日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

台風22号 宮崎市内で冠水多発 土砂崩れで青島サンクマールホテル孤立

Posted morimori / 2017.10.28 Saturday / 23:31


以下の地域に自治体から避難に関する情報が発表されています。

宮崎市 避難情報 [2017年10月28日 22:18]
区分・地域名・世帯数・人数

避難指示(緊急)竹ノ内地区、星叶地区 61世帯 143人
避難指示(緊急)木花地域熊野地区、加江田地区、鏡洲地区 224世帯 448人
避難勧告 青島・白浜地区、内海地区、野島地区、小内海地区 486世帯 911人
避難勧告 大字恒久、恒久南3丁目、恒久南4丁目、恒久5丁目、恒久6丁目 700世帯 1400人
避難勧告 大字田吉、宮ノ元町 - -
避難勧告 木花地域熊野地区木崎上 35世帯 70人
避難準備・高齢者等避難開始 木花地区全域 5895世帯 11931人

日南市 避難情報[2017年10月29日 3:36]
避難勧告 日南市全域 26938 54431

串間市 避難情報[2017年10月29日 5:09]
避難指示(緊急)市木地区 439 833
避難指示(緊急)市木中福良地区 38 79
避難指示(緊急)大束地区 1351 2993
避難指示(緊急)都井地区 485 942
避難指示(緊急)福島地区 5076 10515
避難指示(緊急)北方地区 919 1909
避難指示(緊急)本城下平地区 93 198
避難指示(緊急)本城上平地区 39 78
避難指示(緊急)本城地区 754 1382

青島サンクマールホテル 道が土砂崩れで孤立

(追記)青島サンクマールホテル付近の道路(白浜海水浴場付近)で、夕方土砂崩れが発生、ホテルへの自動車道は一本しかない為、孤立した状態とのことです。
(※翌日仮設道路で復帰)

凄まじい雨で、宮崎市内は冠水もあちこちで発生

今日は、午後から凄まじい雨でした。
私の住むところあたりでも一時間に50ミリ以上の雨が降ったようです。

21時頃、一時的に小振りになっておりましたので様子を見に外に出てみました。
だいぶ引いた状態ですが、まだひざ丈位まで水がありました。

冠水

道路に車が3台、乗り捨ててありました。
2台はワイパーが定位置にありませんでしたので、走行中に冠水で巻き上げた水がエンジンルームに入り電気系統がやられ、エンストしたのだろうと思います。

今日は、宮崎市内はあちこちで冠水したようです。
(下段記載引用参照)


明日は、台風本体の雨雲がかかると思いますので、油断できません。
続きを読む>>

宮崎神宮 平成29年度 例祭 (縮小写真のみ)

Posted morimori / 2017.10.27 Friday / 23:26


【10/29追記】10/29(日)の、神武さまは、14時に瀬頭御旅所を出発。経路は旭通→市役所前→橘通→江平→宮崎神宮です。それに伴い、交通規制は当初の予定より1時間遅れになります。


宮崎神宮例祭での写真です。

宮崎神宮 例祭 1

宮崎神宮 例祭 2
続きを読む>>

「青島フィッシャーマンズ ビーチサイドホステル&スパ」11/1オープン 新聞全面広告

Posted morimori / 2017.10.26 Thursday / 07:22


株式会社マエムラさんが、宮崎市青島に「青島フィッシャーマンズ ビーチサイドホステル&スパ」を開設することは、何度かこのブログでも紹介しましたが、本日の宮崎日日新聞に、11月1日グランドオープンの全面広告が出ておりました。

いよいよオープンです。

「青島フィッシャーマンズ ビーチサイドホステル&スパ」全面広告紙面より、一部テキストでご紹介します。

(株)マエムラ 「青島フィッシャーマンズ ビーチサイドホステル&スパ」11/1オープン 広告
(株)マエムラ「青島フィッシャーマンズ ビーチサイドホステル&スパ」11/1オープン 新聞広告


県民、市民の皆様と一緒に、
観光・宮崎の新たな歴史を創っていきたい!


株式会社マエムラ代表取締役 前村幸夫


この度、宮崎市青島に弊社が開発を進めておりました新施設「青島フィッシャーマンズ ビーチサイドホステル&スパ」が、いよいよ11月1日にグランドオープンする運びとなりました。工事期間中は近隣の皆様並びに諸関係機関、工事業者の皆様にはあたたかいご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。おかげさまで、皆様のご期待に大きくお応えできる施設が完成したものと考えております。
このプロジェクトへの挑戦の発端は、2年前、戸敷宮崎市長とお会いした際の会話に遡ります。短い時間の中で市長が3回発した『青島観光ホテルの灯が消えると、宮崎の観光地青島がさらに埋没してしまう…』という言葉は、なぜか私の耳と記憶から離れませんでした。
私に何ができるのだろう…?
この時から、私と弊社の挑戦は始まりました。
旧青島観光ホテルをリフォームして再利用することから始まったプロジェクトは、耐震基準の問題により、取り壊し・新築計画に大きく舵を切ることとなり、当初見込み予算の4億円は12億円に増大。ただ、やると決めた以上は後戻りする気はありませんでした。
そこでローコストながらも知恵と技術を結集した弊社の戸建住宅ノウハウを生かし、ご利用いたたく皆様に安価ながらも高い満足を提供できるホステルを中心とした施設を造ることを計画しました。
しかし建設するだけでは何かが足りない…、その答えが地域との連携。今までになかった食材を青島の漁師の方々と組んで開発しよう。漁船を改造し、今まで深くて届かなかった青島沖深海300mに生息する海老(学名:ひげ長海老)漁への挑戦。試行錯誤のうえ漁法が確立されました。海老は豊かな海深くに沢山生息しており、口に入れればとろけるうまさで"海幸彦海老"と名付けました。
定置網で獲れた魚を、和食処「魚益」の水槽12基に投入、まるで水族館です。真牡蠣・岩牡蠣の養殖にも着手。うまくいけば"海山幸牡蠣"と名付け、育島街道が焼き牡蠣小屋街道になればとも。また、獲れた魚を泳がせた日本最大級の「釣り堀」…。生きた魚は漁師の方々が!海水は使い放題!どなたか参加企業はいないかな?等々、夢は広がります。
もちろん、宮崎の陸にも無限の可能性が。木花の農家・杉元農園様に依頼して生食水ナスの栽培をスタート、これば"山幸彦ナズ"と名付けました。他にもマイナーで美味しい野菜を2種チャレンジ中です。
このように、新施設の建設と同時並行で、考え得る新しい取組みを積極的に進めて参りました。
しかし、一気に観光地青島の再生は難しく、一歩ずつ前に進んでいくしかないのも現実です。
そこで県民、市民の皆様にお願いです。この不動産会社が漁師・農家の方々とコラボして新たに挑戦する「青島フィッシャーマンズ ビーチサイド ホステル&スパ」のご利用はもちろん、再生青島のPRをお願い致したいと存じます。
それにより将来、再生を果たした観光地青島が私たち宮崎県の誇りとなり、たくさんの県民、市民の皆様の笑顔につながっていくものと確信しています。
ホステル・和食処「魚益」・イタリアン創作料理「パラデイソ」、その他スタッフー同、皆様との出会い、ご緑を楽しみにお待ち致しておりますので、どうぞご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。
 
 
続きを読む>>

PAGE TOP