日々ブログ MORIMORI @宮崎県

高解像(1920pix幅)写真を交え 宮崎県観光/情報などを中心に紹介


FB・twitter フォロー / Youtubeチャンネル登録お願いします(^^)

新燃岳の警戒区域 2Km→3km 霧島の登山道ほぼ入山不可 韓国岳・大浪池も

Posted morimori / 2017.10.15 Sunday / 23:31


【情報追記】新燃岳の噴火は10月17日未明に止まり、それ以降(10月26日現在)、発生しておりませんが、火山性地震は続いており、気象台によると、当面、火山灰を噴出する噴火活動は続くとみられ、多量のマグマが新燃岳直下へ供給されれば、規模の大きな噴火が発生する可能性があるとしています。/追記おわり


気象庁は10/15 19:00、、噴火警戒レベル3(入山規制)を維持したまま、大きな噴石や火砕流に警戒が必要な範囲を火口の半径おおむね2Kmから、おおおむね3Kmに拡大。
13日、1日1400トンだった火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は15日に1万1千トンに急増。火山性微動も続いており、今後さらに噴火活動が活発になる可能性があるという。

新燃岳 気象庁韓国岳設置カメラより

10月15日の朝から、えびの高原の えびのエコミュージアムセンター駐車場において、高濃度の二酸化硫黄ガスを検出した。
駐車場付近で簡易測定で7.4ppm
(アイススケート場付近で同8ppmを検出。後日の宮崎日日新聞記事)
(池巡り探勝路を歩いて来た登山者の中には喉の痛みを感じる人も、後日のNHK宮崎ニュース)
新燃岳から発生した火山ガスが、風に乗って流れてきているようです。
えびの高原一帯は窪地ですので、ガスも滞留しやすいのかも知れません。

「えびのエコミュージアムセンター」は、午前11時前に臨時休館、駐車場も閉鎖したようです。

宮崎県サイトより引用

二酸化硫黄ガスの特徴
二酸化硫黄ガスは、5ppm程で強い刺激臭がして、10〜20ppmの濃度で、目がちかちかしたり、咳き込みなどの症状が出ます。
二酸化硫黄ガスを含む火山ガスは、水にとけやすい特徴があります。刺激臭を感じた場合は、ハンカチやタオルを水に湿らせ、鼻や口に当ててください。
400〜500ppmで生命に危険があると言われていますが、ぜんそくや心臓病等の持病のある高感受性の方は、低濃度でも発作を起こし、死に至る可能性がありますので特に注意してください

(参考:「火山ガス災害」平林順一氏)


新燃岳の警戒範囲が3kmに広がったことによる新たな道路交通規制
鹿児島 県道104号線(霧島公園小林線)の一部(新湯三叉路〜高千穂河原)
新たな登山道規制
宮崎県境登山口〜大浪池〜韓国岳
高千穂河原ビジターセンター〜中岳探勝路

2017/10/15 規制図  道路・登山道の規制図(鹿児島県サイト内PDF)

新湯温泉 霧島新燃荘 国民宿舎みやま荘の宿泊客及び従業員は、警戒域拡大当日の内に全員避難したとのこと。

【追記】15日、1万1000トンを観測した新燃岳の火山ガス放出量は、16日は500トンにまで減少。
えびの高原の二酸化硫黄ガスも 16日午前11時の計測では1.4ppmと濃度は低下、しかし風向きによっては急に火山ガスの濃度が高まることも考えられるとして、えびのエコミュージアムセンターは、16日も休館。センターの前にある駐車場は開放の処置がとられました。
16日午後2時に、県道1号線、小林えびの高原牧園線の小林市南西方の料金所跡からえびの市原田の展望所までの約8キロの区間において、積灰によるスリップの恐れがある為、通行止めにしました。(延長)
続きを読む>>

PAGE TOP