブーゲンビリア空港のミストシャワー

宮崎ブーゲンビリア空港入り口に設けられたミストシャワーが涼しげでした。

ミストシャワー 宮崎ブーゲンビリア空港にて

PAGE TOP