日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介

【当サイト内検索・画像検索含む】

FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

最新20記事リスト表示

えびの市 大河平つつじ (おこびらつつじ) 400年以上の歴史背景

Posted morimori / 2023.04.12 Wednesday / 23:37


えびの市 大河平おこびら地区にある、大河平おこびらつつじ(本キリシマツツジ)を見学。

えびの市 大河平(おこびら)つつじ
えびの市 大河平(おこびら)つつじ


まずは、この地の歴史を学習

大河平おこびら

Wikipediaより引用
大河平氏(おこびらし)は、日向国の氏族で、肥後国菊池氏の庶流。元の姓は八代氏で、弘治年間頃に日向の大名北原氏に仕えて大河平氏を名乗り、その後に島津氏に仕えて薩摩藩士として存続した。

概要
菊池氏6代・隆直の三男・菊池五郎隆俊が八代に移り、八代隆俊を名乗り菊池宗家に従っていたが、菊池宗家は、隆屋が八代氏12代当主の頃に大友氏と争い敗れ、一族共々米良山中に逃れた。一部は米良に留まり、あるいは須木に移住し米良氏を称したが、隆屋は部下66家を率いて北原氏を頼り、真幸院・飯野(現・えびの市)の大河平郷に移り住んだ。その際、姓も大河平に改めたとされる。本貫地は終生変わらず、大河平のままであった。

大河平一族は永禄7年(1564)5月30日伊東軍と戦いほとんど滅亡しました。これが世にいう今城合戦です。
合戦に敗れた氏族達が流した血の色とも言われ『血潮ツツジ』とも呼ばれているそうです。

より詳しく知りたい方は 

大河平隆次(Wikipedia)

今城合戦 / 大河平事件(Wikipedia)

大河平おこびらつつじ

このつつじは、戦国末期の天正10年(1582)頃、大河平領主、大河平左近監隆俊という人が上大河平の旧領を拝領し、島津義弘公の設計で邸宅を造った際、霧島山中より映山紅(キリシマツツジ)の見事な物だけを集めて 庭木にしたものといわれます。

以下の彩色画は、この邸宅が、明治10年の役(大河平事件参照)で全焼した為、明治33年(1900)、大河平隆芳は記憶をたどり、絵師に描かせたもの。

絵図

説明


屋敷跡は、大河平小学校となっていた。
400年もの長い間、大河平の歴史を見て来たつつじです。
※2008年(平成20年)から休校となっていた大河平小は児童数の減少や保護者、地域住民の意向を受け、2015年閉校となった。

学校の正門側の道路沿いに約100mにわたり鮮やかな朱色の大河平つつじが咲き乱れている。

えびの市 大河平(おこびら)つつじ (1)
えびの市 大河平(おこびら)つつじ (1)


えびの市 大河平(おこびら)つつじ (2)
えびの市 大河平(おこびら)つつじ (2)
続きを読む>>

日本のひなた宮崎県
PAGE TOP