日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

Quantum of the Seas(クアンタム・オブ・ザ・シーズ)日南市油津港にて

Posted morimori / 2016.05.18 Wednesday / 23:50


〔追記〕WebPage(大きな写真60枚掲載)作成。あわせてご覧ください。
 → Quantum of the Seas (クァンタム・オブ・ザ・シーズ)

〔追記〕油津港のクルーズ船入港情報は、随時更新。
 → 下段に追加更新記載予定。


Quantum of the Seas(クアンタム・オブ・ザ・シーズ) / nichinan aburatu
アジア最大級の大型クルーズ船、Quantum of the Seas(クアンタム・オブ・ザ・シーズ)です。

今回のクルーズは、上海〜博多〜日南(油津)〜上海 (5泊6日)。
カジュアル船というカテゴリーの船でもあり、価格設定も豪華な設備の船内で、贅沢な気分を味わえる割に、1人1泊 200〜300$程度とリーズナブルであり、家族旅行にも向いているとか。
今回のツアー バルコニーの部屋だと、ひとり1,018$ 他にチップが1日あたり12.95$(固定)、政府税、寄港料プラスで、おそらく全部で1,200$程かと思います。
交通費・宿泊・食事付きを考えれば、そう高くはない設定ですよね。
「クルーズ旅行」は中国人にとって新しい旅行の形として活況を呈しているとのこと。

船はとにかくデカイです。
大きなマンションが数棟並んでいるくらい! 圧巻!!

乗客 4,541人 (中国 4317人、シンガポール 26人、米国 25人、その他 173人)
乗務員 約1,500人
待機するツアーバス鵜戸神宮飫肥城青島神社サンメッセ日南高千穂牧場照葉大吊橋、イオンモールなど)は110台。
県内各地(鹿児島からも)の各ツアー会社のバスを見ているだけでも飽きません。
大型クルーズ船は日南市のみならず、県内各地へ多くの経済効果を生んでいそうです。(宮崎県の試算によると、1寄港あたりの経済波及効果は5,739万円とか。)

スケジュール等、くわしくは → 現地説明パネル写真

Quantum of the Seas(クアンタム・オブ・ザ・シーズ) / nichinan aburatu
〜 国道220号沿いより撮影 (撮影ポイント地図 → GogoleMap) 〜
※ 周辺に駐車スペースは無いので、少し離れたところで探す。

総トン数:167,800トン
全長:348m
全幅:41m

 → 船の詳細は、ツアー会社のパンフ(PDF・8.3MB)をご覧ください
 → 公式サイト www.royalcaribbean.jp

Quantum of the Seas(クアンタム・オブ・ザ・シーズ) / nichinan aburatu
夜の出航には感動しました。

当日は良い天気で、クルーズ船でいらした方も宮崎を楽しまれたことと思います。
当方も、青い空の下、写真が撮れ、また、夜の出航も暮れ行く空を背景に撮れ、ラッキーでした。
初回入港時の出航の際には、花火も上がるようですが、今回は地元の和太鼓チーム爽空(そら)による和太鼓演奏で見送りました。

一般駐車場ついて

飛鳥凝の寄港等では、近くの駐車場を利用出来ますが、このクラスのクルーズ船になると、着港の際、埠頭・駐車場では多くのツアーバスが待機、混雑しますので、正午まで一般車両は一帯への進入禁止でした。
油津駅近くにある「天福球場」(広島カープのキャンプ地)(Map)が臨時駐車場となり、無料シャトルバスが8:30より運行されておりました。
油津駅から300〜100mの距離、JR利用の方も便利だと思います。
※シャトルバスの運行等は、毎回、同等は限りません、公式サイト等で事前確認をお願いします。
帰りのシャトルバスにて

経済波及効果は?

2015年11月 宮崎県観光推進化がアンケートをもとにまとめた経済効果
 → 外国クルーズ船に係る経済効果等調査結果【概要】

上記によると、2015年の調査では、クアンタム・オブ・ザ・シーズ号が寄港した際の県内経済波及効果は、一回あたり、5,739万円となっている。
今回は、最後の寄港地、イオンショッピングモール等も含まれたバスツアーもありましたし、消費が増えているといいですね。

クアンタム・オブ・ザ・シーズ号など2015年6月〜8月油津港に寄港した外国クルーズ4隻の乗員乗客数は約1万8000人。消費額は約1億6480円であった。

昨年一年間、日本を訪れた中国の方は500万人、消費額は「一兆4000億」とか・・・。

余談ですが・・

  • 出店者は、19:00より片付けをはじめ出航時刻頃にはすべて搬出、出航の際は、入港の時とはうって変わり、人も少なく結構、寂しい印象。
    「おもてなし」という意味では・・この閑散とした風景はどうなんだろう?と思いました。
    子供のさよなら〜という声に、スマホの液晶の明かりで手を振り答える乗船客の姿に救われた思い。
    地元の和太鼓チーム、爽空(そら)の演奏する和太鼓・そして汽笛の音、感動したなぁ〜とても良かった。
    入港より出航の方がいいと再認識。
    夜の出航の際には、見送る方に無料でLEDライトを配ってもよいのでは?と思ったりも。
     
  • 美しい船体だけに、目についちゃうんですよね、洗濯物干し(^^;)
    乗船規定で、入港する際の取り決めとかないのかなぁ〜
    ドライクリーニングのサービスとかランドリー設備等あると思うんだけどなぁ〜。

あまり見たくない光景 洗濯物干し
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
「ジモ・ミヤ・ラブ」
PAGE TOP