日々ブログ MORIMORI @宮崎

継続は力なり、スナップ写真と短文で日々更新目標 By MORIMORI

白瀧酒造 ロック酒の上善如水(じょうぜんみずのごとし)、これはもはやワイン

Posted morimori / 2017.12.30 Saturday / 13:36


白瀧酒造 ロック酒の上善如水 純米 瓶 箱入 720ml
〜 白瀧酒造 ロック酒の上善如水 純米 瓶 箱入 720ml 〜

当方は「焼酎党」なので、滅多に日本酒を飲む機会は無いのですが・・
正月用にと、近所のドラッグストア コスモス薬品に寄ったついでに日本酒を買い求めに、お酒売り場へ。

流石焼酎王国宮崎 日本酒の棚は、ほんのわずか、銘柄も限られたものしかありませんが、以前、時々飲んでいた、新潟県の白瀧酒造の銘柄「上善如水」(じょうぜんみずのごとし)の新シリーズがあった。

以前は、純米吟醸 一升瓶を購入していたが、4合瓶のペンギンのイラストのこじゃれたパッケージ入り品。
この製品は初めて目にする。

白瀧酒造 ロック酒の上善如水 純米 瓶 箱入 720ml

という銘柄

早速買い求め、試飲してみました。

以前飲んでいた「上善如水」(通常の純米吟醸)も結構フルーティーな感じでしたが、これは、さらに数倍フルーティー

これはもはや日本酒じゃないでしょ ワインでしょ!!
と思う位に、フルーティー ! この甘さは何だろう?_
米と米こうじだけで造られた純米酒とは信じがたい、葡萄使ってるんじゃない?と思うような味でした。
実に飲みやすいです。


ネット検索すると、amazonにもありました。

 amazon(1290円)
※2000円以上購入で送料無料なので、二本購入すれば送料無料になりますね。

amazonのカスタマーレヴューを見ると、"いかんせん 酒蔵のある新潟でしか販売していないという事で もう会えないかと思っていましたら Amazonさんで再会でき"・・との投稿もありましたが、一部のルートで全国展開も始めているのかもしれませんね。
 
続きを読む>>

宮崎県では「おせち料理」大晦日から食べますよね?

Posted morimori / 2017.12.25 Monday / 21:12


ひょんなことから、今更ながら、同じ九州生まれ(佐賀県)のカミさんと「おせち料理」を大晦日から食べる、宮崎県の(一部の地域だけ?)風習のことで今日、話題になった。



かみさん曰く・・・
「昔からおせち料理を12月31日大晦日に食べてたの?」
育った佐賀では おせち料理はは正月に頂くものだと・・。
「全国的に、おせちは元旦じゃない?」

私・・
「んー そうかなぁ・・ ?」

ネットで調べてみた。

北海道、東北、北陸の他、岐阜や愛知、宮崎などで大晦日に「おせち料理」を食べる風習があるようです。

毎日新聞記事
https://mainichi.jp/articles/20170113/ddl/k02/040/060000c
によると

日本では明治時代に太陽暦を導入、元旦に食べる風習に移ったとされるが、もともとは、全国的に大みそかに食べられていたようで、月の満ち欠けで1日を数えていた太陰暦が使われていた時代は、日没を1日の始まりとし、大みそかの夜を「元旦」として年取り膳を食べる風習があったようです

へーー そうなんだ。
続きを読む>>

肉牛日本一!の宮崎「宮崎牛」の定義・条件・基準など チラシのご紹介

Posted morimori / 2017.09.23 Saturday / 05:19


先日、宮城県で開催された「和牛のオリンピック」とも言われる「全国和牛能力共進会」で、宮崎県は肉牛の部で最高賞となる名誉賞(内閣総理大臣賞)を受賞しました。
宮崎県の名誉賞(内閣総理大臣賞)受賞は史上初3回連続となります。

詳しくは、先日書いた以下の関連記事をご覧ください。
 「肉牛日本一!宮崎牛」「第11回全国和牛能力共進会」で史上初3回連続の最高賞受賞

そんな「肉牛日本一」の宮崎県、 そこで育ったブランド牛「宮崎牛」ですが、この4月に「宮崎牛」の定義が追加されたようなのでお知らせです。

「宮崎牛」とは?

おぼろげには知ってても、詳しくは知らないし、4月に「県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの」を追加、改訂されたようです。この、新しい宮崎牛の定義に関するチラシをご紹介します。

2017年4月より、宮崎牛は血統にもこだわります。

県外の有名ブランド牛としても育てられている宮崎生まれの子牛。その品質は血統にこだわり、多くの人の手によって育まれ
てきました。その誇りの証として今回、宮崎牛と冠されるための条件を新たに追加することとなりました。
これまでは「宮崎生まれ・宮崎育ちの黒毛和種で、肉質等級が4等級以上のもの」としていましたが、その品質をより高く、安定的なものにするため、2017年4月より新たに「県内種雄牛、もしくは家畜改良のため指定された種雄牛を一代祖にもつもの」という条件を追加しました。
宮崎牛は、これからもさらなる"おいしさ"を目指し、進化してまいります。

2017年4月より、宮崎牛は血統にもこだわります

 
続きを読む>>

PAGE TOP